ローレンス・ローゼン (弁護士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Larry Rosen
テンプレートを表示

ローレンス・ローゼンLawrence Rosen短くLarry Rosen)は、弁護士(事務系の弁護士、attorney)であり、コンピュータ・スペシャリスト(専門家)である。彼はRosenlaw & Einschlagというカリフォルニア州の技術系ロー・ファームの共同設立者である。同所は技術系企業向けに知的財産権の保護、ライセンシング、商業取引を専門に扱う。同時に彼はOpen Source Initiative法務顧問general counsel)ならびに書記を務め、Apacheソフトウェア財団Pythonソフトウェアプロジェクト(Pythonソフトウェアの一覧英語版参照)、そしてFree Standards Group(当時)などオープンソース企業ならびにプロジェクトへの法的な助言を行っている[1]

ローゼンは2006年春季までスタンフォード・ロー・スクール英語版における法学の講師を務めていた[1]

彼はAcademic Free LicenseならびにOpen Software License英語版の著作権者である。また彼はOpen Web Foundation英語版、Apacheソフトウェア財団の理事を務める。

脚注[編集]

  1. ^ a b LAWRENCE ROSEN (PDF)”. www.rosenlaw.com. 2011年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]