ワットルロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Wattrelos
Blason ville fr Wattrelos (Nord).svg
Wattrelos - Eglise Notre-Dame du Bon Conseil 1.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ノール=パ・ド・カレー地域圏Flag of Flemish Region (De Vlaamse Leeuw).svg
(département) ノール県Blason Nord-Pas-De-Calais.svg
(arrondissement) リール郡
小郡 (canton) ルーベ=エスト小郡、ルーベ=ノール小郡
INSEEコード 59650
郵便番号 59150
市長任期 ドミニク・バエル
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Lille Métropole Communauté urbaine
人口動態
人口 43,221人
2009年
人口密度 3173人/km²
住民の呼称 Wattrelosiens
地理
座標 北緯50度42分06秒 東経3度12分51秒 / 北緯50.7016666667度 東経3.21416666667度 / 50.7016666667; 3.21416666667座標: 北緯50度42分06秒 東経3度12分51秒 / 北緯50.7016666667度 東経3.21416666667度 / 50.7016666667; 3.21416666667
標高 平均:m
最低:16 m
最高:42 m
面積 13.62km² (3483ha)
Wattrelosの位置(フランス内)
Wattrelos
Wattrelos
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

ワットルローフランス語:Wattrelosオランダ語:Waterloo)は、フランスノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県の都市(コミューン)。

地理[編集]

ワットルローはベルギー国境と接しており、ムスクロンおよびラノワより5km、リールより14km、ムナンより15km、コルトレイクより17km、トゥルネーより19kmの距離にある。ルーベ運河がコミューン南部を横切る。

歴史[編集]

ワットルローの名が初めて歴史に現れるのは11世紀である。最初の領主はアロワンという富と権力を持つ人物で、彼によってワットルロー領は分割されてヘントの聖バヴォン修道院へ寄進された。フランス革命までは、ヘント司教座が領主であった。

経済[編集]

ビジネスにおいてワットルローは大きな利点を持つ。交通インフラ(対ベルギーの主要道が2本)、ビジネス・パークの存在である。

ワットルローは、トゥールコワンルーベとともに、73ヘクタールの面積を持つゾーヌ・ド・リュニオン(fr)の一部をなす。リール東部に広がるこの一帯は、炭鉱や繊維、金属加工に従事する労働者が集中して暮らした人口密度の高い古い工業地帯である。1990年代の不況後には一面ブラウンフィールド(en、産業活動により土壌汚染が進んだ地域を指す)となってしまった。

現在は都市刷新計画に沿って環境地区を目標とし、住宅地とビジネス・エリア、広大な都市公園の建設が進められている。

姉妹都市[編集]