ワンツーギャンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワンツーギャンゴ
メンバー 今井辰紀
浦本雄介
結成年 2005年
解散年 2011年
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2005年 - 2011年
出身 TOKYO☆笑BIZ 2期生
出会い TOKYO☆笑BIZでの同期生
現在の活動状況 主にライブ
芸種 主にコント
同期 ぽ〜くちょっぷ
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

ワンツーギャンゴは、かつてサンミュージックプロダクションで活動していた日本お笑いコンビ

2011年5月、メンバーの急死に伴いコンビを解散した。

メンバー[編集]

  • 広島県出身。
  • 身長169cm、血液型O型
  • 大阪芸術大学卒業。大学生時代は落語研究会に所属。同じ芸人のこんせいそんは、同じ落語研究会の先輩に当たる。
  • 2011年5月20日、急病(詳細不明)により急逝[1][2]。享年30。ブログは死去の前日まで更新されており、その日は「アレルギー性の蕁麻疹が再発したので動物性蛋白質が摂れない」などの話を綴り、「なんかネガティブなブログですいません。これが俺のリアルだ !! 」の一文で締め括られていた[3]。21日の番組収録を前に連絡が取れず、不審に思ったマネージャーと浦本が他の芸人を所在確認のために自宅へ行かせたところ、倒れているのが見つかったという[4]
  • 福岡県出身。
  • 身長181cm、血液型A型。
  • 今井の死後、芸人を辞め実家に帰ることが本人のブログにて発表された(当該記事 「最後の更新です。」)。また今井の葬儀の後の記事では相方への思いを綴ると共に「番組の収録に遅刻、というコントのオチが『死んどるんかい!』じゃ誰も笑わんやろ。絶対それ以外のオチあったやん!」と記している。

略歴・概説[編集]

  • 両名は2005年4月にサンミュージックグループのプロジェクトGET運営のお笑いスクール「TOKYO☆笑BIZ」に2期生として入学し、そこでコンビ結成。卒業後にサンミュージック所属となる。同じサンミュージック所属コンビのぽ〜くちょっぷはTOKYO☆笑BIZでの同期。
  • ネタはコントが多い。「卵の役者」、「巨乳男のゴルフレッスン」等の持ちネタがあった。
  • 二人でのライブ出演は2011年5月15日の「お笑いプレーオフ」(新宿ゴールデン街劇場)が最後となった。同年5月19日には事務所の先輩の藤井ペイジ!(藤井宏和)(飛石連休)のトークライブ「ペイジワンR」の手伝いをしており[5]、打ち上げをする居酒屋の店先で藤井の誘いに今井が「今日は今から深夜バイトなんですよ〜」と言葉を返したのが藤井との最後の会話になったという。藤井は自身のブログで、この後輩の突然の死を「ゴールデンのネタ番組にも初めて出演した所でまさにこれからという時だったのに、あまりにも早すぎる」と悼んでいる。
  • 2011年5月21日収録の「オンバト+」(同年6月18日放送)に出場予定だったが、今井の急逝により出場を辞退[1]。代わりに前説のブーブートレインが出場した。また22日には「わらふぢなるお×ワンツーギャンゴトークライブvol.3」を開催予定だったが、これも中止となっている。このトークライブは元来はわらふぢなるお単独のトークライブとして2回開催され、そこにワンツーギャンゴが加わったトークライブがさらに2回開催されていた。
  • カンニング竹山ら事務所の同僚たちは、毎年の今井の命日には欠かさず墓参りをしている[6][7]

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【訃報】ワンツーギャンゴ・今井さん、急逝(チカピカ)
  2. ^ 「ワンツーギャンゴ浦本の浦事情」2011年5月23日更新「ご報告。」 より。
  3. ^ 「ワンツーギャンゴ今井の今!」 2011年5月19日更新「休日」 より。
  4. ^ 飛石連休藤井のブログ・「ブログも漂流中。」2011年5月24日更新「ワンツーギャンゴの今井」 より。
  5. ^ お笑いコンビ・ワンツーギャンゴの今井辰紀さんが急逝、19日までブログも。 ナリナリドットコム 2011年5月24日
  6. ^ 竹山twitter 2017年5月19日
  7. ^ カンニング竹山、後輩芸人の墓参 デイリースポーツ 2015年5月12日

外部リンク[編集]