ローバー美々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ろーばーみみ
ローバー美々
プロフィール
別名義 かわのえりこ
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 AB型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 cm / kg
活動
デビュー 1990年
ジャンル テレビ・雑誌
モデル内容 一般
モデル: テンプレート - カテゴリ

ローバー美々(ローバー・みみ、旧芸名・かわのえりこ・生年月日1970年2月10日 )は、神奈川県出身のセクシー系女性タレント。芸名の由来はロバの耳と英国車ローバー・ミニからとっているといわれている。「K-POP洗脳家 ローバー・美々」を名乗っている[1]

来歴・人物[編集]

身長164cm、スリーサイズB83・W60・H86、靴のサイズ24.5cm。3歳以降は埼玉県三芳町で育つ[2]

16歳の高校生の時に文化放送のラジオ、およびフジテレビ夕やけニャンニャン「ザ・スカウトアイドルを探せ」出演をきっかけに芸能界デビュー。鈴鹿サーキットの「鈴鹿サーキットレディ」、NHK教育テレビの「とびだせたんけんたい」のお姉さん役などの経歴を持つ。

1994年10月に放送を開始した日本テレビどんまい!!スポーツ&ワイド」の月曜日(後に木曜に移動)の日替わりエンターテインメントゾーン・「ロバの耳そうじ」でいわゆる下ネタ系のニュースを紹介するキャスター・ローバー美々として出演するようになり、以後このキャラクター名がそのまま芸名となる。大股開きニュースが話題になったことで、テレビのバラエティー番組や東京スポーツのコラム執筆など多方面に活躍する。

その後、自身で芸能プロダクションを設立。グラビアアイドルなどを手がけ好調だったが後に閉鎖。会社を設立前に韓国の芸能界にもパイプを持つため、1年間韓国に語学留学する(大学の授業が終わり、午後から芸能プロダクションを訪ねる韓国生活)。この経験を生かして、韓流スターとの交流を韓国語で行った。今まで出会った韓流スターには、チャン・ドンゴンキム・スンウコン・ヒョンジン等がいる。現在K-POP(韓国音楽)に携わる活動を目標にプロモーション展開。イ・ヒョリチェヨンワンダーガールズコヨーテジュエリーを好んで聴く。韓国語を忘れないため、家のTV放送は韓国のチャンネルにあわせ、一日中K-POPを流している。

スカパーMONDO21の「もっこりパラダイス」(現「もっパラ」)で2年ぶりに芸能界に現役復帰。芸能関係の仕事がない日は会社員として勤務しており、タレント業はセミリタイアの立場をとっている。さらに2009年12月21日発売の週刊大衆年末合併号にて、篠原潔撮影により10年ぶりにグラビア活動も再開した。

中日ドラゴンズファンで球場観戦を趣味とする。また、格闘技ファンでミルコ・クロコップが好き。女優の水谷ケイとは友人であり、ローバー美々のブログに時々登場する。

現在、ブログの更新を韓国語ハングル)で表記する事もある。(ブログにお勧めK-POPPVを貼る事が多い)ツイッター表記も韓国語で表記する事が多い。韓国の友人とのやりとりをハングルでする。少女時代が来日時にはライブに行き、少女時代の唄や踊り、美脚を堪能するほどK-POPが好き。韓国語を忘れない為、韓国街の「新大久保」に住む。

K-POP好きが高じて、「もっパラ」では第14回から「ガールズK-POPコーナー」を担当するほか、新宿にあるスナック「ミラクルガール」で毎週金曜日に「ローバー・美々のコスプレK-POPナイト」をプロデュースし、自らDJもつとめている。このほか、K-POPダンスフェス「DREAM ON」(渋谷O-EASTで開催)司会を務めたり、CD「K-POP PARTY MIX~Best of K-POP Cover Selection~」(Farm Records )の監修などをおこなっている。

出演作品[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

コサキンこと小堺一機関根勤がパーソナリティの深夜番組。「ローバー美々」になる以前から「かわのえりこ」として出演。ここでは「たろさ」とも呼ばれていた(本人の弁によると、性格などが「太郎さんっぽい」事から付けたとのこと)。番組最終回を記念して赤坂サカスで開催された「さよならコサキン・ふれあいイベント」での番組公開収録で久し振りにミス・コサキンとして番組に姿を見せ、番組内で全く踊れなかった「ケツケツダンス」を披露した。

写真集[編集]

映画・Vシネマ[編集]

  • パチンコバトルロワイヤル(主演)
  • ザ・代紋4
  • なんぼのもんやねん(主演)
  • まっすぐいこうぜM-1への道
  • 烈風
  • 人妻薫る肌(主演)
  • 愛義母(主演)
  • 高級人妻性感エステ オイルマッサージの恍惚(主演)
  • ミナミの遊侠伝 なんぼのもんやねん2(ヒロイン望月房子役)
  • コスプレ戦士 キューティナイト
  • まむしの兄弟(初ヌード)
  • 赤い服の女(主演)(イーネット・フロンティア

グラビア活動[編集]

イメージ[編集]

  • お股せ!いたしました〜(2012年12月14日、キングダム
  • m♡MIMI(2013年2月8日、キングダム)

その他[編集]

  • ユニットグループ「COW GIRL」CDデビュー(1996年・バンダイ・ミュージックエンタテインメント)MACARENA日本語ヴァージョン
  • 東京スポーツ「ガチンポ」(10年間レギュラー連載)
  • 東京中日スポーツ連載
  • 週刊実話「オンナの下心ビフォーアフター」連載
  • スコラ「リベンジ新聞」連載
  • ヤングマガジンエグゼクタ「1995の目撃者たち」オウム真理教総本部にてグラビア撮影(宮澤正明撮影)(宮澤正明写真館 携帯待受)
  • 大井競馬「トゥインクルレディース」
  • フロム・エー「フロムエーレーシング サーキットレディ」
  • 中古車販売「アップル」CM、キャンペーンガール
  • 高須基仁主催「熟女クイーンコンテスト」司会レギュラー
  • 週刊プレイボーイ(2009年2月・集英社)「芸能界復帰単独インタビュー掲載 私は股を開くために生まれてきた」
  • コリアエンターテイメントジャーナル(2009年10月)「ローバー・美々 セクシータレントが語るK-POPの魅力」
  • 週刊大衆「美女トーク」(2010年5月)
  • フラッシュ プロデュースイワタグラビア(2010年9月)
  • 月刊エンタメ「少女時代 VS KARA」ガールズK-POPについてのインタビュー(2010年10月)
  • K-POPダンスフェス「DREAM ON」司会(2011年1月~・渋谷O-EAST)
  • ニコ生ニコジョッキー 鼠先輩&ローバー美々「人間放談」生放送司会(2012年10月~隔週火曜日)
  • DMM.com「聞いてK-POP」生放送パーソナリティ(2012年12月~隔週金曜日)

脚注[編集]

  1. ^ 本人のオフィシャルブログの冒頭説明より [1]
  2. ^ 2009年2月11日の本人のブログより [2]

外部リンク[編集]