ローマ (戦艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローマ
Italian battleship Roma (1940) starboard bow view.jpg
竣工当時の「ローマ」
基本情報
建造所 カンティエーリ・リウニーティ・デッラドリアーティコ
運用者  イタリア王立海軍
艦歴
起工 1938年9月18日
進水 1940年6月9日
就役 1942年6月14日
最期 1943年9月9日に戦没
要目
基準排水量 43,624 トン
満載排水量 45,752 トン
全長 224.5 - 237.8 m
最大幅 32.9 m
吃水 10.5 m
ボイラー 水管ボイラー8缶
主機 蒸気タービン4基4軸、140,000 hp
最大速力 31.50ノット (58 km/h)
乗員 兵員1,830名(旗艦時1,910名)
兵装 50口径381mm砲9門
55口径155mm砲12門
50口径90mm砲12門
50口径37mm砲20門
65口径20mm砲30門
搭載機 3機(IMAM Ro.43 または Re.2000
テンプレートを表示

ローマ (Roma) は、イタリア海軍戦艦ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦の4番艦。艦名はローマに因む。

艦歴[編集]

戦艦「ローマ」

ローマはトリエステ1938年9月18日に起工され、1940年6月9日に進水した[1]。1941年3月にマタパン岬沖海戦で戦艦ヴィットリオ・ヴェネトが損傷。シャフトブラケットが破損しておりローマのものを用いて修理することになったため、4月4日にローマは曳航されてトリエステを出発しヴェネチアへ向かった[1]。ヴェネチアには翌日に到着し、ドックでシャフトブラケットがとりはずされた後再び曳航されてトリエステへ向かい、4月18日に着いた[1]1942年6月14日にローマはイタリア海軍に引き渡された[2]

ローマは1942年8月21日にトリエステを離れ、駆逐艦アスカリ、ボンバルディエーレ、フチリエーレ、レジオナリオ に護衛されてタラントへ向かい、翌日到着して第9戦隊に加わった[3]。11月12、13日に第9戦隊はタラントからナポリへ移動した[4]。12月4日にナポリはアメリカ軍による爆撃を受け巡洋艦に大きな損害が発生。そのため第9戦隊は駆逐艦部隊護衛されて12月6日にナポリを離れてラ・スペツィアへと向かい、翌日到着した[5]。1943年2月12日から20日までジェノバでドック入りした[6]

4月14日、19日、6月5日とラ・スペツィアには空襲があり、6月5日にはローマにも損害が生じた[7]。6月5日の空襲はアメリカ軍のB-17爆撃機により行われたもので[8]、ローマは艦首付近の水中で爆発した2発の2000ポンド爆弾により損傷した[9]。1発目の爆弾は右舷側に命中して貫通し、水中で爆発して6×5mほどの穴を開けた[9]。2発目は左舷側で、船体に8×5mの穴を生じさせた[9]。それによりおよそ2350トンの浸水があった[9]。6月23、24日夜にもイギリス軍のアブロ・ランカスター爆撃機による空襲があり、ローマにも小型爆弾2発が命中した[10]。ローマは7月1日に修理のため駆逐艦ミトラリエーレ、ヴィンチェンツォ・ジョベルティ、プレムダなどに護衛されてジェノバへ移動し、7月3日から8月13日までドックで修理が行われた[11]。8月13日にドックを出ると、駆逐艦ミトラリエーレ、カラピニエーレ、フチリエーレの護衛でその日のうちにラ・スペツィアに戻った[12]

イタリア降伏と撃沈[編集]

爆沈する戦艦「ローマ」。爆炎の左側に艦首が見える

1943年9月8日にイタリア連合国に降伏し、ローマは他の艦艇と共にラ・スペツィアを離れる。ローマは艦隊司令官のカルロ・ベルガミニ提督旗艦であり、艦長はアドーネ・デル・チーマであった。艦隊は戦艦ヴィットリオ・ヴェネトイタリア、3隻の巡洋艦および8隻の駆逐艦から成り、他の艦は巡航の途中に合流した。

翌日、艦隊はサルデーニャ北部のアシナラ島近くでドイツ空軍ドルニエ Do 217 12機の攻撃を受けた。部隊はイストルを発進した第100爆撃航空団であった。

バドリオ元帥は攻撃を受けた場合の反撃だけを命じ、その命令は当初遵守された。しかしながら、艦隊が最後に対空砲火を開いた時、ドイツ機は艦隊の射程外 (5,000m) にあった。

ドイツ軍機は新型兵器であるフリッツXによる攻撃を行った。最初に攻撃を受けたのはイタリアであった。しかしながらイタリアは速力を維持し、その後、ローマが直撃弾を受けた。1発目は艦中央部の90mm対空砲基部の間に命中し、甲板と側面を貫通、艦内部で爆発した。この爆発により速力は10ノット (19 km/h) に低下した。続いて2発目が2番砲塔と艦橋の間の左甲板に命中し、砲塔が爆発、艦は炎上し始めた。

16:12に艦は爆発し、ベルガミニ提督、デル・チーマ艦長を含む1,350名の乗組員が死亡、艦は断裂し沈没した。596名がひどい火傷を負いながらも救助された。

ローマは誘導爆弾によって沈められた最初の主力艦であった。

2012年6月28日、イタリア海軍はサルデーニャ島の北方30キロ沖合、水深1000メートルの海底にて沈没したローマの残骸を発見したと発表した。[13]

画像[編集]

参考文献[編集]

  • Erminio Bagnasco, Augusto de Toro, The Littorio Class: Italy's Last and Largest Battleships 1937-1948, Seaforth Publishing, 2011, ISBN 978-1-84832-105-2

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Littorio Class, p.125
  2. ^ The Littorio Class, p.128
  3. ^ The Littorio Class, p.229
  4. ^ The Littorio Class, pp.232,249
  5. ^ The Littorio Class, pp.25-251
  6. ^ The Littorio Class, p.321
  7. ^ The Littorio Class, p.322
  8. ^ The Littorio Class, p.262
  9. ^ a b c d The Littorio Class, p.340
  10. ^ The Littorio Class, p.264
  11. ^ The Littorio Class, pp.267,322
  12. ^ The Littorio Class, p.267
  13. ^ イタリア版「戦艦大和」、海底で残骸を発見 - AFPBB News

外部リンク[編集]