ワールド・プレス・フォト・オブ・ザ・イヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワールド・プレス・フォト・オブ・ザ・イヤー英語: World Press Photo of the Year世界報道写真大賞)とは、オランダの世界報道写真財団(World Press Photo、WPP)が毎年開催する世界報道写真コンテストにおいて、最も優秀な写真を撮影したカメラマンに贈られる賞である[1][2][3][4][5]

概要[編集]

1955年、オランダの写真家グループがアムステルダムを本部とする世界報道写真財団を発足させた。自分たちの作品を世界中の人々に知ってもらうことを目的として、財団は翌年からドキュメンタリー・報道写真の展覧会を始めた。これが「世界報道写真展」となり、毎年世界各地の約100会場でのべ約400万人が来場する規模のものへと発展した[6]

プレス・フォト・オブ・ザ・イヤーは「フォトジャーナリズムで最も権威があり、切望されている賞」とされ、受賞者には1万ユーロが贈られる[2][3][4]

コンテストでは、プレス・フォト・オブ・ザ・イヤーの他に、20人の審査員が8つのカテゴリ(現代社会の問題・環境・一般ニュース・長期取材・自然部門・ポートレート・スポーツ・スポットニュース)で3つの賞を授与する。これにより個のイメージとひとつながりの写真の両方が優れたものと認められる[5][7][8]

メインの賞は「その年のフォトジャーナリズムを要約したものだけでなく、ジャーナリズムで非常に重要な問題、状況、出来事を表しており、卓越したレベルの視覚認知と創造性を実証する方法でなされた」イメージに与えられる[9]

一覧[編集]

