ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技・男子
大会概要
開催国 イギリスの旗 イギリス
開催都市 ロンドン
マンチェスター
ニューカッスル
コヴェントリー
カーディフ
グラスゴー
日程 2012年7月26日 - 8月11日
チーム数 16 (6連盟)
開催地数 (6都市)
大会結果
優勝  メキシコ (1回目)
準優勝  ブラジル
3位  韓国
4位  日本
大会統計
試合数 32試合
ゴール数 76点
(1試合平均 2.38点)
総入場者数 1,561,107人
(1試合平均 48,785人)
得点王 ブラジルの旗 レアンドロ・ダミアン (6得点)
2008
2016
ロンドンオリンピック (2012年) におけるサッカー競技・女子
大会概要
開催国 イギリスの旗 イギリス
開催都市 男子と同じ
日程 2012年7月25日 - 8月9日
チーム数 12 (6連盟)
開催地数 (6都市)
大会結果
優勝  アメリカ合衆国 (4回目)
準優勝  日本
3位  カナダ
4位  フランス
大会統計
試合数 26試合
ゴール数 70点
(1試合平均 2.69点)
総入場者数 661,016人
(1試合平均 25,424人)
得点王 カナダの旗 クリスティン・シンクレア(6得点)
2008
2016

2012年ロンドンオリンピックにおけるサッカー競技は、男子競技が開会式前の7月26日から競技が開始され、8月11日に決勝戦が実施された。女子競技も開会式前の7月25日から競技が開始され、8月9日に決勝戦が実施された。

概要[編集]

開催方式[編集]

国際サッカー連盟(FIFA)による大会規定[1]より抜粋。(Art.##)はこの記事における章番号を示す。

  • 予選
    • FIFA傘下の各大陸連盟が予選形式を決定し、FIFAの承認を得た上で実施する。(Art.2)
    • 以下のいずれかの方法を組み合わせるものとする。(Art.23.1)
      • ホーム・アンド・アウェー方式の総当たり戦
      • ホーム・アンド・アウェー方式の2チームでの対戦
        • 2戦の総得点が両チームで並んだ場合、アウェーゴール数の多いチームを勝利とする。
        • 第2戦終了後に総得点、アウェーゴール数ともに並んだ場合は延長戦を実施する。その場合、延長戦の間に入った点数についてもアウェーゴール制が適用される(すなわち、延長戦で入った点数が1-1以上の同点であれば、アウェーのチームが勝利となる)。(Art.23.2)
      • FIFAの承認を得た場合には、セントラル方式での実施も可能
  • 男子本戦
    • 16チームをA・B・C・Dの4組(4チームずつ)に分け、各組で総当たり戦を実施。各組上位2チームの8チームで決勝トーナメントを行い最終順位を決定する。(Art.25)
  • 女子本戦
    • 12チームをE・F・Gの3組(4チームずつ)に分け、各組で総当たり戦を実施。各組上位2チームと、各組3位チームのうち成績上位の2チーム(勝ち点→得失点差→総得点の順に評価)、計8チームで決勝トーナメントを行い最終順位を決定する。(Art.29)
  • 予選・本戦共通
    • 総当たり戦における勝ち点は勝3・分1・負0とする。(Art.23.1, 25.4, 29.4)
    • 総当たり戦において勝ち点が並んだチームについては、全対戦での得失点差・総得点を、直接対戦の戦績よりも優先して評価し順位を付ける。(Art.23.2, 25.5, 29.5)

出場資格および選手登録[編集]

男子は本大会時点で23歳以下の選手(正確には1989年1月1日以降に生まれた選手)が出場できる。また、24歳以上の選手(オーバーエイジ。正確には1988年12月31日迄に生まれた選手)を最大3名加えることが出来る。オーバーエイジを使うかどうかは出場国が決めて良い。五輪男子本大会に出場できる本登録の選手は18名であり、オーバーエイジ最大3名もこの中に含まれる(オーバーエイジ枠は本登録18名枠と別枠ではない)。FIFAは2012年3月29日~30日のFIFA理事会で、五輪男子本大会代表に選出された「23歳以下の選手」の代表招集をクラブ側は拒否できないと決め[2]、FIFA規則の選手の地位に関する項の「FIFA理事会の特別決議に基づく、選手の派遣義務」を引用し、この決定には強制力があると各国に通達した[3]。この五輪男子代表拘束権は、2012年7月12日以降から有効になる[4]。但し、オーバーエイジの選手に関しては、クラブ側が五輪男子代表招集を拒否できる[5]。 女子はアトランタ五輪で初めて採用された時から女子A代表(年齢制限のないその国最強の代表)の大会のため、出場資格の制限はない。五輪女子大会国際女子Aマッチデーに入っているため、クラブ側は代表招集を拒否できない[6]

