ローズ環礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ローズ環礁英語: Rose Atoll)は、サモア諸島珊瑚環礁。陸地面積は0.21km2アメリカ領サモアの一部であり、アメリカ合衆国の領土のうちで最南端に位置する。ローズ島(英語: Rose Islad)、Motu O Manu(モツ・オ・マヌ、"鳥の島"の意)とも。

ローズ環礁

1819年、探検航海中のルイ・ド・フレシネフランス語版英語版がヨーロッパ人としては初めて記録。フレシネはこの環礁を、同行した妻の名にちなんで命名した。

周囲には豊かな珊瑚礁が広がり、サメ類やオオシャコガイの生息地としても知られる。 2009年ジョージ・W・ブッシュ大統領がナショナル・モニュメントに設定し、ローズ環礁を中心とする一帯が海洋保護区となった。

外部リンク[編集]


座標: 南緯14度32分48秒 西経168度09分07秒 / 南緯14.546667度 西経168.151944度 / -14.546667; -168.151944