全受賞者とそれぞれの写真に関する情報

受賞年 写真家 主題 説明 ウェブリンク
1955 デンマークの旗 Mogens von Havenスペイン語版 オートバイ競技(事故) 1955年8月28日、デンマークアッセントフトデンマーク語版で開催されたモトクロス世界選手権で発生した転倒事故。 Image
1956 ドイツの旗 Helmuth Pirathフランス語版 抑留からの帰還 長年会えずにいた12歳の娘と再会した、ソ連による抑留から帰還したドイツ人元兵士。 Image
1957 アメリカ合衆国の旗 Douglas Martin アフリカ系アメリカ人公民権運動 それまで白人専用であったノースカロライナ州ハーディング高校英語版最初のアフリカ系アメリカ人の生徒となったドロシー・カウント英語版。ドロシーはその後暴力と嫌がらせを受けて退学を余儀なくされた。 Image
1958 受賞者なし
1959 チェコスロバキアの旗 Stanislav Tereba英語版 サッカー 雨天のレトナ・スタジアムで行われたスパルタ・プラハブラチスラバ戦でずぶ濡れでプレーする、ゴールキーパーのMiroslav Čtvrtníčekチェコ語版 Image
1960 受賞者なし
1961 日本の旗 長尾靖 浅沼稲次郎暗殺事件 日比谷公会堂で演説中の社会党委員長浅沼稲次郎を刺す、17歳の最右翼学生山口二矢 Image
1962 ベネズエラの旗 ヘクター・ロンドン・ロベラスペイン語版 エル・ポルテニャーゾスペイン語版 狙撃手に撃たれて死にゆく兵士に対し、臨終の儀式を行う司祭。 Image
1963 アメリカ合衆国の旗 マルコム・ブラウン 仏教徒危機 ベトナムゴ・ディン・ジエム政権による仏教徒の迫害に抗議して焼身自殺する僧侶ティック・クアン・ドック Image
1964 イギリスの旗 ドン・マッカラン キプロス紛争 ギリシャ系住民とトルコ系住民の間で行われた内戦によって犠牲となった夫の死を悲しむ、トルコ系女性。 Image
1965 日本の旗 沢田教一 ベトナム戦争(安全への逃避) アメリカ軍の爆撃から逃れるために南ベトナムビンディン省の川を渡る、母と子 Image
1966 日本の旗 沢田教一 ベトナム戦争(泥まみれの死) 1966年2月24日、アメリカ軍のM113装甲兵員輸送車によって埋葬地まで引きずられていく、ベトコン戦闘員の遺体。 Image
1967 オランダの旗 Co Rentmeester英語版 ベトナム戦争 M48パットン戦車で潜望鏡を覗く、第11機甲騎兵連隊英語版の砲手。初のカラー写真による受賞作品。 Image
1968 アメリカ合衆国の旗 エディ・アダムズ英語版 ベトナム戦争(サイゴンでの処刑英語版 1968年2月1日、路上でベトコンの捕虜を射殺する南ベトナム警察総監グエン・ゴク・ロアン Image
1969 ドイツの旗 Hanns-Jörg Andersドイツ語版 北アイルランド問題 ガスマスクをつけて"WE WANT PEACE"と書かれた落書きの前に立つ、カトリック系アイルランド青年。この日の衝突でイギリス部隊は催涙ガスを使用していた。 Image
1970 受賞者なし
1971
1972 ドイツの旗 Wolfgang Peter Gellerドイツ語版 ザールブリュッケン銀行強盗 ドイツ国境の町ザールブリュッケンで逃亡を図る銀行強盗団との交渉中に、犯人に向けて発砲する警視。 Image
1973 南ベトナムの旗 フィン・コン・ウト(ニック・ウト) ベトナム戦争(戦争の恐怖) ファン・ティー・キムフック含む子供たちが誤って南ベトナムの戦闘機により落とされたナパーム弾による爆撃から逃げている。 Image
1974 チリの旗 オーランド・ラゴス英語版 チリ・クーデター ピノチェト将軍による軍事クーデターに抗してモネダ宮殿に立て籠もるサルバドール・アジェンデ大統領。アジェンドが最後に撮られた写真だとされる。撮影者・ラゴスの情報は彼の死の翌月である2007年2月まで明かされなかった。 Image
1975 アメリカ合衆国の旗 Ovie Carter サヘル旱魃英語版ニジェール 旱魃による飢えに苦しむ小さい子供とそれを慰める母親。 Image
1976 アメリカ合衆国の旗 Stanley Forman 避難階段の崩壊英語版ボストン アパートで発生した火災で避難階段が崩壊し、助けを待っていた女性が姪とともに落下する場面。女性は死亡したが、その身体がクッションとなったことで姪は一命をとりとめた。 Image
1977 フランスの旗 Françoise Demulder レバノン内戦(カランティーナ虐殺) 1976年1月、パレスチナ難民を追放する武装したファランヘ党員に懇願するパレスチナ人女性。 Image
1978 南アフリカ共和国の旗 Leslie Hammond アパルトヘイト南アフリカ共和国 警察の催涙ガスを受けて逃げ惑う、住宅撤去に抗議していたデモ隊。 Image
1979 日本の旗 三上貞幸 三里塚闘争 成田空港管制塔占拠事件が発生した1978年3月26日、警察官に投げつけようとした火炎瓶によって自ら火達磨になる活動家。 Image
1980 アメリカ合衆国の旗 David Burnett カンボジアクメール・ルージュ 1979年11月、タイ-カンボジア国境近くの難民キャンプで子供を抱えながら食料の配給を待つ、カンボジア人女性。 Image
1981 イギリスの旗 Mike Wells ウガンダカラモジャ地方飢饉 カトリックの宣教師の手に重ねられる、重度の栄養失調の少年の手。 Image
1982 スペインの旗 Manuel Pérez Barriopedro マドリード23-Fクーデター 1981年2月23日、議員を人質にとりスペイン下院で演説する、アントニオ・テヘーロ中佐 Image
1983 アメリカ合衆国の旗 Robin Moyer 1982年レバノン戦争英語版 ベイルートの通りに横たわる、サブラー・シャティータ事件レバノン軍団に殺害されたパレスチナ人たちの遺体。 Image
1984 トルコの旗 Mustafa Bozdemir エルズム地震英語版 1983年10月30日、生き埋めになり地震の犠牲となった5人の子どもを見つけた母親。 Image
1985 インドの旗 パブロ・バーソロミュー英語版 ボパール化学工場事故 アメリカの化学会社ユニオンカーバイドのプラントで起きた有毒ガス漏洩事故による死亡した子どもの亡骸。 Image
1986 フランスの旗 Frank Fournier アルメロの悲劇英語版 ネバドデルルイス火山の噴火により生じたラハールにより泥濘に飲み込まれて顔と腕のみを覗かせる、13歳の少女オマイラ・サンチェス。オマイラはその後救助されることなく死亡した。 Image
1987 アメリカ合衆国の旗/イスラエルの旗 Alon Reininger AIDS エイズによるカポジ肉腫を発症した、「ゲイ・メンズ・ヘルス・クライシス」の理事を務めていたケン・ミークス。ケンはこの写真が撮影された数日後に死亡した。 Image
1988 アメリカ合衆国の旗 Anthony Suau 1987年大韓民国大統領選挙 1987年12月18日、不正選挙抗議デモで息子が逮捕され、戦闘警察の大盾にもたれかかりながら嘆く母親。 Image
