ローラ・THL2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローラ・THL2
カテゴリー F1
コンストラクター チーム・ハース (USA) Ltd.
デザイナー ニール・オートレイ(テクニカルディレクター)
ジョン・ボールドウィン(チーフデザイナー)
ロス・ブラウン(エアロダイナミクス)
先代 THL1
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー/ハニカムコンポジット複合構造モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルズプリング, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プルロッド, コイルズプリング, アンチロールバー
トレッド 前:1,803 mm (71.0 in)
後:1,625 mm (64.0 in)
ホイールベース 2,794 mm (110.0 in)
エンジン フォード TEC, 1,497 cc (91.4 cu in), 120° V6, ツインターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド / FORCE 6速 MT
重量 545 kg (1,200 lb)
燃料 BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム チーム・ハース (USA) Ltd.
ドライバー 15. オーストラリアの旗 アラン・ジョーンズ
16. フランスの旗 パトリック・タンベイ
16. アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1986年サンマリノグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
14 0 0 0
テンプレートを表示

ローラ・THL2 (Lola THL2) は、チーム・ハース1986年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。デザイナーはニール・オートレイ

開発[編集]

THL2はチームオーナーのカール・ハースの所有する設計会社、FORCEによって設計、製造された。FORCEの空力担当の技術者の中には後に名を挙げたロス・ブラウンエイドリアン・ニューウェイがいた。THL2は、ハートエンジンを搭載していたTHL1の発展型であった。

THL2の搭載したエンジンは新型のフォード-TECV6ターボエンジンで、900 bhp (671 kW; 912 PS)を発揮した。750 bhp (559 kW; 760 PS)のハートエンジンよりは出力が向上したものの、当時は1,300 bhp (969 kW; 1,318 PS)を発揮したルノーのV6エンジンや1,400 bhp (1,044 kW; 1,419 PS)を発揮したBMWの直4エンジンには劣っていた。この事実は、THL2がベストハンドリングカーと判断されるようになると、ジョーンズやタンベイにとってはフラストレーションのたまる原因となった。ジョーンズとタンベイは、予選で上位に上るためコスワースキース・ダックワースに対してルノーやBMW、ホンダのようなよりパワーの出る予選用スペシャルエンジンを組み上げてくれるよう何度も要求した。しかしながらその要求は拒否された。ダックワースやフォード、コスワースはドライバーからの要求に対して、確立された信頼性の方がより良い成績に貢献すると信じていた。

レース戦績[編集]

チームは前年と異なり2台体制でシーズンに臨んでいた。ドライバーは1980年のチャンピオンであるオーストラリア人ドライバーのアラン・ジョーンズと、チームメイトはフランス人ドライバーのパトリック・タンベイであった。THL2はジョーンズの手によって第3戦サンマリノグランプリでデビューした。

ジョーンズは1975年から81年にかけて12勝を挙げ、チーム・ハースでの初戦は1985年イタリアグランプリであった。タンベイはルノーファクトリーで2シーズンを過ごし、それ以前はフェラーリにも在籍していた。彼は3勝を挙げていたが、全てがフェラーリ在籍時代の物であった。

1986年シーズン、ジョーンズは4ポイントを獲得し、シーズン終了後にF1を引退した。タンベイはオーストリアで5位に入り2ポイントを獲得した。タンベイもシーズン終了後にF1を離れる。チーム自体もメインスポンサーのベアトリス・フーズが手を引いたことでF1から撤退する。THL2の予選における最高成績は、ハンガリーにおけるタンベイの6位で、パワーよりもハンドリングか重要となるハンガロリンクでこの成績を出したことはTHL2のハンドリングの良好さを証明することとなった。

前作のTHL1同様、THL2もローラと呼ばれたが、ローラ・カーズとの接点はチームオーナーのカール・ハースがローラ創設者のエリック・ブロードレイと知り合いであったという点しかなかった。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1986年 チーム・ハース (USA) Ltd. フォード TEC
V6 tc
G BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
MEX
メキシコの旗
AUS
オーストラリアの旗
6 8位
アラン・ジョーンズ Ret Ret 11 10 Ret Ret Ret 9 Ret 4 6 Ret Ret Ret
パトリック・タンベイ Ret Ret Ret Ret Ret 8 7 5 Ret NC Ret NC
エディ・チーバー Ret

参照[編集]

  1. ^ STATS F1 - Lola THL2”. Statsf1.com. 2010年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]