ロード島の要塞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロード島の要塞
Il colosso di Rodi
監督 セルジオ・レオーネ
脚本 エンニオ・デ・コンチーニ
チェーザレ・セッチア
セルジオ・レオーネ
ルチアーノ・マルティーノ
製作 ミケーレ・スカリオーネ
出演者 ロリー・カルホーン
レア・マッサリ
ジョルジュ・マルシャル
音楽 アンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ
撮影 アントニオ・バレステロス
配給 MGM
公開 イタリアの旗 1961年8月25日
アメリカ合衆国の旗 1961年12月13日
日本の旗 1962年5月1日
上映時間 イタリアの旗 139分
アメリカ合衆国の旗127分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
スペイン語
英語
テンプレートを表示

『ロード島の要塞』(ろーどとうのようさい、原題 伊:Il colosso di Rodi、英:The Colossus of Rhodes)は1961年製作のイタリア映画、「剣とサンダル」と呼ばれる歴史劇の一本であり、後にマカロニ・ウェスタンの代表的作家となるセルジオ・レオーネの監督としての初クレジット作品である[1]。 ロードス島にかつて実在したとされる世界の七不思議のひとつ、《ロドス島の巨像》の伝説と島を襲った大地震の史実に基づいており、またMGMが製作、配給を手がけたために他の「剣とサンダル」映画と比して圧倒的に潤沢な予算を背景とした豪華なセット、撮影規模が見所となっている。

ストーリー[編集]

紀元前280年、ギリシャ軍の勇敢な戦士ダリオスは叔父のリシポを訪ねるためにロードス島にやってきた。折しもロードス島はギリシャの敵国であるフェニキアの脅威が迫っており、その港には守護神アポロンを模した巨像が今まさに完成しようとしていた。除幕式の日、ロードス王セルセの命を狙う者があったが、暗殺者は側近の手に寄って討ち果たされた。島を覆う不穏な空気を感じたダリオスは、王宮で知り合った娘ディアラの魅力に翻弄される中で、王国に、そして巨像にまつわる陰謀に巻き込まれていく事となる...。

キャスト[編集]

  • ダリオス(アテネの勇敢な戦士) : ロリー・カルホーン
  • ディアラ(カレーテの娘) : レア・マッサリ
  • ペリオクレス(反政府軍のリーダー) : ジョルジュ・マルシャル
  • タール(ロード島宰相) : コンラード・サルマルティン
  • ミルテ(反政府ゲリラの一員) : メーベル・カー
  • リシポ(ダリオスの伯父) : ホルヘ・リガウド
  • セルセ(ロード島国王) : ロベルト・カマルディエル
  • カレーテ(巨像の建築家) : フェリックス・フェルナンデス


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 監督業自体は、途中降板したマリオ・ボンナルドの代役を務めた『ポンペイ最後の日』にて既に経験している(但しノンクレジット)

外部リンク[編集]