1989 アメリカ合衆国の旗 David Turnley アルメニア地震 レニナカンにおいて、アルメニア地震の犠牲者となった17歳の息子の死を嘆き悲しむ男性。 Image
1990 アメリカ合衆国の旗 チャーリー・コール英語版 六四天安門事件無名の反逆者 鎮圧に出動した中国人民解放軍戦車隊の前に立ちはだかる男。 Image
1991 フランスの旗 Georges Merillon コソボ紛争 コソボ自治権を停止したユーゴスラビア政府に抗議中殺害された、アルバニア系住民の死を嘆く家族ら。 Image
1992 アメリカ合衆国の旗 David Turnley 湾岸戦争 同士討ちにより殉職した同僚兵士の死を悼む、米軍軍曹。 Image
1993 アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ナクトウェイ ソマリア飢饉(希望回復作戦英語版 栄養失調により死んだ子どもを抱えて墓場へ向かう、ソマリア人の母親。 Image
1994 カナダの旗 Larry Towell 第1次インティファーダ おもちゃの銃を掲げてイスラエルへの反抗のジェスチャーをする、ガザ地区の子どもたち。 Image
1995 アメリカ合衆国の旗 ジェームズ・ナクトウェイ ルワンダ虐殺 ツチ族に対して同情的であったためにインテラハムウェによって大きな傷を負わされた、フツ族の男性。 Image
1996 アメリカ合衆国の旗 Lucian Perkins 第一次チェチェン紛争 避難する人々を乗せてグロズヌイに向かうバスの中から、窓越しに見つめる少年。 Image
1997 イタリアの旗 Francesco Zizola アンゴラ内戦 クイトで撮影された、地雷の犠牲になり身体の欠損や心的外傷を抱えた子どもたち。 Image
1998 アルジェリアの旗 Hocine アルジェリア内戦 ベンタルハ虐殺英語版の犠牲者が搬送された病院で嘆き悲しむ女性。 Image
1999 アメリカ合衆国の旗 Dayna Smith コソボ紛争 パトロール中に射殺されたコソボ解放軍戦闘員の妻を慰める知人たち。 Image
2000 デンマークの旗 Claus Bjørn Larsen コソボ紛争 コソボでのセルビア人による迫害からアルバニアへ逃れてきた、顔面を負傷したアルバニア人難民。 Image
2001 アメリカ合衆国の旗 Lara Jo Regan アメリカ移民問題英語版 アメリカ=メキシコ国境近くのテキサス州のメキシコ移民居住区で、子どもを養いながら働く母親。 Image
2002 デンマークの旗 Erik Refner アフガニスタン難民 パキスタン北西部のジャロザイ難民キャンプで脱水症状により死亡した、1歳の男児の遺体。 Image
2003 アルメニアの旗/アメリカ合衆国の旗 Eric Grigorian 2002年チャングレ-アヴァジ地震英語版 地震の犠牲となった父親のズボンを抱える少年。 Image
2004 フランスの旗 Jean-Marc Bouju イラク戦争 収容所でフードをかぶせられたまま息子を慰める、イラク人捕虜。 Image
2005 インドの旗 Arko Datta スマトラ島沖地震 (2004年) インドネシアタミル・ナードゥ州カダルールで、津波により死亡した親族を悼む女性。 Image
2006 カナダの旗 Finbarr O'Reilly ニジェール食料危機英語版 タウアの救急センターで食料を待つ、栄養失調状態の幼児を抱えた母親。 Image
2007 アメリカ合衆国の旗 Spencer Platt レバノン侵攻 イスラエルに砲撃された南ベイルートの区画の様子を眺める、コンバーチブルに乗ったレバノン人の若者ら。 Image
2008 イギリスの旗 Tim Hetherington アフガニスタン紛争 壁にもたれかかって瞑目する、疲弊した米国兵士。 Image
2009 アメリカ合衆国の旗 Anthony Suau サブプライム住宅ローン危機 住宅ローンで差し押さえられ無人となった住宅を巡回する、武装した警察官。 Image
2010 イタリアの旗 Pietro Masturzo イラン大統領選挙 (2009年) 選挙結果に抗議して「アッラーフ・アクバル」「独裁者(マフムード・アフマディネジャド)に死を」と屋上から叫ぶ、ミールホセイン・ムーサヴィーを支持するイラン人女性 Image
2011 南アフリカ共和国の旗 Jodi Bieber タリバンによる女性の権利侵害英語版 夫の家から逃げたことに対する懲罰として鼻を削がれた、18歳の女性。女性は12歳のときに妹とともに紛争解決のためにパシュトゥーン人の慣習の下でタリバン戦闘員の家族に引き渡されていた。女性は後にアメリカで整形手術を受けて義鼻を与えられた。 Image
2012 スペインの旗 Samuel Aranda イエメン騒乱, アラブの春 2011年10月15日、アリー・アブドッラー・サーレハ大統領への抗議デモに参加して催涙ガスを浴びた息子を抱える女性。 Image
2013 スウェーデンの旗 Paul Hansen 防衛の柱作戦の犠牲者 ガザに落とされたイスラエルのミサイルで死亡した4歳と2歳の子供の遺体を抱えてモスクに向かう親族ら。この攻撃により両親も死亡した。 Image
2014 アメリカ合衆国の旗 John Stanmeyer アフリカ移民 料金が安価な隣国のソマリアからの電波を捉えるために携帯電話を掲げる、ジブチ市に居住する移民ら。 Image
2015 デンマークの旗 Mads Nissen[10][11][12] ロシアにおけるLGBT権利英語版 ロシアで撮影された、同性愛者のカップル。 Image
2016 オーストラリアの旗 Warren Richardson 欧州移民危機 夜間にセルビア-ハンガリー国境の有刺鉄線越しに赤子を引き渡す男性。 Image
2017 トルコの旗 Burhan Ozbilici アンドレイ・カルロフ暗殺事件 銃弾を受けて倒れている在土ロシア大使アンドレイ・カルロフの前で叫ぶ、犯人のトルコ人警察官。犯行動機はロシアのシリア内戦関与に対する反感であったとされるが、この直後の銃撃戦で射殺されている。 Image
2018 ベネズエラの旗 Ronaldo Schemidt ベネズエラ危機 カラカスで警察部隊との激しい衝突中に火だるまとなった、ニコラス・マドゥロ大統領への抗議活動に参加していた男性。マドゥロ大統領は反対派主導の国民議会に代わる憲法制定議会を結成することによりベネズエラの民主主義体制を改正する計画を発表していた。 Image
2019 アメリカ合衆国の旗 John Moore ドナルド・トランプの移民政策英語版 テキサス州マッカレンで国境警備当局により拘留される母の傍らで泣いている、ホンジュラス人の子ども。 Image
2020 日本の旗 千葉康由 2019年スーダンクーデター 停電中のハルツームで、デモ隊の携帯電話に照らされて抗議の詩を叫ぶ青年。 Image
2021 デンマークの旗 Mads Nissen 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 新型コロナウイルスの感染が拡大するブラジル,サンパウロハグカーテン英語版を介して抱擁する看護師と高齢女性。 Image
2022 カナダの旗 Amber Bracken Image

