コンテンツにスキップ

ロン・デサンティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロン・デサンティス
Ron DeSantis
生年月日 (1978-09-14) 1978年9月14日(45歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ジャクソンビル
出身校 イェール大学
ハーバード大学
所属政党 共和党
配偶者 ケイシー・デサンティス2010年 - )
子女 3
公式サイト [1]

選挙区 フロリダ州の旗 フロリダ州
当選回数 2回
在任期間 2019年1月8日 -

選挙区 フロリダ州の旗 フロリダ州第6区
当選回数 3回
在任期間 2013年1月3日 - 2018年9月3日
テンプレートを表示

ロン・デサンティス英語: Ron DeSantis)、本名ロナルド・ディオン・デサンティスRonald Dion DeSantis, 1978年9月14日 - )は、アメリカ合衆国政治家海軍軍人。現在、フロリダ州知事(第46代)。元連邦下院議員(3期)。共和党所属。2024年のアメリカ合衆国大統領選挙の共和党候補指名獲得に名乗りを上げたが[1][2]、予備選挙開始以降に撤退を表明している[3]

経歴[編集]

1978年9月14日、フロリダ州ジャクソンビル生まれ[4]イタリア系アメリカ人で、曽祖父母の代は全員イタリア生まれ。母親は看護師で、父親はニールセン社視聴率を計算するためにモニター世帯に置く機器を設置する仕事をしていた。フロリダ州オーランドに移り、次いで6歳のときに同州ダニーデンに引っ越した。妹は1985年にオーランドで生まれ、2015年に亡くなった。

ダニーデンで所属した野球チームでは、1991年のリトル・リーグワールドシリーズに出場している。当時は当シリーズの決勝でも圧勝した台湾が圧倒的な強豪で、デサンティスらは打倒台湾をモットーに戦っていたが、台湾に当たる前に一回戦で負けている[5]。同年の優勝チームも台湾で、後に阪神などで活躍する林威助を擁していた。

ダニーデン・ハイ・スクールでも野球を続け、フロリダ州大会の準決勝では、後に全米最優秀高校野球選手に選出されセントルイス・カージナルスなどで活躍したリック・アンキールを擁するポート・セントルーシー高校と対戦して勝利。デサンティスを含む打者は、その時点でプレーオフ13勝0敗、防御率0.10という圧倒的な成績を残していたアンキールから8安打4失点をあげ初黒星をつけた[6]

1997年イェール大学入学。歴史学を専攻。大学野球部(イェール・ブルドッグス)に加入して主将となった。なお、半世紀余り前(1948年)に同チームの主将を務めていたのは第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュであった。守備位置は外野手で、2001年にはチーム首位打者となった(0.336)[7]。1年下には後にメジャーリーグベースボール(MLB)選手となり、2013年にボストン・レッドソックス上原浩治田澤純一と共にリリーフ投手としてワールドシリーズ優勝に貢献したクレイグ・ブレスロウがおり、デサンティスの後にキャプテンを務めた[5]。また、在学中には電気技師の助手や野球キャンプのコーチなど様々な仕事を経験。

2001年、イェール大学卒業。ダーリントン・スクールで歴史の教師を1年務めた後、ハーバード大学ロースクールに入学し、2005年に法務博士号(JD)を取得、フロリダ州弁護士となった[8]

在学中の2004年海軍に入隊し、2007年には海軍特殊部隊Navy SEALsのリーガル・アドバイザーとして、イラク戦争後の米軍駐留地の一つファルージャに派遣された[4]。2010年に名誉除隊し、2022年現在も予備役として登録されている[9]

