ワン・モア・タイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワン・モア・タイム
Chances Are
監督 エミール・アルドリーノ
脚本 ペリー・ハウズ
ランディ・ハウズ
製作 マイク・ロベル
製作総指揮 アンドリュー・バーグマン
ニール・A・マクリス
出演者 シビル・シェパード
ロバート・ダウニー・Jr
ライアン・オニール
メアリー・スチュアート・マスターソン
音楽 モーリス・ジャール
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 ハリー・ケラミダス
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 COLTRI
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年3月10日
日本の旗 1989年9月30日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $16,278,590[1]
テンプレートを表示

ワン・モア・タイム』(原題: Chances Are)は、1989年アメリカで製作されたロマンティック・コメディ映画

ストーリー[編集]

23年前、不慮の事故により、結婚記念日当日に最愛の夫を亡くした未亡人コリンヌ。彼女は今も夫を愛し続けており、彼との間に授かった娘ミランダと、2人の親友だったフィリップと共に幸せにすごしていた。そんなある日、ミランダがボーイフレンドのアレックスを連れてくる。彼を快く歓迎するコリンヌだったが、彼女を見るなり彼の様子はおかしくなり、なんと彼女に猛アプローチをかけてくる。実はアレックスは死んだ夫の生まれ変わりであり、再びコリンヌに出会ったことで前世の記憶が蘇ってしまったのだ。妻と死んだ夫の生まれ変わり、そして娘という奇妙な三角関係は、ますます複雑になっていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

  1. ^ Chances Are”. Box Office Mojo. 2011年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]