ロードプリヴェイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロードプリヴェイル
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1998年4月21日
ウッドマン
ダンスプレイ
母の父 ザミンストレル
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 オーペンデール&ジム・フレミング
馬主 ロードホースクラブ
調教師 池江泰郎栗東
競走成績
生涯成績 37戦12勝(うち障害競走12戦6勝)
獲得賞金 3億829万8000円
テンプレートを表示

ロードプリヴェイル日本競走馬2004年中央競馬障害競走において重賞を3連勝した栗毛の牡馬である。スタート後の加速が悪く道中も反応が鈍かったが、最後の直線に向くと非常に力強い走りを見せた。

近親にエプソムダービーに優勝したセクレト、そしてチャンピオンハードル3連覇などハードル競走で輝かしい成績を収めたイスタブラクがいる。

戦績[編集]

デビューは遅く2001年8月の3歳未勝利戦。しかしここで2着と好走すると2戦目は後続に3秒差をつけて大差勝ちし注目を浴びる。次走は単勝元返しの圧倒的人気となり8馬身差の圧勝。その後も中京競馬場ダート1700mのコースレコードを出すなど活躍するが、オープン競走を勝つことが出来ないまま2003年12月28日のベテルギウスステークスで10着に敗れたのを最後に障害入りする。

障害戦では3戦目で先行から押し切る形で初勝利。そして京都ジャンプステークスに駒を進めるが、途中の飛越ミスもあって後方に置かれたまま盛り返せず6着に敗れる。しかしここから快進撃が始まることになる。中京、阪神の障害オープンで共にコースレコードを叩き出し、更に小倉サマージャンプでも3戦連続となるレコード勝ち。続く阪神ジャンプステークスでは3連勝と波に乗るローレルロイスに僅差の勝利となりレコードも記録できなかったが、京都ハイジャンプでは2着に10馬身差の圧勝。5連勝、重賞3連勝を決める。

JGI年間3勝を目指していたブランディスが引退したことで、中山大障害では1.7倍の大本命となったが、他馬に挟まれて最後方スタート、また、足を痛めるなどの不利が影響したか最後は全く伸びずに5着に敗れる。翌2005年ペガサスジャンプステークスから始動するが僅差の4着。中山グランドジャンプでは大竹柵で落馬したフォンテラに2週目の2コーナーから進路を塞がれてスパートがかけられず、更に最終第4コーナーで故障により競走中止したトーヨーシーザーの影響をまともに受けるなど、全く競馬にならず9着と惨敗する。

その後脚部不安を発症。復帰を目指したが2006年6月7日に登録を抹消した。現在は滋賀県の甲賀ファームで乗馬となっている。

血統表[編集]

ロードプリヴェイル血統ミスタープロスペクター系 / Nasrullah 5×5×5=9.38%、Native Dancer 4×5=9.38%、Princequillo 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Woodman
1983 栗毛
Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
*プレイメイト
Playmate
1975 栗毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Intriguing Swaps
Glamour

Dance Play
1988 栗毛
The Minstrel
1974 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fleur Victoria Park
Flaming Page
Betty's Secret
1977 鹿毛
Secretariat Bold Ruler
Somethingroyal
Betty Loraine Prince John
Gay Hostess F-No.4-d
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]