元テレビ番組司会者で妻のケイシー・デサンティス

2012年連邦下院議員に初当選した[4]。在任中、議員連盟フリーダム・コーカスの創設メンバーとなり、ドナルド・トランプの盟友となった。2018年フロリダ州知事選挙英語版に出馬し、デサンティスは民主党候補のアンドリュー・ギラム英語版タラハシー市長に対し、3万2000票(得票率0.40%)差という僅差で勝利した[4]。2022年11月8日のフロリダ州知事選挙英語版では再選を果たしたが[10]、選挙期間中に再選時に任期4年を全うするかとの質問された際には回答を濁すなど、2024年大統領選挙への出馬を模索しているとされる[4]2022年の中間選挙では、ドナルド・トランプが共和党の足を引っ張ったとみなされており、選挙結果を受けてトランプとディサンティスは仲違いし、トランプによるディサンティスへの口撃が行われている[11]

トランプと限りなく似た急進的な保守派でありながらも、政治経験が豊富なエリートであり、また陰謀論とも距離を置く姿勢により、メディアからは「賢いトランプ」「ミニトランプ」などと称されている[12][13]

大統領選出馬を視野に入れたと見られる活動として、2023年2月に自伝『自由への勇気 米国再生のためのフロリダの青写真』(The Courage to Be Free: Florida's Blueprint for America's Revival)を刊行し、それを宣伝するブックツアーとして全米各地を行脚[14]。外交面では同年4月、アメリカの同盟国(日本大韓民国イスラエルイギリス)を歴訪した[15]。大統領選の有力候補であるため、訪日は日本国政府が働きかけ、州知事として異例な日本国外務省賓客としての待遇で、内閣総理大臣岸田文雄外務大臣林芳正らと会談[15]。韓国では韓悳洙首相、イギリスではジェームズ・クレバリー外相らが迎えた[15]。同年5月24日、自身のTwitterで2024年大統領選挙に向けた共和党の候補者指名争いへの出馬を正式に表明した[16]。2024年1月15日にアイオワ州で行われた共和党予備選挙では代議員9人を獲得し、人気の高まっていたニッキー・ヘイリー(8人)を抑え2位となったが20人を獲得したトランプには大きく差を広げられ[17]、勝利への道筋がないとして1月21日に選挙戦から撤退し、トランプを支持するとを表明した[3]

政治観[編集]

人工妊娠中絶に関しては反対の立場をとる。トランプによって保守派判事が多数となった合衆国最高裁判所が、中絶の権利保護を覆したドブス対ジャクソン女性健康機構事件判決を支持した[18]。2022年4月14日には、フロリダ州の中絶禁止を妊娠22週間から15週間へと短縮した[19]

アメリカ合衆国連邦政府の権限に関しては、小さな政府を支持する立場をとる。政府は、税金による歳入を増やすのではなく、歳出を削減することが重要であるとする立場をとる[20]。また、政府の予算を超えて借金する米国債の発行には反対している[21]。また、高齢者や障害者への社会保障のための税金を減らす代わりに給付額も減らす法案を成立させている[22]。退職後にフロリダに移り込んでくる富裕層や企業にとって有利な税制を支持している。

教育においては、No Child Left Behind ActRace to the Topといった連邦規制に反対し、州で独自の教育規制を設けることを支持している[23]。これは進化論ではなく、創造論を教えたいキリスト教保守派に受け入れられている。また、愛国心を損ねるとの理由で、公立学校で批判的人種理論を教えることを禁止した[24]。リベラル教育によって個人が自身の人種や性別に罪悪感を感じるような教育を行う学校や雇用主を個人が訴訟できる法案や反共教育を義務化させる法案を成立させている[25]

地球環境問題においては、左翼のように熱情的ではないと自称しているが、共和党の中では環境政策を重視している立場とされる[26]

銃規制には反対の立場で、全米ライフル協会から絶大な支持を得ている[27]フロリダ州パークランドで2018年に発生したマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件を受けて、引退した警官や軍人を学校に武装させて配備する案への支持を謳っている[28]

アメリカ合衆国への移民については、バラク・オバマ政権による移民への寛容政策に反対の立場である[29][30]

LGBT政策では、人権団体から0点の評価を受けている[31][32]。特に、トランスジェンダーの権利を認めない法案を複数成立させている他、LGBTの権利を促進しているディズニー(フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは一大観光地となっている)を標的にした法案を成立させている[33][34]

