ングニ諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ングニ諸語
話される地域 南部アフリカ
言語系統 ニジェール・コンゴ語族
下位言語
  • ズンダ諸語
  • テケラ諸語
Glottolog ngun1267[1]

ングニ諸語 (Nguni languages)はングニ人英語版によって南部アフリカで話されているバントゥー語群のグループである。ングニ諸語には、 コサ語ズールー語北ンデベレ語スワジ語、Hlubi、 Phuthi、 Bhaca、 Lala、 Nhlangwini、南トランスヴァール・ンデベレ語、Sumayela Ndebeleが含まれる。"Nguni" という名称はングニ種の牛から派生したものである。Ngoni (下記参照)は、古い、あるいはシフトした、変名である。

一般的な民族に対する名称としてのングニの使用は、問題となっている人々の歴史的な一枚岩の統一を示唆しており、実際には状況はより複雑であったかもしれない、と時に論じられる[2]。言語としての名称(バントゥー語群の亜群を指す)の使用は比較的安定している。

分類[編集]

Proportion of the population that speaks a Nguni language at home in South Africa, not showing the areas in Zimbabwe.
  0–20%
  20–40%
  40–60%
  60–80%
  80–100%
Density of home-language speakers of Nguni languages in South Africa, not showing Zimbabwe here.
  <1 /km²
  1–3 /km²
  3–10 /km²
  10–30 /km²
  30–100 /km²
  100–300 /km²
  300–1000 /km²
  1000–3000 /km²
  >3000 /km²

南バンツー族の一部では、「ングニ」という表記は、系統的にも(言語的な意味で)、類型的にも(歴史的な意味から離れて)用いられている。

Nguniの言語は密接に関連しており、多くの場合、異なる言語は相互に理解可能である。このように、ングニ諸語は、別々の言語の集まりとしてではなく、方言連続体として解釈した方が良いだろう。複数の機会で、統一されたングニ語を作る提案が出された[3][4]

南部アフリカの言語に関する学術文献では、言語分類カテゴリー「ングニ」は伝統的に二つのサブグループ:「ズンダ・ングニ」と「テケラ・ングニ」を含むと考えられている[5][6]。///この区分は主に対応する舌頂音:Zunda /t/ /z/とTekela/t/(このようにSwatiという本来の形の名前はスワジ語であり、よりよく知られたSwaziという形はズールー語である)間の顕著な音韻論的区別に基づいているが、ングニ諸語のこれら二つのグループへの比較的直接的な区分を可能にする多くの言語的特徴が存在する。

ズンダ諸語[編集]

テケラ諸語[編集]

  • スワジ語
  • 北トランスヴァール・ンデベレ語 (Sumayela Ndebele)
  • プティ語[7]
  • バカ語[8]
  • フルビ語(コサ語のフルビ方言ではない)[9]
  • ララ語
  • Nhlangwini

Maho(2009)はS401 Old Mfengu†もリストしている

特徴[編集]

以下はングニ諸語の典型的な側面である。

  • バントゥー祖語の広めの狭母音と狭母音を組み合わせた5母音体系。(Phuthiはソト語から新しい一連の超狭母音を再獲得した)
  • 最終音節の前に高い音節が広がること。
  • 名詞の接頭辞の高音と低音の区別。文法上の役割が異なることを示し、場合によってはaugmentと呼ばれる明白な接頭辞を伴う。
  • 抑圧子音として機能する、有声有気音の発達。
  • 有気音の発達
  • クリック音の発達

比較データ[編集]

次の文を比較。

日本語 「私はあなたの新しい棒が好きです」
ズールー語 Ngiyazithanda izinduku zakho ezintsha
コサ語 Ndi-ya-zi-thanda ii-ntonga z-akho ezin-tsha
北ンデベレ語 Ngiyazithanda intonga zakho ezintsha
南ンデベレ語 Ngi-ya-zi-thanda iin-ntonga z-akho ezi-tjha
Hlubi Ng'ya-zi-thanda iin-duku z-akho ezintsha
スワジ語 Ngi-ya-ti-tsandza ti-ntfonga t-akho letin-sha
Mpapa Phuthi Gi-ya-ti-tshadza ti-tfoga t-akho leti-tjha
Sigxido Phuthi Gi-ya-ti-tshadza ti-tshoga t-akho leti-tjha

