ワヒグヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワヒグヤ(Ouahigouya)はブルキナファソ北部地方の中心都市。 ヤテンガ県の県都でもあり、同国北部の最大都市である。 2012年の人口は約8.7万人。 首都ワガドゥグーからは北西に182km離れている。 ワガドゥグーとマリ共和国を結ぶ幹線道路上に位置し、綿花や家畜の集散地である。 住民はモシ人が多い。

歴史[編集]

1757年に建設され、以後三つに分かれたモシ人の王国のうちの北部モシ王国の首都として栄えた。

1896年フランス軍が侵攻し、この地を植民地化した。