ロード・オブ・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロード・オブ・ウォー
Lord of War
監督 アンドリュー・ニコル
脚本 アンドリュー・ニコル
製作 ニコラス・ケイジ
ノーマン・ゴライトリー
アンディ・グロッシュ
アンドリュー・ニコル
クリス・ロバーツ
テリー=リン・ロバートソン
フィリップ・ルスレ
製作総指揮 ブラッドリー・クランプ
クリストファー・エバーツ
ファブリス・ジャンフェルミ
ゲイリー・ハミルトン
マイケル・メンデルソーン
アンドレアス・シュミット
ジェームズ・D・スターン
出演者 ニコラス・ケイジ
音楽 アントニオ・ピント
撮影 アミール・モクリ
編集 ザック・ステンバーグ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年9月16日
日本の旗 2005年12月17日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ウクライナ語
ロシア語
フランス語
ドイツ語
スペイン語
アラビア語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $24,149,632[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$72,617,068[1] Newworldmap.png
テンプレートを表示

ロード・オブ・ウォー』(Lord of War)とは、いわゆる「死の商人」をテーマとした2005年アメリカ映画。複数の武器商人への取材を元に作られた、ノンフィクションに基づくフィクション映画である。副題は「史上最強の武器商人と呼ばれた男」。

映倫によるレーティングはR-15。内容の細部がやや異なる小説版も出版されている。

ストーリー[編集]

本作は、主人公ユーリ・オルロフが自分の過去を人に語る形で進行する。

ユーリ・オルロフは、ウクライナからユダヤ人を装ってアメリカに移民してきた4人家族の長男である。家族と共にリトル・オデッサに住みレストランを開いていた。しかし、客の入りは悪く、父親は見せかけだったユダヤ教を熱心に信仰するようになり、カトリックの母親と信仰を巡って対立していた。そんな中、ユーリは、メニューの偵察に出かけた向いのレストランでロシアン・マフィアの銃撃戦に遭遇する。その光景にショックを受けたユーリーは、武器商人の道を歩むことを決意し、相棒に弟のヴィタリーを選ぶ。

ベルリンの兵器見本市では、関係を持とうとした著名な武器商人シメオン・ワイズから門前払いを受けてしまう。しかし、1984年レバノンベイルートで、以後も関係を持つことになるアメリカ陸軍将校オリバー・サザンを賄賂で抱き込み、米軍が残していった山積みのM16を売却する。素質のあったユーリは、それを皮切りにして、弟と2人で世界中でさまざまな相手に銃器を販売する。しかし、インターポールの捜査官ジャック・バレンタインに目を付けられてしまう。

その後、弟は、南米で代金として受け取ったコカインを兄と共に使用したのがきっかけで、薬物依存症になり施設に入所する。一方、ユーリは、元ミス・アメリカのエヴァと交際し結婚し、息子をもうける。しかし、彼女の心をつなぎ止めたいがために、派手な生活を送るようになり、破産寸前に追い込まれる。

そんなユーリに転機が訪れる。東西冷戦が終結し、祖国ウクライナを支配していたソビエト連邦が崩壊したのだ。彼は、早速ウクライナで基地司令官をしている叔父のデミトリー・ヴォルコフ少将の元に向かい、兵器庫にあったAK-47T-72[2]Mi-24ヘリなどを外国に売買する。バレンタイン捜査官がユーリを取り締まりに来るが、その追及をかわす。その2日後、ワイズの申し出を断った叔父は、ユーリの目の前で、自分がプレゼントした車に仕掛けられた爆弾で死亡する。以後、ユーリは、紛争が続くアフリカ諸国を中心に活動する。そして、1995年のある日商用でリベリアモンロビアに立ち寄った際、ユーリは、同国の大統領アンドレイ・バプティストから呼び出しを受ける。大統領は、商魂逞しいユーリを一目で気に入り、以降ユーリはもっぱら彼と取引するようになる。やがて、彼の資産は膨れ上がり、数年で妻に教えていた嘘の年収を越える。

