ワールドチャンピオンシップボクシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HBO World Championship Boxing
ジャンル スポーツ/ボクシング
司会者 ジム・ランプリー(進行役、実況)[1]
マックス・ケラーマン(解説、リポーター(試合後のインタビュアーも兼任))[2]
ロイ・ジョーンズ・ジュニア(解説)
アメリカ合衆国
言語 英語(時折通訳)
製作
撮影体制 マルチカメラ
放送時間 土曜日(時間は不定)
放送
放送局 HBO
映像 1080i (HDTV)
音声 サラウンドサウンド
放送期間 1973年1月22日 – 現在放送中
現況 放送中
関連番組 ボクシングアフターダーク

ワールドチャンピオンシップボクシング』 (HBO World Championship Boxing、WCBと略されることも多い) は、アメリカのケーブルテレビ局・HBOで放送中のプロボクシング中継番組。年間10回ほど放送されている。2014年の番組平均視聴者数は97万人[3]

概要[編集]

HBOが放送するボクシング中継番組で最上位に位置づけられている番組であり、同じHBOのボクシング中継番組「ボクシングアフターダーク」の上位にワールドチャンピオンシップボクシングが位置づけられている。アメリカ国内で行われる中量級、重量級の世界タイトルマッチを中心に放送している。

1973年1月22日、ジョージ・フォアマンvsジョー・フレージャー戦で放送開始。以来、モハメド・アリの試合や マイク・タイソン の試合など、数多くのビッグマッチを放送している。1990年2月11日、初の日本からの衛星生中継として東京ドームジェームス・ダグラスがマイク・タイソンを下した試合も放送した(日本においては日本テレビが中継した)。なお海外での試合は衛星生中継または録画中継で放送することが多い。

2013年3月、ボクシング放送局としてHBOとライバル関係にあるテレビ局 ショウタイム と繋がりが深いゴールデンボーイ・プロモーションズ傘下の選手の試合を今後は放送しないことを発表した[4]。2015年夏ごろからこの問題は徐々に解消しゴールデンボーイ・プロモーションズ傘下の選手の試合を放送するようになった。しかしゴールデンボーイ・プロモーションズと入れ替わるような形でアル・ヘイモン傘下の選手の試合は2015年現在も放送していない(2016年4月23日にゲンナジー・ゴロフキンと対戦するドミニク・ウェイドがヘイモン門下の選手の為、久々に放送した)。

2015年6月7日、ティモシー・ブラッドリーvsジェシー・バルガスの前座で行われたオスカル・バルデスvsルベン・タマヨの試合でボクシングアフターダークを含むHBOが放送した試合として1000試合目の放送を向かえた[5]

日本ではWOWOWエキサイトマッチ」が試合映像を放送している。

出演者[編集]

  • ジム・ランプリー(進行、実況)
  • マックス・ケラーマン(レポーター、試合前と試合後のインタビュアー)
  • ハロルド・レーダーマン(1986年から、番組内で非公式の独自採点レーダーマンスコアを出している。元ジャッジで1999年まで現役だった(元はオハイオ州コミッションの公認ジャッジ)[6]。娘のジュリー・レーダーマンも現役のジャッジ(ニューヨーク州コミッションの公認ジャッジ)[7]
  • ロイ・ジョーンズ・ジュニア(解説、レギュラー解説)
  • バーナード・ホプキンス(解説、ゴールデンボーイ・プロモーションズの放送時限定で解説)

過去の出演者[編集]

日本人選手が放送された試合[編集]

日付 試合 視聴者数 参考
2016年9月10日 亀海喜寛 vs. ヘスス・ソト・カラス 66万7千人[8] ローマン・ゴンザレスvsカルロス・クアドラスの前座

脚注[編集]

  1. ^ 三浦勝夫(MACC出版)「海外読物 世界の放送席から」、『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 124頁。
  2. ^ Kevin Iole (2012年12月13日). “Larry Merchant ends 35-year run Saturday as voice of HBO boxing, conscience of a sport” (英語). Yahoo! Sports. 2013年1月5日閲覧。
  3. ^ HBO Boxing Boss Ken Hershman Looks Back, Forward” (2014年12月19日). 2014年12月21日閲覧。
  4. ^ HBO severs ties with Golden Boy”. ESPN.com (2013年3月20日). 2013年6月26日閲覧。
  5. ^ Fight No. 1,000 on deck for HBO”. ESPN.com (2015年6月24日). 2015年11月19日閲覧。
  6. ^ Harold Lederman Judging Record”. BoxRec. 2013年12月20日閲覧。
  7. ^ Julie Lederman Judging Record”. BoxRec. 2013年12月20日閲覧。
  8. ^ Notes: Saunders to defend on Fury-Klitschko II card”. ESPN.com (2016年9月14日). 2016年9月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]