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 41年ぶり日本人が大賞 世界報道写真コンテストで千葉康由さん”. 朝日新聞GLOBE+ (2020年4月17日). 2020年4月17日閲覧。
  2. ^ a b Photo Contest”. www.worldpressphoto.org. World Press Photo. 2020年4月18日閲覧。
  3. ^ a b Dieses Bild hat alles”. FOCUS Online (2006年10月2日). 2020年4月18日閲覧。
  4. ^ a b Press Photo of the Year, from Stern.de.
  5. ^ a b 世界報道写真展 2019”. canon.jp. キヤノン. 2020年4月18日閲覧。
  6. ^ 世界で起きている「いま」”. fafa-j. 立命館アジア太平洋大学 (2019年12月24日). 2020年4月18日閲覧。
  7. ^ Categories”. www.worldpressphoto.org. World Press Photo. 2020年4月18日閲覧。
  8. ^ About the contest, from worldpressphoto.nl.
  9. ^ World Press Photo returns to USC Annenberg
  10. ^ "Mads Nissen’s Homophobia in Russia wins World Press Photo of the Year". British Journal of Photography, 12 February 2015. Accessed 8 May 2017
  11. ^ "Intimate photograph of gay Russian couple wins World Press Photo of the Year 2014". The Independent, 12 February 2015. Accessed 8 May 2017
  12. ^ "Photo of Loving Couple Wins World Press Photo Award". Time, 12 February 2015. Accessed 8 May 2017

外部リンク[編集]