ローンウルフ 真夜中の死闘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローンウルフ 真夜中の死闘
Late Phases
200px
監督 Adrián García Bogliano
脚本 Eric Stolze
製作
出演者
音楽 Wojciech Golczewski
撮影 Ernesto Herrera
編集 Aaron Crozier
製作会社
配給 Dark Sky Films
公開
  • 2014年3月9日 (2014-03-09) (SXSW)
上映時間 95分
製作国 United States / Mexico
言語 英語
テンプレートを表示

『ローンウルフ 真夜中の死闘』は、Adrián García Bogliano監督による2014年のアメリカとメキシコの共同制作によるホラー映画で、彼の英語による最初の長編映画。 この映画は、2014年3月9日にサウス・バイ・サウスウエストで初上映され、狼男の犠牲となる盲目の退役軍人役をニック・ダミチが演じた。

あらすじ[編集]

盲目の退役軍人アンブロースが、息子のウィルに連れられて森のそばのシニアタウンに引っ越してくる。ベトナム戦争を生き抜いたアンブロースは、家族に頼らず盲導犬ジャーマン・シェパードと一人と一匹だけで暮らすことに固執しているが、それは息子との関係が良好ではないことも一因であった。引っ越し当日、 彼はメゾネットの壁を隔てた隣人であるデロリスと出会う。その後、近所の住人であるグロリア、アンナ、そしてビクトリアの3人が突然来訪してくる。彼らは最初アンブロースを賞賛するが、彼の態度によってすぐに気分を害されることとなった。その夜、満月の間に、何者かがデロリスの家の台所に侵入し、彼女を惨殺する。 壁越しに騒ぎを聞いていたアンブロースもまた巨大な狼男に襲われてしまう。アンブロースが銃を探すのに手間取っている間、盲導犬が彼を守っていたため、なんとか狼男を撃退することができたのだが、盲導犬は致命傷を負ってしまい、アンブロースは苦しまないようにその手で犬を殺すのだった。翌日、警察が盲導犬を抱きしめて助けを求めるアンブロースを見つけるが、警察は破壊された屋内や襲われたという彼の主張にもかかわらず、その状況を野生動物に襲われたのだと結論付けるのであった。

他の住民たちが森の中で謎の失踪をとげていたり殺害されていたりするのは、匂いや状況から狼男の仕業ではないかと考えたアンブロースは、狼男を退治すべく準備を始める。 彼は亡くなった盲導犬のために真っ白な墓石を買い、少しずつ墓穴を掘り始めた。狼男の呼吸音に独特の音を聴いたアンブロースは、地域の礼拝の集まりに参加し、似たような音をさせる人がいないか自らの周りの人々を監視することにした。住民たちを監視中に、グロリアの家を訪ねたアンブロースはグロリアの夫に出会う。彼女の夫は旧式の人工呼吸器に入っている状態であった。盲目なために、状況を理解できなかったアンブロースは誤って機械を外しそうになってしまう。その状況を見たグロリアはアンブロースが夫を殺そうとしているのではないかと疑い、彼を家から追い出した。 次に、彼の疑いは、ヘビースモーカーだったため喘鳴を発症している教会のロジャー・スミス牧師に向かう。 彼はアンブロースに教会に来るように提案し、家から教会まで地域のシャトルバスを利用するよう促した。バスでは、スミスの友人であり、喘息に起因する似たような喘鳴を抱えているジェームズ・グリフィンと出会う。 アンブロースの生活態度などを不快に思うグロリアたち3人は、ジェームズに彼と一緒にバスに乗りたくないと伝え、ジェームズは彼を私的に送り迎えするとグロリアたちを納得させる。 アンブロースは銃砲店に向かい、店主に銀の弾丸を作るように頼む。 そこで、アンブロースは、ジェームズも以前に銀の弾丸を購入したことを知る。墓石が届くが、アンブロースはまだ墓を掘っていたので、それを裏庭に置く。死んだ盲導犬の臭いや腐敗臭による近隣からの苦情により、アンブロースは警察に監視されるれるようになる。一方で、警察は彼の健康状態を懸念する。しかし、アンブロースは警察に干渉しないように伝える。

次の満月の日、アンブロースはついに墓穴を作り終え、盲導犬の死体を墓穴に横たえる。そうしている間、ジェームズは、グロリア、アン、ビクトリア、そしてビクトリアの夫ベネットと次々と噛んで、彼らに狼男の呪いをかける。アンブロースはグロリアを訪問し、彼女が行方不明でありグロリアの夫の頭が切断されているのを発見する。すぐに武装するために家へ戻るアンブロース。ジェームズは自分が狼男であることをスミス牧師に告白するが、牧師は神に祈ることでその衝動を抑えられると言い変身するまで彼を信じなかった。そうこうしているうちに、変身の瞬間を目にした牧師は驚いて恐怖から逃げだすと、狼男は彼を追いかけて殺害する。 家に戻ったアンブロースは息子ウィルに電話をし、ウィルが疑っているように亡き妻の指輪を売ったわけではなく失くしたのだと明らかにする。彼は自分が今夜を生き残ることはできないだろうと信じていたので、自らの態度を謝り、別れを告げる。アンブロースは補聴器を用いて聴覚を研ぎ澄まし、ライフルやブービートラップでもって隣近所を襲い集まっている狼男たちを素早く殺していく。彼は4人の狼男を殺したがジェームズに噛まれてしまう。戦っているうちに、裏庭に移動した二人だったが、アンブロースはついにジェームズを殺す。そして、静かにポーチに座る。父の最後の言葉を聞いたウィルは急いで彼の家に駆けつけ、人間の姿に戻りつつある狼男、そして父アンブロースが死んでいるを発見する。彼は怪我によって狼男とならないように、戦いに赴く前にわざと薬を過剰摂取したのであった。