脚注[編集]

  1. ^ 日本放送協会 (2023年5月24日). “米大統領選 “共和党デサンティス氏 24日に立候補表明” 報道 | NHK”. NHKニュース. 2023年5月24日閲覧。
  2. ^ デサンティス氏出馬表明へのマスク氏立ち会い、ツイッターに党派色も”. Bloomberg.com (2023年5月24日). 2023年5月24日閲覧。
  3. ^ a b “米大統領選、デサンティス氏撤退 共和党の候補指名争い”. 産経新聞. (2024年1月22日). https://www.sanyonews.jp/article/1505560 2024年1月22日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “Florida's race for governor: What you need to know about Crist, DeSantis”. WTSP. (2022年10月28日). https://www.wtsp.com/article/news/local/vote/desantis-crist-florida-governor-race-what-you-need-to-know/67-e3d35f59-349e-4945-ad3e-ef36ae3507c4 2022年11月4日閲覧。 
  5. ^ a b Governor Ron DeSantis Talks Baseball on Memorial Day Weekend” (英語). The Clay Travis & Buck Sexton Show (2022年5月27日). 2022年11月13日閲覧。
  6. ^ Vita, Jack. “From Little League World Series to Yale: A Look at Ron DeSantis' Baseball Career” (英語). Fastball. 2022年12月15日閲覧。
  7. ^ Southpinellas: Yale grad DeSantis is a hit on, off field”. web.archive.org (2001年9月24日). 2022年11月13日閲覧。
  8. ^ Lawyer Directory – The Florida Bar” (英語). 2022年11月13日閲覧。
  9. ^ Ronald Dion DeSantis - Florida Department of State”. dos.myflorida.com. 2022年11月13日閲覧。
  10. ^ “米フロリダ州で共和党知事が再選確実、民主党は2州で勝利”. ロイター. (2022年11月9日). https://jp.reuters.com/article/usa-election-governors-idJPKBN2RZ0BZ 2022年11月9日閲覧。 
  11. ^ Donald Trump: Why is he suddenly attacking Ron DeSantis?
  12. ^ 日本放送協会. “トランプ氏最大のライバルは“賢いトランプ”? アメリカ大統領選挙”. NHK NEWS WEB. 2023年4月26日閲覧。
  13. ^ “ミニ・トランプ”デサンティス知事が岸田総理表敬 アメリカ大統領選を見据え存在感をアピールか”. TBS NEWS DIG. 2023年4月26日閲覧。
  14. ^ フロリダ知事デサンティス氏 米行脚/大統領選布石か トランプ氏反発」『読売新聞』朝刊2023年4月21日(国際面)2023年5月1日閲覧
  15. ^ a b c デサンティス氏 外交実績づくり/米大統領選 トランプ氏のライバル/日本・韓国・英国・イスラエル:同盟国行脚 関係を構築」『日本経済新聞』朝刊2023年4月25日(国際面)2023年4月29日閲覧
  16. ^ “共和デサンティス氏が出馬表明 指名争い、トランプ氏と事実上の一騎打ち”. 産経新聞. (2023年5月25日). https://www.sankei.com/article/20230525-X2UZ6J7TXRNGBBCTSHHRVF5WKQ/ 2023年5月25日閲覧。 
  17. ^ “Iowa Caucus Results”. ニューヨーク・タイムズ. (2024年1月16日). https://www.nytimes.com/interactive/2024/01/15/us/elections/results-iowa-caucus.html 2024年1月17日閲覧。 
  18. ^ Mahoney, Emily (2022年7月6日). “Elections, lawsuits may shape how DeSantis 'will work to expand pro-life protections'”. Miami Herald. https://www.miamiherald.com/news/politics-government/article263191088.html 
  19. ^ Fineout, Gary (2022年6月30日). “Florida's new abortion law halted as DeSantis vows to fight on” (英語). POLITICO. 2022年8月2日閲覧。
  20. ^ Jordan, Douglas (2012年12月16日). “DeSantis emphasizes importance of economic growth”. St. Augustine Record. http://staugustine.com/news/local-news/2012-12-15/desantis-economic-growth-essential 2016年2月28日閲覧。 
