ロンドン国際石油取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ICE Futures Europe(ICEフューチャーズヨーロッパ)は、イギリスロンドンにある、インターコンチネンタル取引所(ICE)傘下のデリバティブ取引所。かつては、ロンドン国際石油取引所International Petroleum Exchange、略称:IPE)という名称だった。ここのブレント原油価格は世界の石油価格の基準になっている。

沿革[編集]

2001年に、インターコンチネンタル取引所(ICE)に買収され、その傘下に入った[1]

2005年に、立ち会い取引から電子取引へと移行した。

取扱商品[編集]

1997年からIPEはブレント原油の取り扱いを始め、ガス石油の項目に天然ガスを加えた。

2004年に電力、2005年にECX炭素取引可能クレジット上場した。これらの拡張によってIPEがエネルギー分野に関するあらゆる商品を提供できるようになった。現在では複数の市場や仲介者を通さないでクロス取引マルチプロダクト取引を行うことで、より先進的な取引も可能である。

2005年4月22日の時点で、IPEは石油ガス天然ガス電気(ベースロードとピークロード)の先物契約とオプション取引も扱っている。また、ヨーロッパ気候取引所(ECX: European Climate Exchange)のECX炭素取引可能クレジット(ECX CFIS: ECX Carbon Financial Instruments)も上場されている。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]