ローレル・K・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ローレル・K・ハミルトン
Laurell K. Hamilton
誕生 ローレル・ケイ・クライン (Laurell Kaye Klein)
(1963-02-19) 1963年2月19日(55歳)
アメリカ合衆国の旗 アーカンソー州ヒーバー・スプリングス
職業 作家、小説家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1993年 -
ジャンル ファンタジーエロスロマンスホラーSF
代表作 アニタ・ブレイクシリーズ英語版
妖精王女メリー・ジェントリーシリーズ英語版
公式サイト www.laurellkhamilton.org
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ローレル・K・ハミルトンLaurell Kaye Hamilton1963年2月19日 - )は、アメリカ合衆国ファンタジーロマンス作家[2]

代表作は、アニタ・ブレイクシリーズ英語版妖精王女メリー・ジェントリーシリーズ英語版。前者は、蘇生師でありヴァンパイア・ハンターであるアニタ・ブレイクの活躍やロマンスが描かれるストーリーで、600万部以上が発行されているほか、コミック化もされている[1]。後者は、妖精の王女という正体を隠しながら私立探偵業をするメリー(メレディス)・ジェントリーの物語である。

私生活[編集]

アーカンソー州ヒーバー・スプリングス英語版に生まれ、幼い頃に母を交通事故で亡くし[3]インディアナ州シムズ英語版で祖母に育てられる[4]。同州マリオン英語版にある、きよめ派ウェズリアン教会英語版と提携する私立のリベラル・アーツ・カレッジ、マリオン・カレッジ(現・インディアナ・ウェズリアン大学英語版)で英語と生物学の学位を取得。同校で後の夫となるゲイリー・ハミルトンと出会う。2人の間には娘が1人いる[5]

動物関係のチャリティー活動にいくつも関わっており、特に犬の救助やオオカミの保護活動に熱心である[6]

近年は、ミズーリ州セントルイス[7]夫のジョナサン・グリーンと娘のトリニティと暮らしている。


アニタ・ブレイクシリーズへの反応[編集]

作品リスト[編集]

アニタ・ブレイクシリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年月
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 備考
1 十字の刻印を持つふたり Guilty Pleasures 1993年 2006年4月 小田麻紀 ソニー・マガジンズ
2 The Laughing Corpse 1994年
3 亡者のサーカス Circus of the Damned 1995年 2007年1月 小田麻紀 ヴィレッジブックス
4 異形の求愛者 The Lunatic Cafe 1996年 2008年5月 小田麻紀 ヴィレッジブックス
5 幽霊たちが舞う丘 Bloody Bones 1996年 2009年4月 小田麻紀 ヴィレッジブックス
6 漆黒の血のダンス The Killing Dance 1997年 2010年11月 小田麻紀 ヴィレッジブックス
7 Burnt Offerings 1998年
8 Blue Moon 1998年
9 Obsidian Butterfly 2000年
10 Narcissus in Chains 2001年
11 Cerulean Sins 2003年
12 Incubus Dreams 2004年
13 Micah 2006年 中編
14 Danse Macabre 2006年
15 The Harlequin 2007年
16 Blood Noir 2008年
17 Skin Trade 2009年
18 Flirt 2010年2月 中編
19 Bullet 2010年6月
20 Hit List 2011年6月
21 Beauty 2012年5月 中編
22 Kiss the Dead 2012年6月
23 Affliction 2013年7月
24 Dancing 2013年9月 中編
25 Shutdown [注 1] 短編[8]
26 Jason 2014年12月
(予定)
中編
27 Dead Ice 2015年7月
(予定)

妖精王女メリー・ジェントリーシリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
1 輝ける王女の帰還 A Kiss of Shadows 2000年 2008年10月 阿尾正子 ヴィレッジブックス
2 嘆きの女神の秘密 A Caress of Twilight 2002年 2010年1月 阿尾正子 ヴィレッジブックス
3 Seduced by Moonlight 2004年
4 A Stroke of Midnight 2005年
5 Mistral's Kiss 2006年
6 A Lick of Frost 2007年
7 Swallowing Darkness 2008年
8 Divine Misdemeanors 2009年
9 A Shiver of Light 2014年

脚注[編集]

  1. ^ 2013年10月1日から17日まで続いたアメリカ政府機関閉鎖の期間中のみオンライン上で無料公開されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b Works by Laurell K Hamilton”. 2010年10月6日閲覧。
  2. ^ Alisa McCune. “A Conversation With Laurell K. Hamilton”. SF Site. 2012年8月17日閲覧。
  3. ^ 小田麻紀 訳者あとがき 『十字の刻印を持つふたり』 ヴィレッジブックス p.481 - p.485
  4. ^ Candace Benefiel (2006). Reading Laurell K. Hamilton. Libraries Unlimited. pp. 110. ISBN 0313378355. http://books.google.com/books?id=Ew5Ln4Qy9UYC&printsec=frontcover&dq=reading+laurell+k+hamilton&hl=en&sa=X&ei=x1qPUI_bJITB0QGxuICICQ&ved=0CCwQ6AEwAA#v=onepage&q=internet&f=false. 
  5. ^ Locus Online: Laurell K. Hamilton interview (excerpts)”. ローカス (2000年9月). 2014年9月18日閲覧。
  6. ^ Laurell K. Hamilton Interview, Horror Author”. Flames Rising. 2012年10月30日閲覧。
  7. ^ Laurell K. Hamilton”. 2009年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月14日閲覧。
  8. ^ Laurell K. Hamilton (2013年10月8日). “A present from me to you, because our government is behaving badly”. laurellkhamilton.org. 2013年11月14日閲覧。

その他のソース[編集]

文芸関連
  • Blood Read: The Vampire as Metaphor in Contemporary Culture. フィラデルフィア: University of Pennsylvania Press. (1997). ISBN 0-8122-1628-8. 
  • John Lennard (2010). “Of Sex and Faerie: Meredith Gentry's Improbable Code of Orgasm and Other Paranormal Romance”. In John Lennard. Of Sex and Faerie: Further essays on Genre Fiction. Tirril: Humanities-Ebooks. pp. 112–164. ISBN 978-1-84760-171-1. 
  • Reading Laurell K. Hamilton. コロラド: Libraries Unlimited. (2011). ISBN 0-3133-7835-5. 
インタビュー

外部リンク[編集]