ワイルド・ハニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワイルド・ハニー
ザ・ビーチ・ボーイズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1967年9月26日-11月15日
ジャンル ロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
プロデュース ザ・ビーチ・ボーイズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(イギリス[1]
  • 24位(アメリカ[2]
  • ザ・ビーチ・ボーイズ 年表
    スマイリー・スマイル
    1967年
    ワイルド・ハニー
    1967年
    フレンズ
    1968年
    テンプレートを表示

    ワイルド・ハニー』(Wild Honey)は、1967年にリリースされたザ・ビーチ・ボーイズのアルバム。

    前作『スマイリー・スマイル』から3ヶ月後に発表されたが、本作はカール・ウィルソンが主導権を握り完成させた。

    ノイローゼ状態にあったブライアン・ウィルソンはグループのリーダーシップにもはや興味を持っていなかったが、アルバムの大半の曲はマイク・ラヴと共に作り出された。彼らが緊密に作曲を行ったのは『サマー・デイズ』以来のことであった。スタジオではブライアンに曲への見解が求められたが、他のメンバー達が録音に大きな役割を担い始めていたのが大きな変化であった。「すてきなブーガルー」は、ブライアンが作曲に関わらなかった初のヴォーカル入りオリジナル曲である。本作ではカール・ウィルソンが大半の曲のリード・ヴォーカルを担当した。興味深い曲は「ママ・セズ」である。これは『スマイル』用に録音された「ヴェジタブル」の一部であった。これが後に出回ることとなった『スマイル』セッションの最初であった。

    ジャケット写真は、実際にステンドグラスを特注で製作して撮影されたものである。このステンドグラスはブライアンの自宅スタジオに設置され、DVD『アン・アメリカン・バンド』の「タイム・トゥ・ゲット・アローン」録音シーンのバックに登場している。

    曲目[編集]

    特筆無い限り作曲:ブライアン・ウィルソン、作詞:マイク・ラヴ。

    1. ワイルド・ハニー - Wild Honey - 2:37
    2. うれしくないかい - Aren't You Glad - 2:16
    3. 愛するあの娘に - I Was Made to Love Her (Henry Cosby/Sylvia Moy/Lola Mae Hardaway/ Stevie Wonder) - 2:05
    4. カントリー・エアー - Country Air - 2:20
    5. ア・シング・オア・トゥー - A Thing or Two - 2:40
    6. ダーリン - Darlin' - 2:12
    7. アイド・ラヴ・ジャスト・ワンス・トゥ・シー・ユー - I'd Love Just Once to See You - 1:48
    8. ヒア・カムズ・ザ・ナイト - Here Comes the Night - 2:41
    9. 風を吹かせろ - Let the Wind Blow - 2:19
    10. すてきなブーガルー - How She Boogalooed It (Mike Love/ Bruce Johnston/ Al Jardine/Carl Wilson) - 1:56
    11. ママ・セズ - Mama Says - 1:05

    ボーナス・トラック

    1. 心には春がいっぱい - Their Hearts Were Full of Spring

    脚注[編集]

    1. ^ BEACH BOYS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    2. ^ Wild Honey - The Beach Boys : Awards : AllMusic

    外部リンク[編集]