ワープミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ワープミサイルは、テレビアニメ宇宙戦艦ヤマトIII』第17話に登場した、ボラー連邦が開発した対ガルマン・ガミラス帝国本星攻略用兵器。

概要[編集]

単体でワープする能力を持ち、敵軍の監視網を事前に察知して小ワープですり抜けるなど、非常に高度かつ精密な飛行制御が可能である。通常弾頭タイプと超大型の惑星破壊ミサイルタイプの2種類があり、通常弾頭タイプは弾頭ミサイル5本に分離して別々の攻撃目標を狙うことが可能で、ガルマン・ガミラスの防空システムのかく乱や無力化を目的としている。通常弾頭タイプで防空システムに穴を開けた後、待機していた惑星破壊ミサイルタイプがワープアウトして攻撃目標に止めを刺すといった、高度な戦略思考アルゴリズムをプログラムされている。

デスラーが絶対の自信を誇る帝都防空システムのうち、シャルバート信者(絶妙なタイミングからスパイとも言われるが、それは推測である)の破壊工作によって一部システムに不備が生じたため、ガルマン・ガミラス本星の壊滅に迫るが、ヤマト波動砲によって惑星破壊ミサイルタイプが吹き飛ばされ、ボラー連邦側の攻撃は失敗に終わる。