ワルテル・デ・シルヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワルテル・マリア・デ・シルヴァWalter Maria de' Silva1951年2月27日-)はイタリアレッコ出身のカーデザイナーで、現在はフォルクスワーゲングループ全体のデザイン責任者である。なお、フォルクスワーゲン グループ ジャパンではプレスリリースでワルター・デ・シルヴァの表記を採用している[1]

キャリア[編集]

アルファロメオ[編集]

デ・シルヴァによってデザインされたアルファロメオ・156

1986年、彼はアルファロメオ・チェントロスティーレの責任者となり、1990年代の後半までその任にあたった。彼はブランドのデザイン言語の一新と効果的なリポジショニングを指揮し、アルファロメオ・156のデザインで名を残している[2]

セアト[編集]

1998年、彼はフェルディナント・ピエヒによってアルファから引き抜かれ、フォルクスワーゲングループのセアト部門で働いた。彼にはセアトデザインに活力とスポーティーさを注入することが望まれていたが、その成果は2002年のセアト・イビサやセアト・コルドバのより印象的なデザインに見られたセアトの「auto emocion」哲学であった。

アウディ[編集]

2002年3月、彼は今は亡きアウディブランドグループのデザインのトップに任命され、アウディランボルギーニ、セアトブランドのデザインを統括した。彼はアウディにより官能的なデザイン言語を与えたとされている。

フォルクスワーゲングループ[編集]

2007年1月に前アウディ会長のマルティン・ヴィンターコルンフォルクスワーゲングループの会長に任命されたのに続き、デ・シルヴァは2007年2月をもってフォルクスワーゲングループ全体のデザインのトップに就任し、現在は全VWブランド(アウディ、ベントレーブガッティ、ランボルギーニ、セアト、シュコダ、フォルクスワーゲン)の全般的な戦略の指揮に関する責任者である。彼はトルコ生まれのフォルクスワーゲンのチーフデザイナーだったムラト・ギュナク (Murat Günak) の後任となり、そして彼の最初の仕事は当時差し迫っていたギュナクの手によるフォルクスワーゲンの3車種(2008年パサートCC、2008年シロッコ、そして2008年ゴルフ)を再評価することであった[3]。アウディでは、デ・シルヴァの後任にはアルファロメオ・8Cコンペティツィオーネのデザイナーであるヴォルフガング・エッガーが就いた[4]

車種[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最も小さなフォルクスワーゲン、「up!」を発売 (PDF)”. フォルクスワーゲン グループ ジャパン (2012年9月18日). 2012年9月18日閲覧。
  2. ^ Who's Where: Walter de'Silva appointed Head of VW Group Design”. Car Design News (2007年1月25日). 2010年4月12日閲覧。
  3. ^ VW sent back to drawing board”. Carmag.co.za (2007年2月2日). 2010年4月12日閲覧。
  4. ^ Audi gets new head of design”. Autocar (2007年2月14日). 2010年4月12日閲覧。