ローデシア問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローデシア問題とは、イギリス南ローデシアが国際的な植民地独立の流れに反して、白人による少数派支配を維持するため、イギリスに対して、一方的独立宣言"Unilateral Declaration of Independence"を行ったために発生した国際問題である。

南ローデシアは1965年11月11日、イギリスに対して一方的独立宣言を行い成立した。しかし、アフリカ人の抵抗と国際社会からの圧力により、1979年12月12日、イギリス植民地へ復帰し、その後、1980年4月18日ジンバブエとしてイギリスから改めて独立した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]