ワイルド・バンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Wild Bunch
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドブリストル
レーベル アイランド・レコード
4th & B'way Records
メンバー ダディ G
DJ Milo
ネリー・フーパー
ロバート・デル・ナジャ(3D)
マッシュルーム
Willie Wee

ワイルド・バンチ(The Wild Bunch)は、イギリスブリストルにて、サウンド・システムを母体として結成されたヒップホップ・グループ。[1]

略歴[編集]

1980年代初頭に、ダディ G、DJ Milo、ネリー・フーパーの3人で結成され、後にロバート・デル・ナジャ(3D)、マッシュルーム、Willie Weeの3人が加入した。 ダディ Gは、自宅におけるパンクニューウェイヴファンクディスコヒップホップレゲエのレコード鑑賞に始まり[1]、ブリクストン・パーク・ストリートのクラブ「ダグアウト」にてレゲエのDJとして活動を始めた[2]

マーク・スチュワートの後ろ盾を得てロンドンに進出し、アイランド・レコードと契約を果たし、メジャー・レコード会社と契約したイギリス初のヒップホップ・グループとなった。[1]

1987年、1stシングル「Tearin Down The Avenue / The Look Of Love」をリリースした[3]。エリック B. & ラキムのシングル「Move The Crowd」ではリミックスを手掛けた[4]

1988年、2ndシングル「Friends And Countrymen」をリリースした[5]

1989年、ロバート・デル・ナジャ(3D)とマッシュルームは、ネナ・チェリーのアルバム「ロウ・ライク・スシ」にマッシヴ・アタック (and The Wild Bunch)のクレジットで参加した[6]

日本ツアー終了後に、ダディ Gはロバート・デル・ナジャ(3D)、マッシュルームと共にマッシヴ・アタックを結成。ネリー・フーパーは、ソウル・II・ソウルに参加した。[7]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • Tearin Down The Avenue / The Look Of Love (1987)
  • Friends And Countrymen (1988)

DJ MIX[編集]

  • The Wild Bunch (Story Of A Sound System) Mixed by DJ Milo

参考文献[編集]

  • 「What is The Wild Bunch」SOPH.co.,ltd.

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「What is The Wild Bunch」SOPH.co.,ltd.
  2. ^ Wild Dayz Photos by Beezer 解説 アスミックエースエンタテインメント
  3. ^ [1]Discogs The Wild Bunch ‎– Tearin Down The Avenue
  4. ^ [2]Discogs Eric B. & Rakim - Move The Crowd (Wild Bunch Remix)
  5. ^ [3]Discogs The Wild Bunch ‎– Friends And Countrymen
  6. ^ ネナ・チェリー『ロウ・ライク・スシ』東芝EMI・日本盤ライナーノーツ
  7. ^ [4]Discogs The Wild Bunch