ワルシャワ通勤鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1927年より長年の主力であったEN80形電車
1972年より使用されているEN94形電車
2004年に納入されたEN95形電車

ワルシャワ通勤鉄道 (ポーランド語: Warszawska Kolej Dojazdowa、略称: WKD) は、ポーランド首都であるワルシャワにある近郊電気鉄道である。1つの支線を有し、ワルシャワと南西のグロジスク・マゾフシェポーランド語版とを結ぶ。

歴史[編集]

イギリス資本の通勤電車会社EKDが1927年にこのポーランド標準軌では初めての電気鉄道を開通させた。架線電圧は直流650Vであった。起点寄りのワルシャワ市内の一部区間は併用軌道であった。車両はイングリッシュ・エレクトリック製の電動客車と付随客車が20両ずつ用意された。1939年には1日に4000人を運び、ラッシュ時には10分間隔で電車を走らせていたが、収益には及ばず、鉄道用地を切り売りして欠損を補填していた。1947年には共産主義政権により国有化され、1951年にはポーランド国鉄の管理下に入りWKDと社号を変えた。しかし狭い建築限界と、ポーランド国鉄の直流3000Vとは異なる特有の電化システムはそのままであった。1972年には、ほぼ半世紀使用されてきた古い電車は、ヴロツワフにある国営車両工場英語版(パファヴァク)で製造されたこの路線専用の、EN94形電車に置き換えられた。2001年にはポーランド国鉄の機構改革により分社化され、さらに2007年にはマゾフシェ県が設立した公営企業に引き継がれた。2004年にはブィドゴシュチュにあるPESA(ペーサ)社試作のEN95形電車1編成が作られ、これは実際に定期運行されているが、追加注文されることはなかった。そのかわり2010年にこの会社は14編成のまったく新設計の電車をPESA社に発注し、2012年にEN97形として登場した。この車両は架線電圧を国鉄線と同じに昇圧できる仕様を満たしている。2016年にはNewag社のEN100形が登場している。

運行[編集]

電車はEN95形が1編成、EN97形が14編成、EN100形が6編成在籍している他、旧型の4軸電車EN80を1両、EN94形を1編成保有している。

本線ではピーク時には15分間隔、その他の時間帯は0時から午前5時までを除き30分間隔で運行される。1時間に1本が支線の終点であるミラヌヴェク・グルドゥフ駅ポーランド語版行きであり、残りのほとんどは本線の終点であるグロヂスク・マゾヴィェツキ・ラドンスカ駅ポーランド語版に行く。快速運転はなく、起点であるWKDワルシャワ・シルドミエシチェ駅からグロヂスク・マゾフシェ・ラドンスカ駅までの所要時間は1時間である。途中、ポーランド国鉄線との間に非電化の連絡線があるが、定期的な運行はされていない。

車両[編集]

EN80形[編集]

ワルシャワ通勤鉄道EN80形電車
EKD EN80 (5).jpg
電動車
基本情報
製造所 イングリッシュ・エレクトリック
コンスタル
製造年 1927年、1948年
引退 1972年
主要諸元
編成 2両(電動車+付随車)
3両(電動車+付随車+付随車)
軸配置 Bo'Bo'(電動車)
2'2'(付随車)
軌間 1,435mm
電気方式 直流600V
架空電車線方式
最高速度 85km/h
車両定員 38人(着席)
68人(立席、電動車)
77人(立席、付随車)
車両重量 23.1t[1]、27.1t[2](電動車)
14.12t(付随車)
全長 13,400mm
全幅 2,250mm
全高 3,327mm
出力 144kw[1]、180kw[2]
備考 [3]
テンプレートを表示

1927年の開業時に導入された、イングリッシュ・エレクトリック製の電車。両運転台の電動車と付随車が編成を組む形で使用され、そのうち付随車は1948年にコンスタルによって増備された他、戦災によって被害を受けた一部の電動車の普及工事がなされている。[4]
EN94によって置き換えられる1972年まで使用されて以降は、電動車1両が動態保存されている。

EN94形[編集]

