LOGAN/ローガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローガン (映画)から転送)
移動先: 案内検索
X-メン > X-メン (映画シリーズ) > LOGAN/ローガン
LOGAN/ローガン
Logan
監督 ジェームズ・マンゴールド
脚本 マイケル・グリーン
スコット・フランク
ジェームズ・マンゴールド
原案 デヴィッド・ジェームズ・ケリー
ジェームズ・マンゴールド
原作 『Old Man Logan』
マーク・ミラー
スティーブ・マクニーブン
製作 ハッチ・パーカー
サイモン・キンバーグ
ローレン・シュラー・ドナー
出演者 ヒュー・ジャックマン
パトリック・スチュワート
ボイド・ホルブルック
スティーヴン・マーチャント英語版
リチャード・E・グラント
ダフネ・キーン
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ジョン・マシソン
編集 マイケル・マカスカー英語版
ダーク・ウェスターヴェルト
製作会社 マーベル・エンターテインメント英語版
TSGエンターテインメント英語版
キンバーグ・ジャンル
ザ・ドナーズ・カンパニー
配給 20世紀フォックス
公開 ドイツの旗 2017年2月17日
ベルリン国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2017年3月3日
日本の旗 2017年6月1日
上映時間 137分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $97,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $602,289,646[2]
アメリカ合衆国の旗 $222,428,262[2]
前作 X-MEN: アポカリプス (X-MENシリーズ前作)
ウルヴァリン: SAMURAI (ウルヴァリンシリーズ前作)
テンプレートを表示

LOGAN/ローガン』(Logan)は、「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックX-メン』のキャラクター「ウルヴァリン」を主人公とした映画作品スピンオフリーズの第3作品目。『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』と『ウルヴァリン: SAMURAI』の続編となり、『X-MEN (映画シリーズ)』10作目にあたる。原作コミックの『Old Man Logan』というエピソードを原作とし、ヒュー・ジャックマンウルヴァリンパトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXはこれが最後となる。2017年3月3日全米公開、6月日本公開予定[3]

キャスト[編集]

ローガン / ウルヴァリン
演 - ヒュー・ジャックマン、日本語吹替 - 山路和弘[4][5]
チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX
演 - パトリック・スチュワート、日本語吹替 - 麦人[5][6]
ローラ・キニー / X-23英語版
演 - ダフネ・キーン、日本語吹替 - 鈴木梨央[4][5]
ドナルド・ピアース英語版
演 - ボイド・ホルブルック、日本語吹替 - 小川輝晃[5]
キャリバン英語版
演 - スティーヴン・マーチャント英語版、日本語吹替 - 川島得愛[5]
ガブリエラ・ロペス
演 - エリザベス・ロドリゲス英語版
ザンダー・ライス
演 - リチャード・E・グラント
ウィル・マンソン
演 - エリク・ラ・サル
キャスリン・マンソン
演 - エリゼ・ニール英語版

製作[編集]

2013年11月、20世紀フォックスはウルヴァリンを主人公としたもう一つの単独作に向けての交渉を始めた。監督にジェームズ・マンゴールド、製作にローレン・シュラー・ドナーがウルヴァリンSAMURAIに引き続いてつとめる[3]。 マンゴールドは他のウルヴァリンの原作コミックのエピソードに基づき、製作は『X-MEN: アポカリプス』後になると述べた[4][5]。その後、デヴィッド・ジェームズ・ケリーが脚本に雇われた。[6]

2015年2月、パトリック・スチュワートは『X-MEN: アポカリプス』には出演しないこと・ウルヴァリン単独作第三弾への出演を認めた[7]。ジャックマンはウルヴァリンが死ぬまでを演じてみたいと述べた[8]。同年3月28日、 ジャックマンは自身のインスタグラムに"Wolverine… One Last Time." と投稿[9]。彼はストーリーが『Old Man Logan』に沿うものになることをほのめかし、これはのちに原作者であるマーク・ミラーが認めた[10]。8月、スチュワートは自身の役が重要なものであると述べた。[11]

2016年1月ジャックマンは映画の脚本が完成間近であると述べたが、撮影はいつになるかわからないとした[12]。2月、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でウルヴァリンの兄であるビクター・クリードを演じたリーヴ・シュレイバーはビクター役を再演する話し合いを行ったと述べた[13]。4月、ボイド・ホルブルックは本名不明の冷酷で激しいESSEX社の警備役を[14]、リチャード・E・グラントは本名不明のマッド・サイエンティストを演じることが明かされた[15]。同月、サイモン・キンバーグは未来が舞台であることを明らかにした[16]。月末、スティーヴン・マーチャントが、5月にはエリク・ラ・サルとエリゼ・ニールが加わった[17]。キンバーグは「この映画はあなたたちが広めた通り未来を舞台とし、R指定映画になる。暴力的で、西部劇的なトーンだ。クールで全く異なる映画になる」と述べた[18]

撮影[編集]

監督のマンゴールドは2015年3月に「来年の初頭には始めるだろう」とtwitter上で述べ[7]、2016年5月9日にキンバーグが撮影を開始したことを述べた[8]

脚注[編集]

  1. ^ Logan”. 全英映像等級審査機構. 2017年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c Logan” (英語). Box Office Mojo. 2017年3月31日閲覧。
  3. ^ “傷だらけのウルヴァリンが登場、ヒュー・ジャックマン主演「ローガン」公開決定”. 映画ナタリー. (2016年10月21日). http://natalie.mu/eiga/news/206193 2016年10月21日閲覧。 
  4. ^ a b “人気子役・鈴木梨央、ウルヴァリン最終章で吹き替え挑戦!スペイン語セリフ披露”. シネマトゥデイ. (2017年3月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0090627 2017年3月30日閲覧。 
  5. ^ a b c d e uchikoshi0705のツイート (847474132484734977)
  6. ^ 前作までソフト版では大木民夫が担当していた。
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]

外部リンク[編集]