注:コサ語 tsh = Phuthi tjh = IPA [tʃʰ]; Phuthi tsh = [tsh]; ズールー語 sh = IPA [ʃ]、しかしここに引用された状況では/ʃ/は「鼻音置換」"nasally permuted" で[tʃ]となる。Phuthi jh = 有気、有声 [dʒʱ] = コサ語、ズールー語 j (鼻音[n]の後のような環境で). ズールー語、スワジ語、Hlubi ng = [ŋ].

日本語 「私は英語を少ししか理解できません」
ズールー語 Ngisizwa kancane isiNgisi
コサ語 Ndisi-qonda ka-ncinci nje isi-Ngesi
北ンデベレ語 Ngisizwisisa kancane isiKhiwa [10]
南ンデベレ語 Ngisi-zwisisa ka-ncani nje isi-Ngisi
Hlubi Ng'sivisisisa kancani nje isingisi
スワジ語 Ngi-siva ka-ncane nje si-Ngisi
Mpapa Phuthi Gisi-visisa ka-ncitë-jhëSi-kguwa
Sigxodo Phuthi Gisi-visisa ka-ncincitë-jhëSi-kguwa

注: Phuthikg = IPA [x]

関連項目[編集]

  • ンゴニは、マラウイに住む集団の民族名および言語名で、南アフリカのングニの地理的に遠い子孫である。 ンゴニ語は、1830年代まで続いた南部アフリカ内の大規模な政治的・社会的混乱、ムフェカネを通じて、他のすべてのングニ諸語から分離した。
  • IsiNgqumoは、バンツー語群を話す南アフリカの同性愛者によって話される隠語である;ゲルマン語を話す南アフリカの同性愛者によって話される隠語Gayleとは対照的に。IsiNgqumoはングニ諸語の語彙に基づいている。

参考文献[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Southern Ndebele-Lowland”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/ngun1267 
  2. ^ Wright 1987.
  3. ^ Eric P. Louw (1992). “Language and National Unity in a Post-Apartheid South Africa”. Critical Arts. http://archive.lib.msu.edu/DMC/African%20Journals/pdfs/Critical%20Arts/cajv6n1/caj006001004.pdf. 
  4. ^ Neville Alexander (1989年). “Language Policy and National Unity in South Africa/Azania”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ Doke 1954.
  6. ^ Ownby 1985.
  7. ^ Donnelly 2009, p. 1-61.
  8. ^ Jordan 1942.
  9. ^ Isizwe SamaHlubi: Submission to the Commission on Traditional Leadership Disputes and Claims: Draft 1” (2004年7月). 2011年7月28日閲覧。
  10. ^ www.northerndebele.blogspot.com

書誌[編集]

  • Doke, Clement Martyn (1954). The Southern Bantu Languages. Handbook of African Languages.. Oxford: Oxford University Press 
  • Donnelly, Simon (2009年). Aspects of Tone and Voice in Phuthi (Thesis). University of Illinois at Urbana-Champaign. 
  • Jordan, Archibald C. (1942年). Some features of the phonetic and grammatical structure of Baca (Thesis). University of Cape Town. 
  • Ownby, Caroline P. (1985年). Early Nguni History: The Linguistic Evidence and Its Correlation with Archeology and Oral Tradition (Thesis). University of California, Los Angeles. 
  • Wright, J. (1987). “Politics, ideology, and the invention of the 'nguni'”. In Tom Lodge. Resistance and ideology in settler societies. pp. 96–118 

参考文献[編集]

  • Shaw, E. M. and Davison, P. (1973) The Southern Nguni (series: Man in Southern Africa) South African Museum, Cape Town
  • Ndlovu, Sambulo. 'Comparative Reconstruction of Proto-Nguni Phonology'