ローレル指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ローレル指数(ローレルしすう、Rohrer index)は児童・生徒の肥満の程度を表す体格指数。フリッツ・ローラー(Fritz Rohrer, 1888年 - 1926年、生理学、スイス)によって提唱され、原音に近い表記は「ローラー」となる[1]

日本では学童期小児の体格判定に用いられてきたが、身長の影響を大きく受けるため、年齢や性別によって標準値が変動するという欠点がある[1]。小学校低学年では120から140まで、高学年では110から135までぐらいを呈する[1]

以下の計算式で示される。

体重が(kg)、身長が(m)の人のローレル指数は、

で表される。例えば身長140cm (1.4m)、体重35kgの場合、

となる。単位は“kg/m3”。

ローレル指数が130程度で標準的な体型とされ、プラスマイナス15程度に収まっていれば標準とされる。また、プラス30以上となると太りすぎ、マイナス30以下となると痩せすぎと判断される。肥満の判定基準は160以上で、一般には120から130までが正常とされている。

ローレル指数はあくまで学童を対象とした指数であるため、成人(高校生以上)に対してはボディマス指数 (BMI) を使うことが多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 医学大辞典第2版

関連項目[編集]