ローランド・アルフォンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ローランド・アルフォンソ
別名 ローリー
生誕 1931年1月12日
 キューバ ハバナ
死没 1998年11月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル スカ
レゲエ
職業 サクソフォーン奏者
担当楽器 サクソフォーン
共同作業者 ザ・スカタライツ
ザ・ソウル・ブラザーズ
ザ・ソウル・ベンダーズ

ローランド・アルフォンソRoland AlphonsoあるいはRolando Alphonso1931年1月12日 - 1998年11月20日)は、主にジャマイカで活躍したテナーサクソフォーン奏者。

あだ名はローリー。ジャマイカからチーフ・ミュージシャンの勲章をもらい、サインする際には必ずそれを書き込んでいた[1]

生涯[編集]

ローランド・アルフォンソはキューバハバナで生まれた。アルフォンソが2歳の時、ジャマイカ人の母と共にジャマイカに移住、その後ストーニー・ヒル・インダストリアル・スクールに入学し、サクソフォーンを学ぶ。

1948年、エリック・ディーンズ・オーケストラ(Eric Dean's Orchestra)に入団するために学校を去ったアルフォンソは、他のバンドと様々なホテルで演奏しながら、1952年にババ・モッタ(Baba Motta)のグループのメンバーとして初のレコーディングをした。

1950年代中期ほどに、クルエット・ジョンソン(Cluett Johnson)のバンド、Clue J & The Blues Blastersに参加したアルフォンソは、コクソン・ドッドの下、ジャマイカ式R&Bのセッションを数多く行う。1960年にはデューク・リード、ロイド・マタドール・デリー、そしてキング・エドワーズのような、様々なプロデューサーとレコーディングをした。この時期、ジ・アレイ・キャッツ、ザ・シティ・スリッカーズ、アーベリー・アダムス&ザ・デュー・ドロッパーズ、他多くのバンドで演奏している。1963年、数ヶ月をバハマナッソーで過ごした後、ザ・スタジオ・ワン・オーケストラの創設の一員となり、新たにオープンしたコクソンのレコーディングスタジオのバンドとして初のセッションを行う。そしてこのバンドはまもなく「ザ・スカタライツ」と名付けられた。

数年後の1965年8月にザ・スカタライツは解散、アルフォンソはジョニー・ムーアジャッキー・ミットゥ達とザ・ソウル・ブラザーズ[2]を創設する。1973年には自らの名を冠したファーストアルバムをスタジオ・ワン・レーベルからリリースした。

1970〜1990年代の間に、ジャマイカのスタジオでの、特にバニー・リーとの仕事や、多くのバンドとのツアーを行い、非常に多くのレコードをリリースしている。また、ジャマイカ政府からOfficer of the Order of Distinction (OD) を1980年に授与され、米国へのツアーを開始する。アルフォンソは1983年のスカタライツ再結成時にも参加、1998年に死去するまでの間、コンスタントにツアーやレコーディングを行っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リットーミュージック『スカ・ディスク・ガイド』P.21
  2. ^ 1967年にはザ・ソウル・ベンダーズと改名。

外部リンク[編集]