ワールドスケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワールドスケート (World Skate) は1924年に設立されたローラースケートインラインホッケースケートボードローラーダービーなどローラースポーツ国際競技連盟である。旧称国際ローラースポーツ連盟 (Fédération Internationale de Roller Sports, FIRS)、国際ローラースケート連盟(Fédération Internationale de Patinage a Roulettes, FIPR、Fédération Internationale de Roller Skating, FIRS)。

概要[編集]

1924年4月21日、ローラーホッケー(のちのリンクホッケー)の国際競技連盟として国際ローラースケート連盟 (FIPR) が設立される[1]スイスの2人のスポーツマン、フレッド・レンケヴィッツとオットー・マイヤーが組織した。FIPR初代会長は1924年から1960年まで務めたフレッド・レンケヴィッツ。

FIPRが主催した最初の世界選手権は、ナチス・ドイツシュトゥットガルトでの1936年のローラーホッケーの大会で、翌年にイタリア王国モンツァで第1回ローラースピードスケート世界選手権が開催される。1938年、イギリスロンドンでトラックローラースピードスケート世界選手権が開催され、イタリア王国のフェラーラでロードレースが併催された。1939年、第2回リンクホッケー世界選手権がスイスのモントローで開催される。第二次世界大戦により、国際的なスポーツ活動が再開される1947年まですべての大会が中止される。ポルトガルリスボンでの第2回ローラーホッケー世界選手権、アメリカワシントンDCで第1回アーティスティックローラースケート世界選手権を開催。それ以来、3つの分野の世界選手権を毎年実施し、世界のすべての大陸を含むまで拡大する。1954年5月、アテネでのIOC総会ローラースケート(のちのローラースポーツ)と柔道バレーボールアーチェリーのオリンピック競技化が検討されるが全競技保留に[2]

1960年代に、フランス語名を "Fédération Internationale de Roller Skating"(FIRS)に改称し、すべてのローラースケート競技の国際競技連盟として国際オリンピック委員会 (IOC) によって正式に承認される。1970年代に国際競技連盟連合(一時、スポーツアコードを名乗る)に加盟[3]。その後、IOC公認団体IOC承認国際競技連盟連合国際ワールドゲームズ協会に加盟している。ローラースケートはIOC承認競技、ワールドゲームズ正式競技となる。1992年バルセロナオリンピックで、男子ローラーホッケーが公開競技で実施される。1995年の夏に、4番目の分野が認められ、第1回インラインホッケー世界選手権が米国シカゴで開催される。

2000年、オーストリアツェルアムゼーで開催された総会で、FIRSの頭字語を維持しながら、 "Roller Skating" を "Roller Sports" に置き換える2回目の改称を承認。スケートボード競技の当時の最大勢力の国際競技連盟である国際スケートボード連盟 (International Skateboarding Federation, ISF) はIOCにスケートボードのオリンピック採用を働きかけていたが、ISFはIOC未承認団体でスポーツアコード(のちの国際競技連盟連合)にすら、非加盟であった。スケートボードをオリンピック競技にしたいIOCが、ISFの頭越しに承認団体のFIRSにスケートボードの運営を託した[4]。FIRSはISFの存在がありながら新分野スケートボードを始める。2014年南京ユースオリンピックでのイベント「スポーツラボ」でインラインスピードスケート(スピード)とスケートボードが実施される[5]。ワールドスケートによると他にスポーツクライミング武術太極拳が実施されていたが、ローラースポーツの2分野が人気を独占する[6]。2015年2月、スケートボード委員会を設置[4]東京オリンピック組織委員会 (TOCOG) の東京2020種目追加検討会議から追加種目の募集書類が送付されたFIRSはインラインスケートとローラーマラソンをやりたい旨、応募した[4]。さらにFIRSは2015年6月8日までにスケートボードのストリートを追加応募。2015年9月、TOCOGは2020年東京オリンピックで追加種目としてFIRSのスケートボード(ストリート、パークの男女で全4種目)らをやりたい旨、IOCに提案する。FIRSが応募してないパークを提案するという異例の事態となった。日刊スポーツは、IOCのスケートボードを提案してほしいという意向が働いて東京2020種目追加検討会議はスケートボードを提案したのではないか、としている[4]。また、この提案はIOCと調整済みなので追加種目内定とも言われた。ISF会長のゲイリー・リーム (Gary Ream) はオリンピックのスケートボードにその歴史や文化を知る自分たちが関係しないのはよくないとIOCやFIRSと盛んに接触するようになる。8月にスケートボードの2020年東京オリンピック追加種目が決定するという見込みの中、2016年5月30日、FIRS本部もあるローザンヌのIOC本部でIOC競技部とFIRS、アメリカフィラデルフィアから出向いたリームらのISFの3者で非公式会談が持たれる。スケートボードについてFIRSがオリンピック、ISFはそれ以外の国際大会を主催し、ISFはオリンピックでの構成・審判・コースの設計を担当することで合意[7]。2016年8月、IOCは2020年東京オリンピックではFIRSのスケートボードを追加種目として実施することを決定する。しかし、これでは事態は収まらなかった。