その後、ウィルと彼の妻は夕暮れ時に父親の葬儀に立ち合い、そこでウィルは三つ折りの旗を受け入れ、それを妻に渡す。 それから、彼は父のライフル銃を取り出し、新月を狙い、発砲するのだった。

配役[編集]

  • アンブロース・マッキンリー:Nick Damici
  • ウィル・マッキンリー:イーサン・エンブリー
  • グリフィン:ランス・ゲスト
  • Clarissa:ティナ・ルイーズ
  • グロリア B:ルターニャ・アルダ
  • エマ:ケイトリン・オヘイニー
  • アン:エリン・カミングス
  • ロジャー・スミス牧師:トム・ヌーナン
  • オブライエン:ラリー・フェッセンデン
  • ベネット:アル・サピエンツァ
  • Lang巡査:Bernardo Cubria
  • デロリス:カレン・リン・ゴーニー
  • ビクトリア・Kaye:Karron Graves
  • ネルソン:Haythem Noor
  • エドワード:カリームサヴィノン

製作[編集]

Boglianoは、Stolzeが書いた脚本に感銘を受けたので、2012年にローンウルフ 真夜中の死闘を撮影する意向を最初に発表した。[1] 2013年2月にNick Damiciが主演していることが確認され[2]、同年6月にニューヨークのハドソンバレーで撮影が開始された。[3] ダミチにとって目が見えない人を演じるのは難しかったが、「you "can't just blindfold yourself to learn because it doesn’t work that way. Even when you’re blindfolded you’re seeing more than a blind person sees. I just had to do it looking peripherally and trusting Adrian that it came off okay」と述べている。[4] 映画における最大の難関は狼男の変身シーンであったが、Bogliano氏は「プロデューサーたちは、最終的に完成するまでうまくいくかどうかを知っていたね」と指摘している。 [4] 映画の見せ場をプロデュースしたフェッセンデンは、特殊効果アーティストのロバート・クルツマンを招いた。 Fessendenは、Kurtzmanが狼男が好きだったので映画製作に参加することに同意したと述べている。[5]

批評[編集]

この映画はさまざまな批評がされている。Shock Till You Dropは 、この映画にlukewarm reviewを与え、それは「たまにスリリングで、明らかに『プレスリーVSミイラ男』みたいな雰囲気」とコメントする一方で、 『プレスリーVSミイラ男』が持っていたominpresent quirkinessとエネルギーを持っていない」ともコメントしている。[6] Twitch Filmは映画全体をけなして、「それは脚本上ではうまくいくように思えるコンセプトだが、結局、羊よりもむしろ狼のなかに多くの群れを入れるとどうなるかについての警告になってしまう」 [7] この映画を「過激な狼男の暴力、明白な父子関係、贖い、そして多くの心の物語である」としたBloody Disgustingのパトリック・クーパーは5点中5点の満点を映画に与えた。「それは面白くて、大胆で、そしてエキサイティングですが、いつ引き戻して感情を引き込むべきかを知っています。 簡単に言えば、それは恐怖の上で成し遂げるもののおかげで狼男のジャンルの傑作になっている、そしてそれは本当に感情的で、父と息子の心からの物語を届けている。」とも評している。 [8]

リリース[編集]

この映画は、2014年4月にスタンレー映画祭で上映される映画に選ばれた。 2015年3月10日には、ビデオオンデマンド、デジタルダウンロード、そしてダークスカイフィルムによるブルーレイとDVDとしてリリースされた。 [9] この映画は2019年7月現在Netflixにてストリーミング配信されている。

参考文献[編集]

  1. ^ Exclusive: Adrián García Bogliano on His New Project - Late Phases”. Dread Central. 2014年3月13日閲覧。
  2. ^ Burkart. “'Stake Land' Star Nick Damici to Lead Cast of 'Late Phases'”. Fearnet. 2014年3月13日閲覧。
  3. ^ Burkhart. “Cameras Rolling on Bogliano's 'Late Phases'”. Fearnet. 2014年3月13日閲覧。
  4. ^ a b Nick Damici And Adrian Garcia Bogliano Go Through 'Late Phases'!”. Bloody Disgusting. 2014年3月13日閲覧。
  5. ^ Gingold (2014年11月14日). “Ithaca Fantastic Fest: Producer Larry Fessenden Talks "LATE PHASES"”. Fangoria. 2015年12月22日閲覧。
  6. ^ Turek. “SXSW Review: Late Phases Has a Lot of Heart and Gore, Too”. Shock Till You Drop. 2014年3月13日閲覧。
  7. ^ Jarzemsky. “SXSW 2014 Review: LATE PHASES Is A Dollar Short”. Twitch Film. 2014年3月13日閲覧。
  8. ^ Cooper. “Fantasia '14 Review: Late Phases Is a Badass Werewolf Shocker With Loads of Heart”. Bloody Disgusting. 2014年7月22日閲覧。
  9. ^ Squires (2015年1月23日). “Superior Werewolf Film Late Phases Howls at Home Video Release”. Dread Central. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク[編集]