ワンダー 君は太陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワンダー 君は太陽
Wonder
監督 スティーブン・チョボスキー英語版
脚本 ジャック・ソーン英語版
スティーヴン・コンラッド英語版
スティーブン・チョボスキー
原作 R・J・パラシオ英語版ワンダー英語版』(ほるぷ出版
製作 デヴィッド・ホバーマン英語版
トッド・リーバーマン英語版
製作総指揮 ジェフ・スコール
ロバート・ケッセル
マイケル・ビューグ
R・J・パラシオ
アレクサンダー・ヤング
出演者 ジュリア・ロバーツ
オーウェン・ウィルソン
ジェイコブ・トレンブレイ
マンディ・パティンキン
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 ドン・バージェス
編集 マーク・リヴォルシー
製作会社 ライオンズゲート
マンデヴィル・フィルムズ英語版
パーティシパント・メディア
ウォールデン・メディア
TIKフィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 キノフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年11月17日
日本の旗 2018年6月15日
上映時間 113分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $305,900,041[3]
アメリカ合衆国の旗 $132,422,809[3]
日本の旗 6億円[4]
テンプレートを表示

ワンダー 君は太陽』(ワンダー きみはたいよう、Wonder)は、2017年アメリカ合衆国のドラマ映画。監督はスティーブン・チョボスキー英語版、主演はジュリア・ロバーツが務めた。本作はR・J・パラシオ英語版2012年に発表した小説『ワンダー英語版』を原作としている。

ストーリー[編集]

オーガスト(オギー)・プルマンはトリーチャーコリンズ症候群が原因で顔の形が変形しており、長らく入退院を繰り返していた。容態が安定したオギーは学校に通うようになるが、クラスメートたちの差別によるいじめを受けふさぎこんでしまう。オギーは自分の顔が普通ではないことを嘆いたが、両親の励ましを受け立ち直り、学校生活に適応するため、家族に支えられながら懸命に行動を起こす。当初、オギーの顔の形がみんなと違うと囃し立てたクラスメートたちも、彼との交流を通して「人間の内面の価値には外見で推し量れないものがある」ということを学んでいき、相互理解を得るようになる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(Blu-ray&DVDのみ)[5]

製作[編集]

2012年11月27日、ライオンズゲートがマンデヴィル・フィルムズと共同でR・J・パラシオの小説『ワンダー Wonder』の映画化を進めており、ジョン・オーガストが脚色作業に起用される見込みだと報じられた[6]2013年5月8日、降板したオーガストの代わりにジャック・ソーンが脚色を行うことになったとの報道があった[7]2014年10月、ジョン・クロキダス英語版が監督に起用されたと報じられた[8]2015年4月、クロキダスが降板したことを受けて、製作サイドは新たにポール・キング英語版を監督に起用した[9]

2016年4月14日、ジェイコブ・トレンブレイの出演が決まった[10]。5月5日、スティーブン・チョボスキーが監督に起用されたこととジュリア・ロバーツの出演が決まったことが報じられた[11]。6月27日、オーウェン・ウィルソンが本作に出演するとの報道があった[12]。7月11日、子役のノア・ジュープが主人公の親友役を演じることになったと報じられた[13]。15日、ダヴィード・ディグスの出演が決まった[14]。8月19日、ソニア・ブラガが本作に出演することになったと報じられた[15]

パラシオはナタリー・マーチャント英語版の『Wonder』からインスピレーションを受けて小説を執筆したと公言している。それを知ったマーチャントは、本作のサウンドトラックに同曲を収録する許可を出した[16]

公開[編集]

当初の予定では、本作は2017年4月7日に全米公開されることになっていた[17][18]。2017年2月13日、試写会での反応が予想以上に良かったことを受けて、ライオンズゲートは本作の全米公開日を同年11月17日に延期すると発表した。第90回アカデミー賞をはじめとする賞レース参戦を念頭に置いた延期であった[19]

興行収入[編集]

