ロンドンオリンピック (2012年) 韓国選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピック韓国選手団
Flag of South Korea.svg
太極旗
IOCコード KOR
NOC 大韓オリンピック委員会
公式サイト
ロンドンオリンピック (2012年)
人員: 選手 245人 in 22sports
旗手: 開会式尹京信男子ハンドボール
閉会式宋大南男子柔道
メダル
国別順位: 5 位

13

8

7

28
夏季オリンピック韓国選手団
19481952195619601964196819721976198019841988199219962000200420082012
冬季オリンピック韓国選手団
194819521956196019641968197219761980198419881992199419982002200620102014

ロンドンオリンピック韓国選手団は、2012年7月27日から8月12日までイギリスロンドンで開催されたロンドンオリンピック韓国選手団の名簿。選手名および所属・記録は2012年当時のもの。

概要[編集]

韓国は今大会で、前回北京大会に並ぶタイ記録となる、13個の11位 金メダルを獲得した[1]

アーチェリーでは、全4種目でメダルを受賞した(男子団体のみ33位 銅メダル、他は11位 金メダル )。

女子フェンシングの申アラムは、7月30日ブリッタ・ハイデマン(ドイツ)とのエペ個人準決勝で、最後の1秒で逆転負けを喫した(3位決定戦でも敗れて結果4位)。大韓体育会(KOC)は国際オリンピック委員会(IOC)に審判と時間計測員のミスを抗議して「共同銀メダル」の授与を求めたが、認められなかった。また、国際フェンシング連盟(FIE)への再審要請も棄却されたが、FIEは替わりに申に特別メダルを贈ることを提案した[2][3][4]

男子サッカーの朴鍾佑は、3位決定戦で日本に勝利した後、「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれたメッセージを掲げるという行為を行った。これはオリンピック憲章が禁じる政治的主張に当たるため、国際オリンピック委員会は調査に乗り出した[5]。同時に朴には表彰式に出席しないよう要請し、銅メダルの授与を保留した[6]ジャック・ロゲIOC会長は中央日報によるインタビューで、この行為は禁止された政治的表現であるという見解を示した[7]

2013年になりIOCは、銅メダルを朴鍾佑に与えることを明らかにした[8]

メダリスト[編集]

名前 読み 競技 種目
1 1位 秦鍾午en チン・ジョンオ 射撃 エアピストル 7/28
2 1位 李成震en
奇甫倍en
崔賢柱en
イ・ソンジン
キ・ボベ
チェ・ヒョンジュ
アーチェリー 団体 7/29
3 1位 金宰範 キム・ジェボム 柔道 81kg級 7/31
4 1位 金牆美en キム・ジャンミ 射撃 25mピストル 8/1
5 1位 宋大南 ソン・デナム 柔道 90kg級 8/1
6 1位 金志妍en キム・ジヨン フェンシング サーブル個人 8/1
7 1位 奇甫倍 キ・ボベ アーチェリー 個人 8/2
8 1位 呉真爀en オ・ジンヒョク アーチェリー 個人 8/3
9 1位 具本佶en
元禹寧en
金政煥en
呉恩錫en
ク・ボンギル
ウォン・ウヨン
キム・ジョンファン
オ・ウンソク
フェンシング サーブル団体 8/3
10 1位 秦鍾午 チン・ ジョンオ 射撃 50mピストル 8/5
11 1位 梁鶴善en ヤン・ハクソン 体操 跳馬 8/6
12 1位 金炫雨en キム・ヒョンウ レスリング グレコローマン
66kg級
8/7
13 1位 黄敬善en ファン・ギョンソン テコンドー 67kg級 8/:10
14 2位 朴泰桓 パク・テファン 競泳 :400m自由形 7/28
15 2位 朴泰桓 パク・テファン 競泳 :200m自由形 7/30
16 2位 崔仁貞en
申アラムen
鄭孝正en
崔恩淑en
チェ・インジョン
シン・アラム
チョン・ヒョジョン
チェ・ウンスク
フェンシング エペ団体 8/4
17 2位 崔永来en チェ・ヨンレ 射撃 50mピストル 8/5
18 2位 金宗玄en キム・ジョンヒョン 射撃 ライフル3姿勢 8/6
19 2位 朱世赫
呉尚垠
柳承敏
チュ・セヒュク
オ・サンウン
ユ・スンミン
卓球 団体 8/8
20 2位 李大勲en イ・デフン テコンドー 58kg級 8/8
21 2位 韓淳喆en ハン・スンチョル ボクシング ライト級 8/:12
22 3位 林東賢en
金法旼en
呉真爀 (en
イム・ドンヒョン
キム・ボンミン
オ・ジンヒョク
アーチェリー 団体 7/28
23 3位 曺準好 チョ・ジュンホ 柔道 66kg級 7/29
24 3位 崔秉哲en チェ・ビョンチョル フェンシング フルーレ個人 7/31
25 3位 鄭真善en チョン・ジンソン フェンシング エペ個人 8/1
26 3位 南賢喜
鄭吉玉en
全希淑en
呉ハナen
ナム・ヒョンヒ
チョン・ギルオク
チョン・ヒスク
オ・ハナ
フェンシング フルーレ団体 8/2
27 3位 鄭在成en
李龍大
ジュン・ジェサン
イ・ヨンデ
バドミントン ダブルス 8/5
28 3位 サッカー代表

01 鄭成龍
02 呉宰碩en
03 尹錫榮en
04 金英權
05 金基熙en
06 奇誠庸
07 金甫炅
08 白星東
09 池東沅
10 朴主永
11 南泰煕
12 黄錫鎬
13 具滋哲
14 金昌洙en
15 朴鍾佑
16 鄭又榮
17 金賢聖
18 李範永en

サッカー 男子 8/:10

※15 朴鍾佑選手に関しては、33位 銅メダルの授与を保留。

競技別メダル獲得数[編集]

競技 Gold medal icon.svg Silver medal icon.svg Bronze medal icon.svg
射撃 3 2 0 5
アーチェリー 3 0 1 4
フェンシング 2 1 3 6
柔道 2 0 1 3
テコンドー 1 1 0 2
体操 1 0 0 1
レスリング 1 0 0 1
競泳 0 2 0 2
ボクシング 0 1 0 1
卓球 0 1 0 1
バドミントン 0 0 1 1
サッカー 0 0 1 1
13 8 7 28

種目別選手・スタッフ名簿[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]