ワスカラン国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 ワスカラン国立公園
ペルー
Taulliraju.JPG
英名 Huascarán National Park
仏名 Parc national de Huascarán
面積 340,000 ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II(国立公園)
登録基準 (7), (8)
登録年 1985年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

ワスカラン国立公園スペイン語: Parque Nacional Huascarán, ウアスカラン国立公園)は、ペルー中央部アンカシュ県アンデス山脈ブランカ山系(Cordillera Blanca)に設定されている国立公園である。首都リマから北におよそ400キロメートル上の標高3,000〜6,000メートルに位置し、世界で最も高い国立公園でもある。広さは四国のほぼ半分に相当する大きさで、ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録されていると同時に、生物圏保護区にもなっている。低緯度地域にある冠雪の山としては世界最高峰のワスカラン山南峰(標高 6,768 m)があり、これが公園の名前にもなっている。この公園は独特の植物プヤ・ライモンディの生育地であり、ビクーニャジャガークーガーリャマグアナコアメリカヌマジカBlastocerus dichotomus)、ペルーマダラオハチドリPhlogophilus harterti, ハチドリ亜科)などが生息しているほか、ネッタイハジロ(Netta erythrophthalma)などのアヒルの仲間も多く生息している。

地形[編集]

ワスカラン国立公園は標高2,000m級から6,000m級の山々が聳えている。公園の名の由来にもなったワスカラン山南峰(標高6,768 m)はペルー最高峰で、アルパマヨAlpamayo、標高5947m)やピスコ(Pisco)といった近隣の山頂を凌駕している。

面積 3,000 km2 の公園内には、663の氷河(最大のものは標高5,500メートルに位置するパストルリ氷河)や296ののほか、サンタ川Santa)、パティビルカ川Pativilca)、マラニョン川Marañón)という三大河川の支流が41もある。

アンデス山脈のほとんどがかつて海の底であったことを物語る場所が公園内にあり、標高4,800メートル以上のみでアンモナイト化石などが見つかっている。

気候[編集]

公園の気候は一年を通じて二つの段階に分かれている。その要因の一つはアマゾン盆地から吹く温かく湿った風で、これが12月から3月の間に多雨をもたらす。逆に3月から10月には乾季となり、晴れた日中が摂氏25度に達する一方、夜には氷点下になりうるほどに寒くなる。これは標高が高くなれば更に寒くなる。

植物相と動物相[編集]

公園の生物多様性は見事である。センチュリー・プラントシエテサビオリマリマグラナディージャなど779種以上の高地アンデスの植物が生育し、確認されているだけでもコンドルヤマガモMerganetta armata)、ミツユビシギダチョウTinamotis pentlandii)、マゼランガンゴイサギアンデスツメバゲリなどをはじめとする112種の鳥類が棲息している。哺乳類は10種以上が確認されているが、その中でには、コロコロアンデスネコメガネグマペルーゲマルジカHippocamelus antisensis)、ビクーニャなどのような絶滅危惧種も含まれている。

カタク地域(Catac)には、プヤ・ライモンディPuya raimondii)が生えている。この植物は主にアンカシュ県の3つの場所の広々とした森林で生育している。その3箇所とは、カタク地域のインヘニオ峡谷(gully of Ingenio)、カハマルキジャ地域(Cajamarquilla)のpunas、カタク地域のケシュケ峡谷(gully of Queshque)である。

保護状況[編集]

国立公園の指定は1975年のことであるが、ペルー政府は一帯の植物相動物相、地形、考古遺跡チャビン文化のものを含む)、ブランカ山系の眺望などを保護し、なおかつその地域での自然や文化財の科学的調査を促進することを目的としていた。公園の入り口は6ヶ所に限定され、それぞれ、動植物を取らない、薪を燃やさない、ゴミを捨てないなど最低限の注意事項を守るよう告知され、入園者は使用料を徴収される。

一方で、指定前から遊牧民が既に住んでおり、彼らはアルパカヒツジなどの様々な家畜も放牧し、現在も続いている。しかし、家畜は公園内の草を食い荒らす為、公園レンジャーが見回って、住民の生活に影響を及ぼさない程度に規制を調整している。遊牧民は乾季の5月〜10月まで公園内で生活することを許され、煮炊きにはを使えず乾燥した牛の糞で対応している。また、地元の住民には古くから薬草を使用してきたことから、禁止されていても採取するので、薬草の絶滅が危惧されている。公園内に薬草実験栽培所を設け、採取から栽培への切り替えも試み、貴重な資源を守ろうとしている。

1985年には、ユネスコ世界遺産リストに登録された。観光業は推進されており、登録範囲内に暮らす人々などの収入源になっている。

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

観光[編集]

観光案内所はアンカシュ県の県庁所在地ワラス(Huaraz)にある。登山のほか、エコツーリズム、乗馬、スキー、切石で造られた遺跡であるチャビン・デ・ワンタルのガイド付き見学などが人気である。観光客の大半はヨーロッパアメリカからで、年間およそ1万2千人が訪れる。トレッキングは200円、登山は2300円で体験できる。

外部リンク[編集]

座標: 南緯9度20分0秒 西経77度24分0秒 / 南緯9.33333度 西経77.40000度 / -9.33333; -77.40000