ワインド-アップ・レコーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワインド-アップ・レコーズ(Wind-Up Records)は、ニューヨークを拠点とするレコード・レーベル1997年3月設立の Wind-up Entertainment Inc. の一部門で、同年に買収したグラス・レコードを基盤として営業を開始した。

映画『デアデビル』や『パニッシャー』のサウンドトラッククリードアルバムヒューマン・クレイ』やエヴァネッセンスフォールン』のヒットで飛躍し、その後もアルター・ブリッジワン・デイ・リメインズ』などヒットを出し続けて北米最大級のインディペンデント・レーベルに成長した。

2011年10月31日、創設者のAlan Meltzerが67歳で逝去[1]

2013年10月、ワインド-アップ・レコーズ所属アーティストの大半(クリードエヴァネッセンスシーザーを含む)の版権を Bicycle Music Companyが買収し、Concord Music Groupから配給されることになった。2015年5月には、Concord Bicycle Musicは残りのワインド-アップ・レーベルも買収した。

配給は米国内はソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)が、国際的にはユニバーサル・ミュージック・グループが行っている。

主な契約アーティスト[編集]

かつて契約していたアーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Halperin, Shirley (2011年10月31日). “Alan Meltzer, Founder of Wind-Up Records, Dies at 67”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/alan-meltzer-wind-up-dies-255385 2015年7月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部サイト[編集]