ワンパクパルサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ワンパクパルサーは、山佐1997年に開発・販売したパチスロ機である。

概要[編集]

ワンパクパルサーはニューパルサーのリバイバル機を除けば純Aタイプの4.0号機最後のパルサーシリーズである。しかしながら1000台限定発売だったため、シリーズ中ではレアな部類に入る。そういった理由によるものかは不明だが、山佐公式HPの機種一覧にも掲載されていない(発売当時も機種紹介はされなかった)。

  • ゲーム性は前作のケロケロパルサーとほぼ同じで、ビッグボーナス中の設定判別も同じように可能。ただしリール配列、リーチ目等は異なる。
  • 同系機種と比較して機械割が低く抑えられており、設定6でも104%弱となっている。ボーナス確率自体も総じて抑え目である。

シリーズ封印[編集]

ワイワイパルサー2以降、パルサーシリーズがマンネリ化したにも関わらずリリースされ続けた理由として『まだまだ「カエル」を欲しがるホールが多かった』と、パチスロ攻略マガジン双葉社)掲載の開発者インタビューで語られた。実際、当該記事によると本機は受注開始後早い段階で完売したとのこと。後にパルサーシリーズの次作とみられていたパルサーXXXが日の目を見ることなくお蔵入りとなり、シリーズ新作は2001年発売のキングパルサーまで一時封印されることとなった。

ボーナス確率・機械割[編集]

設定 BIG REG 機械割
 1 1/309.13 1/585.14  91.5%
 2 1/292.57 1/546.13  94.0%
 3 1/277.69 1/512  96.9%
 4 1/264.26 1/481.88  98.9%
 5 1/252.06 1/455.11 101.3%
 6 1/240.94 1/364.09 103.6%

※メーカー発表の数値