ヴァイオリンソナタ第25番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリンソナタ第25番 ト長調 K.301(293a) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したヴァイオリンソナタ。6曲の「パリ・ソナタ」の1番目の作品である。K.55~K.61までの偽作(K.61はヘルマン・フリードリヒ・ラウパッハの作品)を除けば第18番である。

概要[編集]

モーツァルトは1778年にヴァイオリンソナタの作曲を再開した。約12年の空白を経ていたが、再開したきっかけは、1777年の9月にマンハイムへの旅行の途中に立ち寄ったミュンヘンで、ヨーゼフ・シュースターのヴァイオリンソナタを知ったことである。モーツァルトはシュースターの作品から大きな刺激を受け、すぐさまヴァイオリンソナタの作曲に取りかかった。

第25番は1778年の2月頃にマンハイムで作曲された。第25番から第30番までの6曲は同年11月にパリで作品1として出版されたため、「パリ・ソナタ」と総称される。また、プファルツ選帝侯妃マリア・エリーザベトに献呈されたことから「マンハイム・ソナタ」とも総称される。

シュースターの影響で生まれた新しい様式のヴァイオリンソナタの第1作にあたり、ピアノとヴァイオリンの有機的で協奏的な融合が光る作品であり、明らかに二重奏ソナタの内容を呈している。アルフレート・アインシュタインは「いくらかハイドン風」だと評している。

構成[編集]

2楽章の構成で、演奏時間は約13分。

  • 第1楽章 アレグロ・コン・スピーリト
    4分の4拍子、ソナタ形式
  • 第2楽章 アレグロ
    ト長調、8分の3拍子。ロンド形式

外部リンク[編集]