ロンドン会議 (1832年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロンドン会議の一覧 > ロンドン会議 (1832年)

1832年ロンドン会議(ロンドンかいぎ、The London Conference)は、ギリシャで安定した政府を設立するために招集された国際会議である。列強3ヶ国(グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)、フランス王国ロシア帝国)間の交渉により、バイエルン王国のオットー王子の下でギリシャ王国が設立された。この決定は、1832年のコンスタンティノープル条約で批准された。条約は、以前に、その他バルカン半島の領土変更、セルビア公国の宗主国を認めたアッケルマン条約を受けたものだった。

背景[編集]

ギリシャは、イギリス、フランス王国、ロシア帝国の援助を受けて、ギリシャ独立戦争(1821年–1829年)でオスマン帝国から独立を勝ち取った。1830年2月3日のロンドン議定書英語版で、列強3ヶ国は新しい国の境界を割り当てた。しかし、ギリシャの大統領イオアニス・カポディストリアスナフプリオで暗殺された際に、ギリシャ半島が混乱に陥った。列強は、戦争の正式な終結とギリシャで認められた政府を求めた。

外務大臣として、パルマーストン伯爵はギリシャに深く興味を持っていた

ロンドン会議[編集]

1832年5月、イギリス外務大臣パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプルが、フランスとロシアの外交官を集めて「ギリシャが君主制であるべき」と決定した。会議においてバイエルン王国のオットー王子に即位するように提案された。また、オットーの子孫、または彼に問題がなければ彼の弟に王位を継承するラインを確立した。さらに、ギリシャ王位とバイエルン王位を決して統合しないとも決定された。君主制の連帯保証として、列強はまた、ギリシャ独立戦争を確実に終結させるために、オスマン帝国の首都コンスタンティノープルの大使に権限を与えた。

1832年7月21日、イギリス大使ストラトフォード・カニングとその他の代表が、コンスタンティノープル条約を締結し、en:Arta–Volos line沿いに新ギリシャ王国の境界を定めた。

脚注[編集]