ワンマンバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワンマンバンドの一例

ワンマンバンド (one-man band) は複数の楽器を同時に演奏する大道芸の一種。

一人で活動している音楽のバンドについては一人バンドを参照。

概要[編集]

ドラムハーモニカギターなどを同時に演奏する場合が多いが、演奏者により使用楽器は大きく異なる。また、複数の楽器を同時に演奏できるように演奏者自らが楽器に細工を施す為、工作技術も必要とされ(ギターを弾きつつハーモニカを吹くための、針金で出来た首掛けバンドは存在する)、構造もそれぞれ違うことから独自の演奏技術も要求される。 細工を手がけるところからすでにパフォーマンスが始まると考えるワンマンバンドもおり、他のパフォーマンスと比べても特異である。 アメリカではディズニー映画メリーポピンズ」の影響でワンマンバンドの知名度は高いが、日本での知名度は乏しく希少な芸である。

ワンマンバンドが登場する作品[編集]