ンザンガ・モブツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ンザンガ・モブツ
2010年8月5日
モブツ主義民主連合党首
就任
2008年1月8日
国務大臣
任期
2007年2月5日 – 2008年10月10日
基本的・社会的ニーズ担当副首相
任期
2008年10月26日 – 2011年3月10日
個人情報
生誕François-Joseph Mobutu Nzanga Ngbangawe
1970年(52 - 53歳)
政党モブツ主義民主連合

フランソワ・ジョセフ・モブツ・ンザンガ・ンバンガウェ (フランス語:François-Joseph Joseph Mobutu Nzanga Ngbangawe1970年3月24日 - )[1]は、コンゴ民主共和国政治家モブツ・セセ・セコ元大統領の息子であり、2007年から2011年までジョセフ・カビラ大統領の下で政府に所属し、当初は農業担当の国務大臣、その後は基本的・社会的ニーズ担当の副首相を務めたが、2011年3月に政府を解任された。2008年、父親の「革命人民運動」の後継組織として「モブツ主義民主連合」を設立する。

経歴[編集]

ンザンガ・モブツはモブツ・セセ・セコの2番目の妻ボビ・ラダワとの間に生まれた長男である。ンザンガは、ベルギー、フランス、カナダで学んだ後、1990年代半ばにコンゴに戻った。その後、父のコミュニケーション・アドバイザーを務めていたが、1997年5月に反政府勢力のリーダーであるローラン・カビラキンシャサを占領した際、父とともにモロッコに亡命した。[2]

2006年の選挙[編集]

モブツ主義民主連合(UDEMO)の党首として政治活動を開始した。父親の出身地である北西部の赤道州で最も人気がある。2006年の大統領選挙では、候補者として出馬し、約4.8%の得票率で4位となった。[3]第1回投票後、モブツは現職大統領ジョセフ・カビラと政党連合を組み、ジャン=ピエール・ベンバの当選が有力視されていた地方の票を集めようとした。この連立には、アントワーヌ・ギゼンガの政党「PALU」も参加していた。2006年の選挙では、ギゼンガの弟であるジアラ・モブツをはじめとする8人のUDEMO候補者が国民議会議員に選出された。

脚注[編集]

  1. ^ March 12 – The Legacy of Zaire – A conversation with Nzanga Mobutu”. Congo Live (2016年3月13日). 2018年4月4日閲覧。
  2. ^ Tshitenge Lubabu, "RDC : Nzanga Mobutu, l'héritier inconstant", Jeune Afrique, 19 September 2012 (フランス語).
  3. ^ Elections in Congo-Kinshasa, African Elections Database.

関連リンク[編集]