WOWOWの番組一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワウワウの番組一覧から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

WOWOWの番組の一覧は、WOWOWで編成されている番組についての一覧である。

WOWOWでは、

映画 スポーツ 音楽 ステージ ドラマ アニメ ドキュメンタリー エクストラ

の8分野によって番組が分かれている。

開局当初は「5つのS」(Screen<映画>、Stage<舞台>、Sound<音楽・コンサート>、Sports<スポーツ>、Shopping<通販>)をコンセプトとした編成を基本路線としていたが、後に通販番組が縮小されている。

映画[編集]

新作映画を中心に放送している。

大半の日本封切映画は、劇場公開からおよそ1年前後でWOWOWに登場する。早い映画は7か月から9か月で見られることもある。但しスタジオジブリ作品等日本テレビが制作に関わった作品は放送されない場合が多い。逆にTBSフジテレビテレビ朝日が制作にかかわった邦画作品は地上波での放送前にWOWOWに登場することが多いが、踊るシリーズ等作品によっては地上波の後に登場するものもある。

番組編成はテーマ性を持った独自の特集を組んで映画を放送をすることが多い。放送する新作映画のテーマに合わせることも多い。映画に応じて関連するドキュメンタリー作品などが放送されることもある。

2003年からは月曜から金曜はそれぞれの曜日ごとにテーマ性を持たせた映画放送枠を設けていたが、2007年で終了した。現在はミニシアター系の洋画を放送するシネマスタイルと邦画の話題作を放送するシネジャパンのみが名称を変えて残っておりそれぞれ水曜と木曜の深夜0時より放送している。

日曜午後8時は大作・話題作を初放送するメガヒット劇場で、その月のWOWOWの目玉となる映画が放送される。同午後10時からはサンデーナイト・シアターとなりこちらも同じく話題作などが初放送、比較的規模が小さめの作品が放送されているが、ドラマWや『UFC -究極格闘技-』の放送によって、中止になることが多い。また、不定期に放送される連続ドラマWも同時間帯で放送しているため、その時期に限り午後11時開始となる。また、メガヒット劇場で放送する作品の上映時間が2時間を超える場合は、サンデーナイト・シアターの開始時間はそれに合わせて多少ずれることになる。連続ドラマWの放送時期だと、メガヒット劇場の方が午後8時前にずれることになる。R15+指定作品は、ノーカット放送だと時間帯の都合によりメガヒット劇場では放送出来ないため、目玉となる話題作(アカデミー賞受賞作品)であってもサンデーナイト・シアターでの放送となることがしばしばある。

土曜午後8時の土曜エンタ!は映画の他に音楽ライブなどが放送されている。深夜には大人向けのエロチックな作品を放送する土曜ロマンシアターがある。近年のVシネマやピンク映画が多いが、時々一般劇場で公開された商業作品や旧作のピンク映画も放送する。尚、ピンク映画に多いR18+指定の作品を放送する場合は、内容を一部修正して、映倫からR15+の再指定を受けた作品を放送している(作品紹介でも「R15+指定版」として紹介している)。

洋画は字幕と日本語吹き替え版の両方を放送している。『日曜洋画劇場』などで製作された吹き替え版が放送される場合は、地上波では放送時間の都合でカットされた部分を追加録音した「吹替補完版」として、ノーカットの日本語吹き替え版を新たに制作している[1]。追加録音はメインキャストに可能な限り当時と同じキャストを集めて録音しているが、引退・故人であったり体調不良やスケジュールの都合でオリジナルキャストが不参加の場合は声質の近い人物が代役を務めている。「吹替補完版」は嘗ては土曜吹替劇場で定期的に放送されていたが、番組終了後は不定期で放送されている。