男女とも2012年4月30日まで(6月8日まで延期可能[7])にFIFAおよびIOC(各国の国内オリンピック委員会に提出)に35名を予備登録し[8]、同年7月9日までに予備登録35名の中から本登録18名(内GK2名)、予備(バックアップメンバー)4名を選ぶ[9]。本登録の選手のみロンドン五輪本大会に出場できる。グループリーグ初戦開始24時間前までは怪我などの理由(医師の診断書必要)があれば、予備登録者35名からの入れ替えが可能である。また、グループリーグ初戦終了後は、怪我などの理由(医師の診断書必要)があれば、予備(バックアップメンバー)4名からの入れ替えが可能である[10][11]。予備登録および本登録された選手はメディカルチェック(運動時の不慮の事故防止のために行われる医学的診断)を各国の国内オリンピック委員会が行う。メディカルチェックを受けない限り、ロンドン五輪本大会に出場できない[12]。大会初戦の4日前(男子は7月22日、女子は7月21日)までの現地入りが義務付けられている[13]

会場一覧[編集]

試合は6つのスタジアムで開催された[14]。これらのスタジアムはロンドンサウス・イースト・イングランドイングリッシュ・ミッドランズ英語版ノース・ウェスト・イングランドノース・イースト・イングランドスコットランドウェールズを代表している。

男子グレートブリテン代表はマンチェスター(7月26日)、ロンドン(7月29日)、カーディフ(8月1日)で、女子グレートブリテン代表はカーディフ(7月25および28日)、ロンドン(7月31日)で試合を行った[15]

ロンドン マンチェスター
ウェンブリー・スタジアム オールド・トラッフォード
収容人数: 90,000人 収容人数: 76,212人
Wembley 22 August 2007 20 August 2006
カーディフ ニューカッスル
ミレニアム・スタジアム セント・ジェームズ・パーク
収容人数: 74,500人 収容人数: 52,387人
5 February 2009 21 August 2008
グラスゴー コヴェントリー
ハムデン・パーク シティ・オブ・
コヴェントリー・スタジアム
収容人数: 52,103人 収容人数: 32,500人
18 July 2004 Ricoh Arena, Coventry.JPG

試合球[編集]

当大会のための試合球として、アディダスの「ジ・アルバート」(英語: The Albert)が製作される。名前は、コックニー(ロンドンの労働者階級の言葉)において、「アルバート・ホール」という語が「ボール」の意味で用いられていることに由来する。[16]

日程[編集]

P グループリーグ Q 準々決勝 H 準決勝 B 3位決定戦 F 決勝
Event↓/Date → Wed 25 Thu 26 Fri 27 Sat 28 Sun 29 Mon 30 Tue 31 Wed 1 Thu 2 Fri 3 Sat 4 Sun 5 Mon 6 Tue 7 Wed 8 Thu 9 Fri 10 Sat 11
男子 P P P Q H B F
女子 P P P Q H B F


最終結果[編集]

男女
男子  メキシコ  ブラジル  韓国
女子  アメリカ合衆国  日本  カナダ

男子[編集]

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
UEFA 1+3 開催国 イギリスの旗 イギリス 13大会ぶり10回目
UEFA U-21欧州選手権2011 優勝  スペイン 3大会ぶり10回目
準優勝  スイス 18大会ぶり3回目
3位  ベラルーシ 初出場
AFC 3.5 アジア予選 A組 1位  韓国 7大会連続9回目
B組  アラブ首長国連邦 初出場
C組  日本 5大会連続9回目
CAF 3.5 アフリカ U-23選手権2011 優勝  ガボン 初出場
準優勝  モロッコ 2大会ぶり7回目
3位  エジプト 5大会ぶり11回目
4位※  セネガル 初出場
CONCACAF 2 北中米カリブ海予選 1位  メキシコ 2大会ぶり10回目
2位  ホンジュラス 2大会連続3回目
CONMEBOL 2 2011 南米ユース選手権 優勝  ブラジル 2大会連続12回目
準優勝  ウルグアイ 18大会ぶり3回目
OFC 1 オセアニア予選 1位  ニュージーランド 2大会連続2回目
  • 出場回数は、男子サッカー競技としての出場回数の総数である。
  • ※AFC第4代表( オマーン)とCAF第4代表( セネガル)が、2012年4月23日に中立地(イギリス)にて1試合勝負の大陸間プレーオフを行い、0-2で勝利したセネガルが本大会出場権を獲得した。

大陸間プレーオフ[17]
2012年4月23日
19:45 UTC+1
セネガル  2 - 0  オマーン シティ・オブ・コヴェントリー・スタジアムイギリスの旗 コヴェントリー
レポート

組み合わせ抽選[編集]

