ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲ト長調K.423ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲変ロ長調K.424は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって作曲された楽曲で、1783年に2曲まとめて作曲された。演奏・録音はそれほど多くはないが、モーツァルトが弦楽四重奏曲の傑作「ハイドン・セット」を作曲していた円熟期の名作であり、弦楽器による二重奏曲の分野では代表的な作品である。

作曲の経緯[編集]

この2曲の二重奏曲は、友人ミヒャエル・ハイドンの代役で、急遽作曲された。モーツァルトのかねてからの友人、ミヒャエル・ハイドンは、モーツァルトがウィーンで音楽家として独立するためザルツブルクを去ったあと、モーツァルトの後任として宮廷および教会の作曲家・ オルガン奏者を務めていた。そこで大司教から6曲のヴァイオリンとヴィオラの二重奏曲を命じられるが、4曲を完成させたところで、病気になってしまう。当時ウィーンに住んでいたモーツァルトは、妻のコンスタンツェとともにたまたまザルツブルクに帰省した際、ミヒャエル・ハイドンが病気で役目を果たせないでいることを知り、ミヒャエル・ハイドンの手法にならって急遽作曲したのが、この2曲である。作曲はハイドンの家でほとんど一気になされたと言われる。

特徴[編集]

ヴァイオリンヴィオラの2本だけという、扱いにくい室内楽の最小編成ながら、立派な室内楽曲に仕上げられている。楽器の性質からヴァイオリンが協奏的に扱われ、ヴィオラが伴奏にまわる場面も少なくないが、二つの楽器の掛け合いは絶妙で、魅力的な楽曲である。

構成[編集]

  • ト長調K.423
  1. Allegro
  2. Adagio
  3. Rondeau (Allegro)
  • 変ロ長調K.424
  1. Adagio - Allegro
  2. Andante Cantabile
  3. Thema. Andante grazioso - Variazioni I-VI - Allegro(主題と6つの変奏)
快活なK.423、穏やかで充実した情緒を持ったK.424と、対照的な曲風となっている。

編成[編集]

ヴァイオリンヴィオラ各1

外部リンク[編集]