日曜から平日にかけての午前8時には、名作日本劇場シネマ・クラシックがそれぞれ1ヶ月に1度もしくは2度の頻度で編成されている。古い邦画と洋画を往年のスター俳優や名監督、時代劇・西部劇などのジャンルなどで特集して放送する。名作日本劇場では、映画に限らず旧作のテレビドラマの放送などもある。

その他、日本未公開映画を放送する発掘シネマや吹替えで映画を放送するふきかえシアターがある。

アカデミー賞の授賞式が開催される時期である1月から3月の間には、授賞式放送に関連して過去にアカデミー賞を受賞した作品を毎年特集で放送している。この期間は上記の番組枠などは全てこの特集一色に染まることもある。

2011年10月の3チャンネル完全ハイビジョン化移行は、193chが映画専門チャンネル「WOWOW CINEMA(WOWOWシネマ)」となっている。11月27日にはWOWOW初の3D放送として『バイオハザードIV アフターライフ』の3D版がサイドバイサイド方式で放送された。

WOWOWにおいて映画に分類される番組は映画作品のみであるため、映画に関連した番組はエクストラに分類されることになる。それらの番組はエクストラを参照すること。

スポーツ[編集]

放送するジャンルは、サッカー格闘技テニスなど。中でもサッカーのリーガ・エスパニョーラは映画に次ぐキラー・コンテンツと言われる。

テニスは四大大会すべてをBS独占放送(全米オープンのみ完全独占放送)している。

なお、相撲及び野球は大相撲NPBMLBなどを含め現状のところ一切放送されていない。

音楽[編集]

音楽ライブを主に放送。

WOWOWが収録した素材が民放のワイドショーで流されることも多く、そのままコンサートのDVD化で使われることも多い。

毎年2月にはグラミー賞授賞式の生中継を放送。イギリスのブリット・アウォーズの授賞式の録画放送もしている。

2003年より開始しているライブWでは、WOWOW加入者向けにコンサートを主催し、その模様を放送。最近ではコンサートをオリジナルで企画し、公開収録の模様を音楽番組として放送している。

オリジナル番組(太字は放送中の番組)

ステージ[編集]

話題の舞台の中継映像などを主に放送。

時折、生中継で放送されることもある。

演劇では、三谷幸喜蜷川幸雄野田秀樹井上ひさし長塚圭史大人計画など、著名な演劇作家・演出家・団体の作品が多く登場するのが特徴である。

宝塚歌劇団の舞台中継は開局当初から放送しており、関連番組も併せて定期的に放送を行っている。

喜劇では、伊東四朗志村けんワハハ本舗の舞台中継を放送。2008年からは、吉本興業の所属芸人によるお笑いステージをオリジナルで企画し、公開収録の模様を放送している。

9年限定のナインティナインの全ライブを舞台裏まで中継した。

シティボーイズのステージやザ・スライドショーは公演の度に収録し放送している。

その他、バレエ熊川哲也)や落語立川志の輔)も放送されている。

オリジナル番組
オリジナル企画による舞台中継番組

ドラマ[編集]

海外ドラマやWOWOW制作のオリジナルドラマを放送。

海外ドラマについてはWOWOWの海外ドラマ一覧を参照のこと。

その他オリジナルドラマ
ショートドラマ
旧作ドラマ

アニメ[編集]

オリジナルアニメに関しては、WOWOWアニメを参照のこと。

海外番組

ドキュメンタリー[編集]

2008年より新たに分類された。『Railway Story』など2007年以前から放送されていた番組は、それまでエクストラに分類されていた。

エクストラ[編集]

上記に該当しない番組が分類される。

映画関連の番組(アカデミー賞の授賞式や最新映画のミニ番組など)は、ここに分類されることになる。

オリジナル番組
海外番組

脚注[編集]

  1. ^ 地上波初回放送ではノーカットだったが再放送時にカットされて初回放送の音源が破棄されている場合も、再放送カット分に追加録音を行なっている場合がある。
  2. ^ ジャパンコンソーシアムの一員として参加。

外部リンク[編集]