ワールドメディカルカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワールドメディカルカード(World Medical Card、略称WMC)は、創設者Arne Veidungジュネーヴ在住、オーナー株主、企業家、投資家)が医療情報ミスによる友人の突然の死をきっかけとして、同様の事故を防ぐ目的で開発させた救急医療カードです。スイス・ジュネーブに本部を置き、現在、アメリカ合衆国ノルウェースウェーデンデンマークドイツギリシャイギリスフランスオランダベルギールクセンブルク、そして日本などにネットワークを築き、現在も世界に拡大している。

日本では、World Medical Center Japan株式会社が代表している。

カードの内容[編集]

WMCardには、以下の内容が記載され、特に重要な病名、服用薬の情報には、英語のほかにWHOの国際医療コード(ICD-10,ATC)も併記される。利用者がカードを常に携帯することによって、緊急時に医師が適切な処置を施すことが可能となる。

  1. 個人の情報(氏名)
  2. 病名(慢性疾患など)
  3. 臓器提供の意思表示
  4. 服用薬
  5. アレルギー反応
  6. その他の情報(血液型、既往症、手術歴、健康保健の情報などを自由に記録)
  7. メディカルアクセス(医師がインターネットから患者のメディカルWebを閲覧できる)ログインIDとパスワード
  8. 緊急時連絡先(近親者、かかりつけ医師などの連絡先)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]