ローゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ローゼン(Lozen、1840年代? - 1887年?)は、アメリカインディアンチリカウアアパッチ族チヘンネ部族 (Chihenne band) の女性戦士祈祷師

略歴[編集]

チリカウア・アパッチ族の酋長ヴィクトリオ (Victorio) の妹。ローゼンの名前はヴィクトリオがアパッチ語で「小さな妹」と呼んでいたことに由来する。本名は不明。アパッチ族では本名を口にするのはタブーである。

アパッチェリアオホ・カリエンテ(現在のニューメキシコ州南西部)生まれ。子供のころから乗馬などを学び、男の子に混ざって荒野で遊ぶことを好んだ。13歳のころ、戦士となる道を選んだ。また同じころ、4日間断食して祈り、霊力を得たとされる。

1876年アメリカ合衆国騎兵隊保留地(Reservation)として残されていたオホ・カリエンテに侵入し、アパッチ族の虐殺をおこなった。ローゼンは殺されそうになった甥(ヴィクトリオの息子)を救ったが、多くの同胞を失った。これ以降、連邦政府との関係は悪化し、チリカウア・アパッチ族はアリゾナへ強制移住させられたため、ヴィクトリオ、ローゼンらはオホ・カリエンテへ帰還、潜伏しゲリラ戦を開始した。

ローゼンはヴィクトリオたちのバンドの戦士の1人として戦う一方で、宗教的指導者としての役割も果たした。呪術によって、敵の動きを知ることができたとされる。また、騎兵隊から馬を盗むのが上手だった。

1880年、ビクトリオの部隊は大敗し、敗走中にメキシコ騎兵隊との交戦で壊滅、ビクトリオも戦死した。別の女性の出産の儀式のために偶然隊を離れていたローゼンは、わずかな生還者と共にジェロニモに合流し、戦いを続けた。

1886年、連邦政府側のアパッチ斥候の説得により、降伏。フロリダ州収容所に送られた。その後、アラバマ州マウンド・ヴァーノン収容所へ送られ、その地で結核で死亡した。

生涯独身だったが、宗教的理由ではなかったようである。

関連書籍[編集]