  21. ^ Wexler, Gene (2013年1月3日). “New St. Johns Rep. opens up on financial and governmental reforms”. WOKV. オリジナルの2016年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160307084814/http://www.wokv.com/news/news/local/new-st-johns-rep-opens-financial-and-governmental-/nTmcb/ 2016年2月28日閲覧。 
  22. ^ Derby, Kevin (2015年3月16日). “Marco Rubio, Ron DeSantis Restore 'Let Seniors Work Act'”. Sunshine State News. http://www.sunshinestatenews.com/story/marco-rubio-ron-desantis-restore-let-seniors-work-act 2016年2月28日閲覧。 
  23. ^ “Ron DeSantis, R-Fla. (6th District)”. Roll Call. オリジナルの2016年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160306212101/http://www.rollcall.com/new-members/ron-desantis-house-r-fla-6.html 2016年2月28日閲覧。 
  24. ^ Postal, Leslie (2021年6月10日). “Florida board votes to ban critical race theory from state classrooms”. Orlando Sentinel. https://www.orlandosentinel.com/news/education/os-ne-critical-race-state-board-20210610-7pzv23n7rjeixi3a4veffugalq-story.html 2021年6月24日閲覧。 
  25. ^ Ocasio, Bianca Padró (2022年5月7日). “DeSantis signs bill mandating communism lessons in class, as GOP leans on education” (英語). MSN. 2022年5月10日閲覧。
  26. ^ Man, Anthony. “Ron DeSantis sells himself as environmentalist with 12-point plan and Everglades tour”. sun-sentinel.com. 2022年3月1日閲覧。
  27. ^ Keller, Michael (2013年2月11日). “This is Your Representative on Guns”. The Daily Beast. http://thedailybeast.thisisyourreponguns.com/#Pane=overview&Chamber=House 2016年2月27日閲覧。 
  28. ^ Bennett, George (2018年2月20日). “Ron DeSantis: Enlist retired military, cops to prevent school shootings”. The Palm Beach Post (Palm Beach, Florida). http://postonpolitics.blog.palmbeachpost.com/2018/02/20/ron-desantis-enlist-retired-military-cops-to-prevent-school-shootings/ 2018年2月23日閲覧。 
  29. ^ Derby, Kevin (2015年2月24日). “Ron DeSantis Turns Up the Heat on Obama for Failing to Enforce Immigration Laws”. Sunshine State News. http://www.sunshinestatenews.com/story/ron-desantis-turns-heat-obama-failing-enforce-immigration-laws 2016年2月27日閲覧。 
  30. ^ Scanlon, Kate (2015年6月17日). “Before Skeptical Lawmakers, Officials Defend 'Legality' of Obama's Immigration Actions”. The Daily Signal. http://dailysignal.com/2015/06/17/before-skeptical-lawmakers-officials-defend-legality-of-obamas-immigration-actions 2016年2月27日閲覧。 
  31. ^ Johnson, Chris (2016年10月7日). “Rubio's score plummets to '0' in HRC congressional ratings”. Washington Blade. http://www.washingtonblade.com/2016/10/07/rubios-score-plummets-to-0-in-hrc-congressional-ratings 2017年12月22日閲覧。 
  32. ^ Measuring Support for Equality in the 114th Congress | Congressional Scorecard”. Human Rights Campaign. p. 14. 2023年5月1日閲覧。
  33. ^ 米フロリダ州、ディズニー「自治権」廃止 知事が署名 ロイター(2022年4月25日)2023年5月1日閲覧
  34. ^ フロリダ州上院、ディズニー「自治権」剥奪法案可決 LGBT教育法反発に報復 ロイター(2022年4月21日)2023年5月1日閲覧