本大会のグループリーグの組み合わせ抽選は2012年4月24日(現地時間午前11時、日本時間同日午後7時。実際の抽選は午後7時20分から)にイギリスのウェンブリー・スタジアムで1時間程度で女子の抽選、男子の抽選の順に行われ、英BBCなどで生中継された。日本ではNHK総合テレビNHKニュース7内でなでしこジャパンの抽選のみ生中継された(男子は番組終了間際からの抽選だった為、中継されず)。司会には元イングランド代表FWゲーリー・リネカーとTVスポーツ司会者マーク・チャップマンが、抽選を引き当てる代表として元ブラジル代表FWロナウド、歌手のメラニー・チズム、イギリスの女性スターケリー・スミスらが登場した。

抽選方法は以下の通りである[18]

  • 男子は、4か国ずつ4組(A~D組)に分かれる。
  • 以下のチームはシードとし、事前に別の組に割り振る。
  • さらに、シードチームを含む各チームを以下の通りにポット(pot)に分け、ポットごとに抽選で1組1チームを割り振る。ただし、同じ地域連盟加盟国同士は同じ組に入らないように割り振り、同時に組内の順番も抽選で決め試合順を決定する。
    • 欧州4か国を「ポット1
    • 南米2か国と北中米カリブ海2か国の計4か国を「ポット2
    • アジア3か国とオセアニア1か国の計4か国を「ポット3
    • アフリカ4か国を「ポット4

グループリーグ[編集]

グループ A[編集]


チーム







1 イギリスの旗 イギリス 7 3 2 1 0 5 2 +3
2  セネガル 5 3 1 2 0 4 2 +2
3  ウルグアイ 3 3 1 0 2 2 4 -2
4  アラブ首長国連邦 1 3 0 1 2 3 6 -3

グループ B[編集]


チーム







1  メキシコ 7 3 2 1 0 3 0 +3
2  韓国 5 3 1 2 0 2 1 +1
3  ガボン 2 3 0 2 1 1 3 -2
4  スイス 1 3 0 1 2 2 4 -2

グループ C[編集]


チーム







1  ブラジル 9 3 3 0 0 9 3 +6
2  エジプト 4 3 1 1 1 6 5 +1
3  ベラルーシ 3 3 1 0 2 3 6 -3
4  ニュージーランド 1 3 0 1 2 1 5 -4

グループ D[編集]


チーム







1  日本 7 3 2 1 0 2 0 +2
2  ホンジュラス 5 3 1 2 0 3 2 +1
3  モロッコ 2 3 0 2 1 2 3 -1
4  スペイン 1 3 0 1 2 0 2 -2

決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月4日 19:30 - カーディフ        
  イギリス 1 (4)
8月7日 19:45 - マンチェスター
  韓国 (PK) 1 (5)  
  韓国 0
8月4日 17:00 - ニューカッスル
    ブラジル 3  
  ブラジル 3
8月11日 15:00 - ロンドン
  ホンジュラス 2  
  ブラジル 1
8月4日 14:30 - ロンドン
    メキシコ 2
  メキシコ (aet) 4
8月7日 17:00 - ロンドン
  セネガル 2  
  メキシコ 3 3位決定戦
8月4日 12:00 - マンチェスター
    日本 1  
  日本 3   韓国 2
  エジプト 0     日本 0
8月10日 19:45 - カーディフ

女子[編集]

出場国[編集]

大陸連盟 出場
枠数
予選大会 予選順位 出場国・地域 出場回数
UEFA 1+2 開催国  イギリス 初出場[19]
2011 FIFA女子ワールドカップ 3位  スウェーデン 5大会連続5回目
4位  フランス 初出場
AFC 2 アジア予選 1位  日本 3大会連続4回目
2位  北朝鮮 2大会連続2回目
CAF 2 アフリカ予選  南アフリカ共和国 初出場
 カメルーン
CONCACAF 2 北中米カリブ海予選 1位  アメリカ合衆国 5大会連続5回目
2位  カナダ 2大会連続2回目
CONMEBOL 2 2010 スダメリカーノ・フェメニーノ 優勝  ブラジル 5大会連続5回目
準優勝  コロンビア 初出場
OFC 1 オセアニア予選 1位  ニュージーランド 2大会連続2回目

※UEFA所属のチームを2011 FIFA女子ワールドカップの結果で順位付けし、上位2チームが出場権を得る[20]

組み合わせ抽選[編集]

本大会の女子のグループリーグの組み合わせ抽選方法は以下の通りである[18]

