ワイドスクリーン・バロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ワイドスクリーン・バロック(Wide-screen Baroque)はブライアン・オールディスが提唱したサイエンス・フィクションの一部の作品群を表す用語である。

オールディスはチャールズ・L・ハーネスの『パラドックス・メン』を評して、その序文でワイドスクリーン・バロックという言葉を用いた[1]。オールディスによれば、『パラドックス・メン』は

時間と空間を手玉に取り、気の狂ったスズメバチのようにブンブン飛びまわる。機知に富み、深遠であると同時に軽薄 — ブライアン・W・オールディス、『十億年の宴』p.305より 浅倉久志訳

な小説であり、この特徴をワイドスクリーン・バロックとしている。

代表的なワイドスクリーン・バロック作品としてオールディスはアルフレッド・ベスターA・E・ヴァン・ヴォークトの作品を挙げている[1]。日本ではバリントン・J・ベイリーの作品も当てはまるとされている[2][3]

日本ではオールディスのSF史『十億年の宴』が翻訳された後、上記のカテゴリの作品に対してSFファンの間で使用される言葉になったが、日本以外では一般的ではない[2]。また、SF作家の田中啓文は、自身の作品の一部はワイドスクリーン・バロックであるとしている。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『十億年の宴』p.305
  2. ^ a b 『一兆年の宴』p.328 (山岸真による解説のパート)
  3. ^ a b c d 山本弘『トンデモ本?違うSFだ!』洋泉社、2004年、p.145
  4. ^ a b c 大原まり子「ワイドスクリーン・バロック」『SF入門』日本SF作家クラブ編、早川書房、2001年、pp.94-95

参考文献[編集]

  • ブライアン・W・オールディス 『十億年の宴:SF―その起源と発達』 浅倉久志 他 共訳、東京創元社、1980年
  • ブライアン・W・オールディス 『一兆年の宴』 浅倉久志訳、東京創元社、1992年ISBN 4-488-01512-3

関連項目[編集]