ワルシャワ通勤鉄道EN94形電車
EN94-26, Malichy, 2016-03-07.jpg
EN94形
基本情報
製造所 国営車両工場
製造年 1968年(試作車)
1969年-1972年(量産車)
引退 2016年
主要諸元
編成 4両編成(2車体連接車×2)
軸配置 Bo’2’Bo’
軌間 1,435mm
電気方式 直流600V
架空電車線方式
最高速度 80km/h
編成定員 80人(着席)
250人(立席)
車両重量 44.1t
全長 13,400mm(試作車)
27,800mm(量産車)
全幅 2,600mm(試作車)
2,620mm(量産車)
全高 3,600mm
歯車比 60:17(3.53)
出力 226kW
備考 [5]
テンプレートを表示

国営車両工場(Pafawag)英語版で製造された2車体連接車。1968年に試作車が製造された後、1969年から1972年にかけて量産された。通常は2編成を連結して使用された。
2004年以降新造車との置き換えが進み、2016年5月27日に営業運転から引退した。現在は1編成が保存されている。

EN95形[編集]

ワルシャワ通勤鉄道EN95形電車
EN95-01, Warszawa Śródmieście WKD, 2016-04-16.jpg
基本情報
製造所 ペーサ
製造年 2004年
主要諸元
編成 4両編成(4車体連接車)
軸配置 Bo’2’2’2’Bo’
軌間 1,435mm
電気方式 直流600V/3000V
架空電車線方式
最高速度 90km/h
編成定員 150人(着席)
500人(立席)
編成重量 102.0t
全長 60,000mm
全幅 2,850mm
全高 4,452mm
出力 1,120 kW
備考 [6]
テンプレートを表示

ペーサ(PESA)で製造された低床構造の連接車。メーカー側では「Mazovia」の愛称で呼ばれている。
試作的要素が強く故障や事故が相次ぎ、1編成のみの導入に終わった。

EN97形[編集]

ワルシャワ通勤鉄道EN97形電車
EN97-014, Tworki, 2016-03-07.jpg
EN97形
基本情報
製造所 ペーサ
製造年 2011年-2012年
主要諸元
編成 6両編成(3車体連接車+3車体連接車)
軸配置 Bo’2’Bo’+Bo’2’Bo’
軌間 1,435mm
電気方式 直流600V/3000V
架空電車線方式
最高速度 90km/h
編成定員 150人(着席)
500人(立席)
編成重量 101.5t
全長 60,000mm
全幅 2,850mm
全高 4,452mm
出力 1,440kw
備考 [7]
テンプレートを表示

ペーサで製造された形式。片側に運転台がある低床構造の3車体連接車が2本連結する形の編成を組む。2012年2月17日から営業運転を開始した。
製造において、鉄道車両研究所「タボール」が開発に参加している。[8]

EN100形[編集]

ワルシャワ通勤鉄道EN100形電車
EN100-01, Pruszków WKD, 2016-05-30.jpg
EN100形
基本情報
製造所 ネヴァグ(Newag)
製造年 2016年-
主要諸元
編成 6両編成(3車体連接車+3車体連接車)
軸配置 Bo’2’Bo’+Bo’2’Bo’
軌間 1,435mm
電気方式 直流600V/3000V
架空電車線方式
最高運転速度 80km/h
最高速度 100km/h
編成定員 164人(着席)
505人(立席)
編成重量 111.9t
全長 60,600mm
全幅 2,850mm
全高 4,235mm
出力 1,440kw
備考 [9]
テンプレートを表示

ネヴァグ(Newag)で製造された形式。片側に運転台がある低床構造の3車体連接車が2本連結する形の編成を組む。2014年8月に製造の契約が交わされ、2016年5月28日から営業運転を開始した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b イングリッシュ・エレクトリック
  2. ^ a b コンスタルによる戦災復旧車
  3. ^ pl:EN80
  4. ^ Plewako, Stanisław (2006). “Wagony EKD serii EN80 i EN94”. Elektryfikacja PKP na przełomie wieków XX i XXI: w siedemdziesiątą rocznicę elektryfikacji PKP. Warszawa. p. 129–133. ISBN 978-83-922944-6-7 
  5. ^ pl:Pafawag 101N
  6. ^ pl:Pesa Mazovia
  7. ^ pl:Pesa 33WE
  8. ^ [1]2017年12月6日閲覧
  9. ^ pl:Newag 39WE

外部リンク[編集]