  • 女子は、4か国ずつ3組(E~G組)に分かれる。
  • 以下のチームはシードとし、事前に別の組に割り振る。
  • さらに、シードチームを含む各チームを以下の通りにポットに分け、ポットごとに抽選で1組1チームを割り振る。ただし、同じ地域連盟加盟国同士は同じ組に入らないように割り振り、同時に組内の順番も抽選で決め、試合順を決定する。
    • 欧州3か国を「ポット1
    • アフリカ2か国と南米1か国(FIFA女子ランキング28位のコロンビア)の計3か国を「ポット2
    • アジア2か国とオセアニア1か国の計3か国を「ポット3
    • 北中米カリブ海2か国と南米1か国(FIFA女子ランキング4位のブラジル)の計3か国を「ポット4

グループリーグ[編集]

グループ E[編集]


チーム







1  イギリス 9 3 3 0 0 5 0 +5
2  ブラジル 6 3 2 0 1 6 1 +5
3  ニュージーランド 3 3 1 0 2 3 3 0
4  カメルーン 0 3 0 0 3 1 11 -10

グループ F[編集]


チーム







1  スウェーデン 5 3 1 2 0 6 3 +3
2  日本 5 3 1 2 0 2 1 +1
3  カナダ 4 3 1 1 1 6 4 +2
4  南アフリカ共和国 1 3 0 1 2 1 7 -6

グループ G[編集]


チーム







1  アメリカ合衆国 9 3 3 0 0 8 2 +6
2  フランス 6 3 2 0 1 8 4 +4
3  北朝鮮 3 3 1 0 2 2 6 -4
4  コロンビア 0 3 0 0 3 0 6 -6

各組3位チーム[編集]

チーム







F  カナダ 4 3 1 1 1 6 4 +2
E  ニュージーランド 3 3 1 0 2 3 3 0
G  北朝鮮 3 3 1 0 2 2 6 -4

決勝トーナメント[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
8月3日 19:30 - コヴェントリー        
  イギリス 0
8月6日 19:45 - マンチェスター
  カナダ 2  
  カナダ 3
8月3日 14:30 - ニューカッスル
    アメリカ合衆国 (aet) 4  
  アメリカ合衆国 2
8月9日 19:45 - ロンドン
  ニュージーランド 0  
  アメリカ合衆国 2
8月3日 12:00 - グラスゴー
    日本 1
  スウェーデン 1
8月6日 17:00 - ロンドン
  フランス 2  
  フランス 1 3位決定戦
8月3日 17:00 - カーディフ
    日本 2  
  ブラジル 0   カナダ 1
  日本 2     フランス 0
8月9日 13:00 - コヴェントリー

脚注[編集]

  1. ^ Regulations of the Olympic Football Tournaments London 2012
  2. ^ 五輪招集、クラブ義務付け FIFA理事会-MSN産経ニュース2012年3月31日付
  3. ^ FIFA、派遣強制に強制力あり-SANSPO.COM2012年4月3日付
  4. ^ 宇佐美&酒井高 11日NZ戦欠場 クラブ側と調整不調-スポニチアネックス2012年7月8日
  5. ^ 五輪OA枠 選手に「拒否権」を-日刊スポーツ2012年5月10日付
  6. ^ FIFA女子国際Aマッチデー公式カレンダー2011~2013年
  7. ^ 原技術委員長「OA枠はJでの出場や経験が少ない守備陣で使った」-サッカーキング2012年6月14日
  8. ^ 丸山、五輪予備登録35人枠入った!-日刊スポーツ2012年5月15日
  9. ^ なでしこ、欧州遠征で五輪メンバーサバイバル-サンスポ2012年4月13日
  10. ^ 五輪予備登録メンバー35人を発表、OAは吉田、徳永、林-ゲキサカ[講談社無料サッカー速報2012年6月14日]
  11. ^ 2012年ロンドンオリンピック規則-FIFA公式HP
  12. ^ U-23代表候補100人招集失敗…「多すぎ」で拒否-スポーツ報知2012年4月19日
  13. ^ なでしこ最終調整は男子高校生-日刊スポーツ2012年4月27日
  14. ^ Sports & venues: Football stadia, UK-wide”. London 2012. 2009年8月19日閲覧。
  15. ^ “GB Olympic football teams to play in Manchester, London and Cardiff”. BBC Sport. (2011年11月10日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/olympics/15674327.stm 
  16. ^ Simon Rice (2012年3月1日). “Unveiling The Albert, the official Olympic football”. インデペンデント. 2012年5月5日閲覧。
  17. ^ Play-off details confirmed”. 国際サッカー連盟 (2012年1月26日). 2012年2月3日閲覧。
  18. ^ a b Gala draw looms in London”. 国際サッカー連盟. 2012年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月25日閲覧。
  19. ^ この大会を開催するにあたって結成されたチームであるため。
  20. ^ Japan claim maiden title”. 国際サッカー連盟 (2011年7月20日). 2011年9月14日閲覧。 “Sweden and France reached the semi-finals and in so doing secured their place at the 2012 Women's Olympic Football Tournament in London.”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]