本作は『ジャスティス・リーグ』及び『ザ・スター はじめてのクリスマス』と同じ週に公開され、公開初週末に900万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[20]、実際の数字はその3倍のものになった。2017年11月17日、本作は全米3096館で封切られ、公開初週末に2754万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった[21]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには157件のレビューがあり、批評家支持率は85%、平均点は10点満点で7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ワンダー 君は太陽』は原作小説の感傷から距離を取った作品ではない。しかし、上質の演技と愛嬌に裏打ちされたドラマは観客の心の琴線に触れる。」となっている[22]。また、Metacriticには33件のレビューがあり、加重平均値は66/100となっている[23]。なお、本作のシネマスコア英語版はA+となっている[24]。このように観客・批評家の双方から高評価された本作だが、オーガストと同じような障害を抱える当事者からは「障害者が直面している過酷な現実を無視している」「感動ポルノだ」という批判の声が上がっている[25][26]

本作は第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされている[27]

出典[編集]

  1. ^ ワンダー 君は太陽”. 2018年2月26日閲覧。
  2. ^ Will ‘Justice League’ Perform Like ‘Wonder Woman’ or ‘Suicide Squad’ at the Box Office?”. 2017年11月18日閲覧。
  3. ^ a b Wonder (2017)”. 2018年11月10日閲覧。
  4. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  5. ^ ワンダー 君は太陽”. ふきカエル大作戦!! (2018年11月6日). 2018年11月10日閲覧。
  6. ^ Lionsgate lining up John August to adapt ‘Wonder’”. 2017年11月12日閲覧。
  7. ^ Lionsgate Taps Jack Thorne To Adapt R.J. Palacio Novel ‘Wonder’”. 2017年11月12日閲覧。
  8. ^ 'Kill Your Darlings' Director to Helm YA Adaptation 'Wonder' (Exclusive)”. 2017年11月12日閲覧。
  9. ^ 'Paddington' Director Books Lionsgate's YA Adaptation 'Wonder' (Exclusive)”. 2017年11月12日閲覧。
  10. ^ ‘Room’ Star Jacob Tremblay in Talks for Lionsgate’s ‘Wonder’ (Exclusive)”. 2017年11月12日閲覧。
  11. ^ Julia Roberts to Play Jacob Tremblay's Mother in 'Wonder'”. 2017年11月12日閲覧。
  12. ^ Owen Wilson to Co-Star With Julia Roberts in ‘Wonder’ (EXCLUSIVE)”. 2017年11月12日閲覧。
  13. ^ 'Night Manager' Actor Joins Julia Roberts, Jacob Tremblay in 'Wonder' (Exclusive)”. 2017年11月12日閲覧。
  14. ^ Tony Winner Daveed Diggs Joins Lionsgate’s ‘Wonder’ In First Post-‘Hamilton’ Film Role”. 2017年11月12日閲覧。
  15. ^ Sonia Braga Playing Julia Roberts' Mother in 'Wonder' (Exclusive)”. 2017年11月12日閲覧。
  16. ^ Wonder the Film”. 2017年11月12日閲覧。
  17. ^ Julia Roberts, Jacob Tremblay movie Wonder release date set for 2017”. 2017年11月12日閲覧。
  18. ^ First Look! Julia Roberts and Jacob Tremblay Will Melt Your Heart in Wonder”. 2017年11月12日閲覧。
  19. ^ Julia Roberts' Drama 'Wonder' Pushed to November”. 2017年11月12日閲覧。
  20. ^ The Tale Of Two Films: Walden Media’s ‘The Star’ & ‘Wonder’ Bow On Same Day”. 2017年11月18日閲覧。
  21. ^ November 17-19, 2017”. 2017年11月23日閲覧。
  22. ^ Wonder”. 2018年2月26日閲覧。
  23. ^ Wonder (2017)”. 2018年2月26日閲覧。
  24. ^ ‘Justice League’ Encounters Kryptonite At The B.O. With $93M+ Opening: Why The DC Movie Weakened – Final”. 2018年2月26日閲覧。
  25. ^ Hollywood's Approach to Disabled Characters Is Still a Disaster”. 2018年2月26日閲覧。
  26. ^ What it’s really like to have the rare disease in ‘Wonder’”. 2018年2月26日閲覧。
  27. ^ Oscars: 'Shape of Water' Leads With 13 Noms”. 2018年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]