ローザ・スミス=アイゲンマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイゲマン夫妻

ローザ・スミス=アイゲンマン(Rosa Smith Eigenmann、1858年10月8日1947年1月12日)は、アメリカ合衆国の女性魚類学者である。ドイツ出身の夫、カール・アイゲンマンとともに、北米南米魚類の研究を行った。

生涯[編集]

イリノイ州モンマスで9人きょうだいの末っ子として生まれた。家族はカリフォルニア出身で、イリノイで新聞発行を始めたが、ローザが病弱であったために、カリフォルニアのサンディエゴに戻り、ローザは自然に親しみ、サンディエゴ自然史協会に参加した。

著名な魚類学者、デイビッド・スター・ジョーダンが1879年にサンディエゴに来訪した時、ローザがポイント・ロマ岬洞窟に住む盲目ハゼOthonops eos を発見していたことに感銘を受け、インディアナ大学でジョーダンのもとで研究することを薦めた。インディアナ大学で2年過ごした後、家族の病気でサンディエゴに戻るが、大学で夫となるカール・アイゲンマンに出会い、サンディエゴに戻った後も共同で研究を進めた。カール・アイゲンマンは大学を卒業するとカリフォルニアを訪れ、1887年8月20日に結婚した。1887年から2年間、2人はハーバード大学で大学の南米の魚類の標本を共同で研究を行った。ハーバード大学大学院レベルの授業に参加を許された最初の女性となった。ハーバードで夫と共同執筆の最初の論文を書いた。サンディエゴでの研究の後、夫はインディアナ大学の教授となり、共同研究を続けたが、障害を持つ娘を含む5人の子供の世話で研究から遠ざかった。1927年に夫が心臓病を患い、家族はサンディエゴに戻るがその年、夫は没した。ローザはサンディエゴにとどまり、科学的な活動に戻ることはなかった。

外部リンク[編集]