ワイルドハーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイルドハーツ
Ginger from The Wildhearts.jpg
基本情報
出身地 Template:イギリス
ジャンル ハードロック ロック メタル[要曖昧さ回避]
公式サイト Official site
Official Facebook Page
メンバー Ginger
CJ
Ritch Battersby
Scott Sorry
'Random' Jon Poole

ワイルドハーツ (The Wildhearts) は、1989年に元クワイアボーイズのジンジャーを中心にイギリスで結成されたハードロックバンドである。日本では『ワイハ』と略して呼ばれることがある。

ポップ・ミュージックの要素を持つハードロック・サウンドを持ち味とし、その音楽性からしばしば「ビートルズメタリカの融合」と例えられることがある[1]

略歴[編集]

  • 1989年8月、ジンジャーが「ワイルド ハーツ」の概要を発表。ライブを始める。
  • 1992年1月、バンド名を「ワイルドハーツ」(一つの単語)に変更する。
    • 4月、4曲入りEP『モンド・アキンボ・ア・ゴーゴー - Mondo Akimbo A-Go-Go - 』でデビュー。
    • 11月、『モンド・アキンボ・ア・ゴーゴー - Mondo Akimbo A-Go-Go - 』のリミックスと新曲4曲を収録したEP『ドント・ビー・ハッピー・ジャスト・ウォーリー - Don't Be Happy... Just Worry - 』をリリース。
  • 1993年8月、1stアルバム『アースVSワイルドハーツ - Earth VS The Wildhearts - 』を発表。不良魂を満々とたたえながら、パンキッシュでメロディ・オリエンテッドなギター・ロックを繰り広げ、一躍人気を博す。
  • 以降、度重なるメンバーの解雇・脱退、所属レーベルとの摩擦、喧嘩を繰り返しながら、2ndアルバム『ファッキュー - P.H.U.Q - 』(1995年)、企画盤『フィッシング・フォー・ラッキーズ - Fishing For Luckies - 』(1996年)といったアルバムをリリースする。
  • その後ベスト・アルバム『The Best Of The Wildhearts』(1997年)を挟み、関係がこじれきっていたEastWest Recordsから離れ、よりカオティックでノイジーでヘヴィなサウンドに接近した『エンドレス、ネームレス - Endless, Nameless - 』を1997年にリリースするも、この時点でメンバーのドラッグ問題や不仲説などがメディアを飛び交い、ジンジャーがバンドの活動停止を宣言する。
  • その一方で、親日家のジンジャーは日本ツアーを敢行したり、日本限定盤『トーキョー・スーツ・ミー(ライヴ・アット・ブリッツ1998)』(1999年)を発表するなど、破天荒な活動をみせる。また、かつてサポートメンバーであった親友のデヴィン・タウンゼンドのアルバム『インフィニティ』(1998年)にもゲスト参加。ドレゲン(バックヤードベイビーズ)とのセッション・プロジェクト、『スーパーシット666』やアレックス・ケイン(元ライフ、セックス&デス、現アンチプロダクト)とのプロジェクト、クラム・アビューズ、自身のバンドシルヴァー・ジンジャー・5などで精力的に活動を見せる。
  • 2001年、突如ジンジャーはワイルドハーツ復活を宣言し、イギリスでツアーをはじめる。
  • 2002年サマーソニック02に出演し、ミニアルバムをリリース、翌年『ザ・ワイルドハーツ・マスト・ビー・デストロイド - The Wildhearts Must Be Destroyed - 』をリリースする。
  • 2004年サマーソニック04ザ・ダークネスの代わりに急遽参加する。
  • ジンジャーはヴィニールジャンキーとインディーズ契約を結び、ソロアルバムのリリース、来日公演を行う。
  • 2枚のライブアルバムを経て2007年にセルフタイトルアルバム(邦題『ザ・ワイルドハーツ2007』)を発表する。以降ワイルドハーツはユニバーサルミュージックから離れる。
  • 2008年、ヴィニールジャンキーからカバーアルバム『ストップ・アス・イフ・ユーヴ・ハード・ディス・ワン・ビフォア VOL.1』をリリース。数量限定のボックスセット版には、Tシャツが入っている。
  • 2009年、アルバム『フツパー - Chutzpah - 』リリース。
  • 2010年、『フツパージュニア - Chutzpah Jnr. - 』『フツパーデラックスエディション - Chutzpah Dx Edition - 』リリース。
  • 2012年12月、バンドは活動休止中だったが、現メンバーでライブを行い、翌年にはイギリス、日本、アメリカでツアーをする。

現在、ジンジャーはソロとして活動中。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

メンバーチェンジが多いのがこのバンドの特徴だが、今までのチェンジの中でもメインのメンバーを記載する。

初期〜中期の主要メンバーだが、ドラッグにより一時生命が危ぶまれるほど中毒が悪化したため、ミュージシャンとして活動不能になり脱退。

メンバーの変動 詳細[編集]

1990
1990
  • Snake - Vocals
  • Ginger - Guitar
  • CJ - Guitar
  • Jools - Bass
  • Pat - Drums
1990
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Jools - Bass
  • Pat - Drums
1990–1992
1992–1993
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Stidi - Drums
1993–1994
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
  • Willie Dowling - Keyboards
1994
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • Devin Townsend - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
  • Willie Dowling - Keyboards
1995
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • Mark Keds - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
1995–1998
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • Jef Streatfield - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
1998–2001  活動休止
2001–2003
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Danny McCormack - Bass
  • Stidi - Drums
  • Toshi (Bass) and Gonk (Drums) for one gig only
2003–2004
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Jon Poole - Bass
  • Stidi - Drums
2004–2005
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Jon Poole - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
2005–2006
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Danny - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
2006–2010
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Scott Sorry - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
2010–2012  活動休止
2012-2013
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Scott Sorry - Bass
  • Ritch Battersby - Drums
2013–現在
  • Ginger - Vocals and Guitar
  • CJ - Guitar
  • Jon Poole - Bass
  • Ritch Battersby - Drums

時系列[編集]

ディスコグラフィー[編集]

日本盤のみ記載

タイトル (発売年、発売レーベル)
1 Don't Be Happy... Just Worry(1992年 East west japan)
2 Earth Vs The Wildhearts (1993年 East west japan)
3 P.H.U.Q. (1995年 East west japan)
4 Fishing For Luckies (1996年 East west japan)
5 The Best of The Wildhearts (1997年 East west japan)
6 Endless Nameless (1997年 BMG JAPAN)
7 Moodswings and Roundabouts (1998年 East west japan)
8 Anthem: The Single Tracks (1998年 BMG JAPAN)
9 Tokyo Suits Me (1999年 Mercury Japan)
10 Riff After Riff After Motherfucking Riff (2002年 universal music)
11 The Wildhearts Must Be Destroyed (2003年 universal music)
12 The Wildhearts Strike Back (2004年 universal music)
13 The Wildhearts(邦題『ザ・ワイルドハーツ2007』) (2007年 universal music)
14 Stop Us If You've Heard This One Before, Vol 1. (2008年 Vinyl Junkie)
15 Chutzpah (2009年 Vinyl Junkie)

Chutzpah Jnr. (2010年 Vinyl Junkie)

Chutzpah Dx Edition (2010年 Vinyl Junkie)

脚注[編集]

  1. ^ Wildhearts U.S. Invasion ‘Must Be Destroyed!’ « Beermelodies”. Beermelodies.com. 2012年3月13日閲覧。

外部リンク[編集]