ワキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もっとも典型的なフナ尾・フナ型のワキン 横からと正面から 金魚すくいの金魚や餌用金魚などでもっとも数多く生産されている金魚
三つ尾の更紗ワキン

ワキン和金)はキンギョの原点といえる品種で、日本に最初に渡来した。「緋鮒ヒブナ」が変異してそのまま固定された品種であり、フナに似ている流線型の魚体が特色である。

丈夫で大きい個体では体長が20cm程度になる。ゴルフ場の池の清掃の際発見された50cm超の個体が雑誌『太陽』で紹介されたこともある。[要出典]入手が容易で、多くのペットショップや観賞魚店、金魚すくいで見る機会が多い。また飼育の簡単さと値段の安さから他の大型魚や肉食ペットの生き餌としても用いられる。

歴史[編集]

中国の時代にフナの突然変異である赤いフナ(ヒブナ)が発見され、その後、ヒブナの持つフナ尾から、三つ尾や四つ尾のいわゆる開き尾を持つ個体が突然変異で現れ、それが和金となった。日本には室町時代に来た種類で、中国では「金魚」の名であったが、江戸時代に日本に次々に入ってきたほかの金魚と区別するために、日本に最初に来たので「和金」となった。今では、このワキンを元に多くの品種改良が行われ、多数の品種が作出されている。その為、海外では金魚の基本形として「コモンゴールドフィッシュ(Common goldfish)」の英名が付けられている。

種類[編集]

体型はほぼヒブナと同じだが、尾びれが普通のフナ尾から、三つ尾や四つ尾のものまであり、体色もさまざまで、普通の赤や紅白(更紗=さらさ)、白色のものなどがある。紅白(更紗)の体色を持つ三つ尾の個体は高価で取引される場合がある。

体格による呼び名は、小さいものから「小赤(小金)」、「別下」、「小和金」、「姉金(姉、大姉)」などとなる。