しかし、ジャック捜査官がエヴァに夫の本当の仕事を伝えると、両親を強盗に銃で殺された過去を持つエヴァは、ユーリに離婚を迫る。妻を愛していたユーリは、武器取引から手を引く。しかし、そんな彼の元にバプティストが現れ、武器の取引を持ちかける。

ユーリの掟[編集]

ユーリは、武器商人としての4つの掟を定めている[3]

  1. 自分の商品では撃たれないこと。
  2. 常に支払いの確保をしておくこと。
  3. 自ら銃を持って顧客に加勢しないこと。
  4. 戦争をしないこと。特に、自分自身とは。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ユーリ・オルロフ ニコラス・ケイジ 大塚明夫
ヴィタリー・オルロフ ジャレッド・レト 神奈延年
ジャック・バレンタイン イーサン・ホーク 咲野俊介
エヴァ・フォンテーン・オルロフ ブリジット・モイナハン 岡寛恵
アンドレイ・バプティスト Sr. イーモン・ウォーカー 菅原正志
アンドレイ・バプティスト Jr. サンミ・ロティビ
シメオン・ワイズ イアン・ホルム 稲垣隆史
デミトリー・ヴォルコフ ユージン・ラザレフ

その他の声の出演:益富信孝浦山迅すずき紀子谷昌樹彩乃木崇之櫛田泰道木下紗華加納千秋武田華丸山壮史瀬尾恵子小松史法

題名について[編集]

作中では、バプティスト大統領がユーリのことを「ロード・オブ・ウォー(Lord of war)」と形容したのに対し、ユーリがそれを「ウォー・ロード(War lord)」であると訂正するシーンがある。「ウォー・ロード」という言葉には「軍閥」や「司令官」という意味があるのに対して、「ロード・オブ・ウォー」という言葉には「戦争の支配者」という意味がある。いくら戦争指導者といえども、ユーリのような武器・弾薬の供給者がいない限り、戦争することができないということであって、ここにはユーリのような存在こそが戦争を支配しているという思想が込められていると思われる。

本作は、原題と同じ題名で公開されたが、日本では「lord」(君主・王・支配者・酋長などの意。訳語として「きょう」と呼ぶこともある。)という単語にあまり馴染みがないので原題の意味が分かりにくいとされ、複数の邦題候補が挙がっていた(日本語ではLとRの区別がないため、広報担当者も当初は「道路」の意を持つ「road」と勘違いしたほどである)。

一時は、アメリカへの皮肉を込めた「アメリカン・ビジネス」に決定し、その邦題での広報なども実際に行っていた。しかし、公開直前になって、監督のアンドリュー・ニコルが異議を唱えた。ニコルによると、「別にアメリカを批判するための映画ではない」「作品の意図が誤解される」ということである。実際、この映画の中でユーリが商っている兵器はAK(カラシニコフ突撃銃)をはじめ、ほとんどロシア製であり、アメリカの兵器はM16、M60などが登場しただけである。現実世界でも、アメリカ製火器は高価で精密すぎるため、地域紛争が激しく政情不安定な貧しい国々では、メンテナンスの問題から普及していない。

その後、監督と日本サイドとの折衝により、原題での公開と「史上最強の武器商人といわれた男」という副題をつけることで合意した。[4]

以下に邦題案の代表例を挙げる。

  • 「ビジネス・オブ・アメリカ」
  • 「アメリカン・ビジネス」
  • 「アメリカン・ウォー・ビジネス」
  • 「アメリカン・WAR・ビジネス」
  • 「武器商人ユーリ・オルロフ」
  • 「戦場のビジネスマン」

単行本[編集]

その他[編集]

  • ニコラス・ケイジの最初の妻との息子が、ウクライナのヘリ整備兵として出演している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Lord of War (2005)”. Box Office Mojo. 2009年12月12日閲覧。
  2. ^ 撮影時、使用したものは全て本物だったため、NATOへ映画の撮影であることを事前に通知した。撮影終了後はリベリアに売却される予定だという。
  3. ^ もっとも1と3は作中では破られているが
  4. ^ 公式ブログ。同ブログでは邦題案でのポスターデザイン案なども公開されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]