ワールデンブルグ症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワールデンブルグ症候群
分類および外部参照情報
ICD-10 E70.3
ICD-9 270.2
DiseasesDB 14021 33475
MedlinePlus 001428
eMedicine ped/2422 derm/690
MeSH D014849

ワールデンブルグ症候群ワールデンブルグ-クライン症候群)とは、程度の差はあれ難聴神経堤由来細胞の小さな欠陥、そして染色体異常を特徴とする遺伝子疾患による症候群である。

名称と分類[ソースを編集]

ワールデンブルグ症候群の名称は、1951年に症候群の詳細を報告[1][2]したオランダの眼科医ペトルス・ヨハネス・ワーデンブルフ英語版(1886-1979)にちなんで名付けられ、また、スイスの眼科医デイビッド・クラインもその症状の理解について貢献した[3]。ワーデンブルフの示した症状は今日WS1に分類されており、WS2は眼角の異所症を伴わないケースとして1971年に確認された[4]。今日、WS2は原因遺伝子に基づいて亜種に分類されている。WS1およびWS2以外のタイプも確認されたが、それらはあまり一般的ではなかった。

症候群の亜種はそれぞれ異なる遺伝子変異に由来している。

タイプ OMIM 遺伝子シンボル 遺伝子座 備考
I, WS1 193500 PAX3 2q35 -
IIa, WS2A (WS2) 193510 MITF 3p14.1-p12.3 -
IIb, WS2B 600193 WS2B 1p21-p13.3 -
IIc, WS2C 606662 WS2C 8p23 -
IId, WS2D (極めて珍しい) 608890 SNAI2 8q11 -
III, WS3 148820 PAX3 2q35 クライン-ワールデンブルグ症候群
IV, WS4 277580 EDNRB EDN3 SOX10 22q13, 20q13.2-q13.3, 22q13 ワールデンブルグ-ヒルシュスプルング病、ワールデンブルグ-シャー症候群

クライン-ワールデンブルグ症候群やメンデ症候群、ヴァンデルヘーベ-クライン-ワールデンブルグ症候群などいくつかの別名が使われることがある。

発生率[ソースを編集]

ワールデンブルグ症候群のうちタイプIおよびIIは一般的であるが、タイプIIIおよびタイプIVは珍しい。全体としては42,000人に1人の割合で発生し[1]、聴覚障害を持つ人の30人に1人がワールデンブルグ症候群である[5]。人種や男女による差はない。症状が非常に多岐に渡るため、正確な統計を取ることが難しい。

症状[ソースを編集]

  • 虹彩の色が青~青白く、左右の虹彩の色が異なるか、一つの虹彩が二つの異なる色を有する虹彩異色症
  • 白毛症(前髪だけであったり、全体として白髪になっていたりする)
  • 鼻根の突出により目が離れた顔貌(眼角離開)・・・ とりわけタイプIに多い
  • 頭部の生え際が低く(頭髪低位)、眉が中央までおよぶ
  • 一部の患者は皮膚が一部白くなる
  • 腕の異常(タイプIII)
  • 神経障害(タイプIV)

ワールデンブルグ症候群は様々な他の先天性障害(腸や脊髄の欠陥、先天性肩甲骨高位、口唇口蓋裂)などを伴い、ときにヒルシュスプルング病を併発する。

遺伝[ソースを編集]

ワールデンブルグ症候群は通常、常染色体優性遺伝であり、変異遺伝子1つで症状が引き起こされる。ほとんどの場合は親からの遺伝であるが、家族にワールデンブルグ症候群の患者がいなくても遺伝子の突然変異によって発症することがまれにある。

タイプIIおよびタイプIVは常染色体劣性遺伝であり、変異遺伝子2つが揃わなければ発症しない。そのため、両親は発症していないが実際にはそれぞれ原因遺伝子を持っていて、子供が発症するという例がよく見られる。

治療[ソースを編集]

ワールデンブルク症候群は遺伝子疾患であるため遺伝子治療が必要であるが、現在のところ存在しない。

動物[ソースを編集]

ワールデンブルグ症候群はフェレットに発症することが知られている。発症した個体は頭が白いか頭頂に沿って小さな白い縞模様があり、正常な個体よりもいくぶんか頭が平たくなる。はじめは聴覚がわずかに劣る程度で大きな音にも反応しないこと以外は目立たない。また、障害に起因する縞模様を通常のセーブルフェレットよりもエキゾチックだと考えるペットショップやブリーダーたちは、障害を有するフェレットを選んで繁殖させている。その結果、店頭で売られている白い毛や頭を持つフェレットの75%が難聴である[6]

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]