ワードナの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワードナの森
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード
開発元 東亜プラン
発売元 タイトー
音楽 太田理
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板(790.59キロバイト
稼働時期
  • INT 1987年12月 (1987-12)
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 6 MHz)
Z80 (@ 3.429 MHz)
サウンド YM3812 (@ 3.429 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
320×240ピクセル
56.00Hz
パレット1792色
テンプレートを表示

ワードナの森』(ワードナのもり)は、1987年にタイトーより稼働されたアーケードゲーム。開発は東亜プラン。日本国外では『Wardner』(ワードナ)のタイトルで稼働された。タイトルにある「ワードナ」は本作のボスキャラの名前であり、『ウィザードリィシリーズ』(1981年 - )の「ワードナ」とは特に関係はない。

ストーリー[編集]

主人公の少年と少女は思わぬことから不思議な世界(ワードナの森)に迷い込んでしまった。少女は水晶玉に変えられ、森の支配者ワードナに森の奥深くに連れ去られてしまう。少年は意を決し、魔法の炎を武器に少女を取り戻しに行く。[1]

ゲーム概要[編集]

8方向レバー、2ボタン(ショット、ジャンプ)でプレイヤーを操作。全5ステージ構成、1周で終了。ゲーム開始前にプレイヤーは名前を入力でき、クリアまたはゲームオーバー時にスコアランキングに自動で記録される。

最初プレイヤーが使用できる魔法の炎は1発しか撃てないが、途中で敵を倒すと入手できるアイテムボール小を16個取るか、アイテムボール大を1個取ることで魔法の炎が1個増える。また、ステージの要所要所に金塊やドル袋があり、これらを集めることでステージクリア時のアイテムショップでは、武器やマントなどを購入しパワーアップが可能。

マントを装備していない状態で敵の攻撃を一度受けると1ミス。マントはショップで針と糸を購入していれば1度だけ修復可能。この他にもステージの途中にある穴に落ちたりタイムオーバーでも1ミスとなる。通常設定では3ミスでゲームオーバー。得点によるエクステンドは3万点毎(工場出荷時設定)に1人追加となる。

武器またはオプション[編集]

普通の武器
  • 標準の武器
特殊武器
  • 星の剣
  • 月の剣
  • 太陽の剣
オプション
  • マント
    1度だけ敵の攻撃を受けてもミスにはならない。
  • 糸と針
    マント装備時のみ購入可。1度だけマントを修復できる。
  • 時計
    画面右下に表示されている制限時間が1分加算される。
  • オカリナ
    ある場所で使うと火の鳥を呼べる。
  • ハイジャンプシューズ
    高く飛べる。
  • 妖精
    攻撃判定を持つ妖精がプレイヤーの背後につく。2人まで装備が可能。

ステージ構成[編集]

  1. 不思議な森
  2. 建物
  3. 城の地下&ワードナの部屋

操作時の特徴・テクニック[編集]

  • プレイヤーは落下中、レバー左右での落下地点の調整ができないという特徴を持つ。これを知らないために、初心者は1面のマントを取ろうとしてミスするケースが多く見られる(1度右に行き、高い場所から降りてから、左へ向かう)。
  • マントや、「糸と針」はプレイヤーのダメージを吸収してくれるが、その後の無敵時間が極端に短いために、立て続けにダメージを受けてミスする事がよくある。
  • 1ブロック分の隙間(プレイヤーがしゃがんだときと同じ高さ)は、レバーを上下に動かしながら進むと入ることができる。4面にある妖精アイテムを取るときなどに必要。
  • 妖精は4面のハシゴから降って来る石の攻撃判定を消すことができる(ハシゴに登ったまま後ろに下がると、妖精をプレイヤーの手前に持ってこられるのを利用)。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 ワードナの森
  • 日本 1988年3月25日 (1988-03-25)
ファミリーコンピュータ
ディスクシステム
東亜プラン タイトー ディスクカード両面 TFD-WAD -
2 ワードナの森SPECIAL
  • 日本 1991年4月26日 (1991-04-26)
  • アメリカ合衆国 1991年5月
メガドライブ 東亜プラン
ドラグネット
4メガビットロムカセット[2]
  • 日本 T-58013
  • アメリカ合衆国 58016
-
PCエンジン版
1988年にNECアベニューPCエンジン参入第一弾として発売される予定であり、途中公開された開発中の画面では、見た目はかなりアーケード版に近い仕上がりとなっていた。しかしその後は幾度となく発売延期を繰り返し、ソフトの供給媒体もHuCARDCD-ROM²SUPER CD-ROM²と次々と変更され、最終的にPCエンジン版のワードナの森は発売中止という顛末を迎えることになる。事の経緯の諸事情については多部田俊雄の項を参照のこと。

スタッフ[編集]

メガドライブ版
  • プロデューサー:秋山哲雄
  • オリジナルワークス:東亜プラン
  • ディレクター:いといやすひさ
  • アシスタント・ディレクター:DON GABACHO、ANN HIRAKAWA
  • プログラミング:大野正治、河野高典、おぐらひろし
  • キャラクター・デザイン:東亜プラン、たちばなきょうこ
  • 音楽:東亜プラン、岡林和男
  • 音楽アレンジ:岡林和男
  • サウンド・エフェクト:岡林和男、大野正治
  • スペシャル・サンクス:神尾憲一

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 24/40点 (FC)[3]
21/40点 (MD)[4]
ファミリーコンピュータMagazine 14.80/25点 (FC)[5]
メガドライブFAN 13.06/30点 (MD)[2]
メガドライブ大全 肯定的 (MD)[6]
ファミリーコンピュータ版
  • ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)となっている[3]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.10 2.90 3.00 3.00 - 2.80 14.80
メガドライブ版
  • ゲーム誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計21点(満40点)となっている[4]
  • ゲーム誌「メガドライブFAN」の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、13.06点(満30点)となっている[2]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.41 2.30 2.03 2.22 2.05 2.05 13.06
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「アクション嫌いのためのアクションゲーム、と言ってもウソではない低難易度ソフト」、「あのシューティングの鬼・東亜プランが開発した、というのは信じがたい事実だ」と評している[6]

その他[編集]

  • 本作の主人公の名前はゲーム開始前にプレイヤーが入力するが、移植版では主人公は「アラモード王子」ヒロインは「プリン姫」と、キャラ名は最初から設定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [出典:ワードナの森 業務用販促チラシ(タイトー)
  2. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 34頁。
  3. ^ a b ワードナの森 まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月7日閲覧。
  4. ^ a b ワードナの森 スペシャル まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年2月7日閲覧。
  5. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 33頁。
  6. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、74頁。ISBN 9784872338805

外部リンク[編集]