ワカヒメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワカヒメ』は、三木稔オペラ作品。台本はなかにし礼。初演は1992年

概要[編集]

1991年に作曲され、1992年岡山シンフォニーホールで初演された。1993年にはNHKホール東京初演がなされた。

オペラの構成[編集]

序曲と全3幕からなるグランド・オペラ形式。

オペラの舞台[編集]

5世紀吉備国大和国伽耶新羅

登場人物[編集]

  • ワカメヒメ(ソプラノ
  • 吉備上道臣田狭(テノール
  • 武の大王(バリトン
  • ワカメヒメの侍女かつらぎ(メゾソプラノ
  • 巫女(アルト
  • 兄君(テノール)
  • 弟君(バリトン)
  • 弟君の妻クスヒメ=樟姫(ソプラノ)
  • おおぞら=虚空(テノール)
  • 小根(バス

あらすじ[編集]

第一幕[編集]

第二幕[編集]

第三幕[編集]

演奏時間[編集]

カット無しで2時間25分