2017年6月、FIRSとISFは統合する予定だと発表される[8]。2017年9月、中国南京で第1回ワールドローラーゲームズが開催される。この大会は、15日間に、FIRSの全10分野の世界選手権が1つの都市で開催された。61の国内競技連盟、193のナショナルチーム、および3000人以上のアスリートが参加した。同時開催されたFIRS総会で東京オリンピックに向けて団体への参加を表明したISFとの統合、ワールドスケート (World Skate) に改称を決定[9][10][11]。リームはワールドスケート・スケートボード委員会委員長に就いた[12]2018年ブエノスアイレスユースオリンピックでスピードが実施される。2019年7月にスペインバルセロナで第2回ワールドローラーゲームズ開催。新分野スクーターが加わり、11分野、76の国内競技連盟、4,000人を超えるアスリートが参加した。2019年6月25日、IOC総会でスケートボード委員会委員長のリームが出席のもと、2024年パリオリンピックでスケートボードを追加種目として実施することを事実上決定。2020年東京オリンピックでのスケートボードの実施状況を見たうえで2020年12月にIOC理事会で正式決定する予定に。2020年3月、東京オリンピックの1年延期が決定。第3回ワールドローラーゲームズはアルゼンチンで開催[6]。2020年10月までに新分野スケートクロスが加わり、12分野に[13]

2020年10月現在、公式ウェッブサイト上の銀行口座の名義は "FÉDÉRATION INTERNATIONALE ROLLER SPORTS" [14]と "World Skate" [15]の記載がある。口座番号は同じである。

実施している分野[編集]

2020年10月現在、実施している12分野(種別)[13]

  1. スケートボード
ローラースケート
2.スピード
  • 100 mスプリント
  • 200 mデュアル・タイム・トライアル
  • トラック・3,000 mリレー
  • トラック・10,000 mエリミネイション
  • トラック・10,000 mポイント
  • トラック・10,000 mポイント+エリミネイション
  • トラック・500 m+Dスプリント
  • トラック・1,000 m+Dスプリント
  • ロード・10,000 mポイント
  • ロード・15,000 mエリミネイション
  • ロード・1ラップ・スプリント
  • マラソン
3.アーティスティック
  • ソロ・ダンス
  • ロング・プログラム
  • ダンス・カップル
  • フリーダンス
  • カルテット
  • スモール・グループ
  • ラージ・グループ
  • プレシジョン
  • インライン
4.インライン・アルペン
5.インライン・ダウンヒル
6.インライン・フリースタイル
7.インラインホッケー
8.リンクホッケー
9.ローラーダービー
10.ローラー・フリースタイル(アグレッシブインライン)
11.スケート・クロス
12.スクーター

ローラースケートについてはリンクホッケー、ローラーダービーはクワッドスケートを、アーティスティックはクワッドスケート、インラインスケート両方を、他はインラインスケートを使用。

主催大会[編集]

  • ワールドローラーゲームズ
  • リンクホッケー世界クラブ選手権
  • FIRSローラーホッケーワールドカップ
  • FIRSインラインホッケー世界選手権[16]
  • FIRSローラースピードスケート世界選手権
  • FIRS世界ローラーフィギュアスケート選手権
  • リンクホッケーU20世界選手権
  • インラインスタイル世界選手権

傘下組織[編集]

  • アジア:ワールドスケートアジア(旧称アジアローラースポーツ連盟)
  • アフリカ:ワールドスケートアフリカ(旧称アフリカローラースケート連盟)
  • アメリカ:ワールドスケートアメリカ(旧称パンアメリカローラースポーツ連盟)
  • 欧州:ワールドスケートヨーロッパ(旧称ヨーロッパローラースケート連盟)
  • オセアニア:ワールドスケートオセアニア(旧称オセアニアローラースポーツ連盟)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ABOUT WORLD SKATE”. ワールドスケート. 2020年11月20日閲覧。 “the Fédération Internationale de Patinage a Roulettes (FIPR) was formed as an international sport organization to conduct rink hockey competitions”
  2. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳 『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本 (原著1999年11月21日)。ISBN 4871522059。"オリンピックの柔道競技"。 
  3. ^ Hystory of the organization of FIRS”. FIRS. 2019年3月8日閲覧。
  4. ^ a b c d 荻島弘一 (2015年9月29日). “あれれ?ローラースポーツがスケボーに…東京五輪”. nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2020年8月8日閲覧。
  5. ^ Nanjing 2014 Sports lab opens its doors”. 国際オリンピック委員会 (2014年8月19日). 2020年8月6日閲覧。
  6. ^ a b ABOUT WORLD SKATE”. ワールドスケート. 2020年8月7日閲覧。
  7. ^ 国際スケートボード連盟が死守した オリンピックへの道”. VICE. VICE MEDIA GROUP (2016年12月15日). 2020年8月7日閲覧。
  8. ^ FIRS and ISF to merge into World Skate to aid development and management of skateboarding”. insidethegames. Dunsar Media Company Limited (2017年6月15日). 2020年8月7日閲覧。 “International Roller Sports Federation (FIRS) and the International Skateboarding Federation (ISF) are set to merge, the organisations have announced.”
  9. ^ FIRS EVOLVES INTO WORLD SKATE TO SUPPORT GROWTH ON THE ROAD TO THE TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES AND BEYOND”. World Skate (2017年10月27日). 2019年3月6日閲覧。
  10. ^ World Skate New Logo”. FIRS (2017年11月30日). 2019年3月7日閲覧。
  11. ^ FIRS EVOLVES INTO WORLD SKATE TO SUPPORT GROWTH ON THE ROAD TO THE TOKYO 2020 OLYMPIC GAMES AND BEYOND”. ISF (2017年6月15日). 2019年3月30日閲覧。
  12. ^ SKATEBOARDING TECHNICAL COMMISSION”. World Skate. 2019年3月7日閲覧。
  13. ^ a b ABOUT WORLD SKATE”. ワールドスケート. 2020年10月31日閲覧。
  14. ^ Worldskate - Skateboarding & Roller Sports - Contact Us”. World Skate. 2019年6月14日閲覧。
  15. ^ Worldskate - Skateboarding & Roller Sports - About World Skate”. World Skate. 2019年6月14日閲覧。
  16. ^ IIHF主催の世界選手権とは別

外部リンク[編集]